« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

2008年5月17日 (土)

スラチャイと英語を勉強しましょう!

05/17/2008

Japan team starts rescue effort

日本の救援チーム活動を開始する (日本語への翻訳 by Srachai from Khonkaen, Thailand)

THE ASAHI SHIMBUN(朝日新聞)

(Photo)

Members of the Japanese emergency relief team search for survivors Friday in a collapsed hospital dormitory in Qiaozhuang, part of Qingchuan county in Sichuan province.(TERUO KASHIYAMA/ THE ASAHI SHIMBUN)

(写真)

日本よりの緊急災害援助チームは金曜日中国四川省情川郡桥桩地区にある巨大地震で倒壊した病院の寮の瓦礫の下に捕らわれている被災者の救援を行う。

QINGCHUAN, China--The first contingent of an emergency relief team from Japan began rescue work here Friday after a snarl-up in communications left members stuck elsewhere with little to do.

中国情川郡発--金曜日到着した日本よりの緊急援助チームは、到着当初、意思疎通の行き違いにより、日本チームの救援活動の成果があまり期待できない、被災地の他の現場に割り当てられた。

The team is the first that Chinese authorities have allowed from abroad since Monday's magnitude 7.8 earthquake hit.

日本よりの緊急援助チームは、月曜日に発生したマグニチュード7.8の巨大地震の発生後、中国政府が入国を許したはじめてのチームである。

Team members eventually began work in Qiaozhuang, searching for three people believed trapped in a collapsed six-storied hospital dorm. Among those believed trapped are a 28-year-old woman and her 70-day-old daughter.

日本の緊急援助チームは中国到着後、多少の行き違いはあったものの最終的に、中国四川省情川郡桥桩地区で倒壊した6階建ての建物の瓦礫の下に捕らわれている3人の人々の救援活動を行っている。 生き埋めになっている人々には28歳のお母さんと、70日の彼女の娘が含まれる。

The first contingent made up of 31 members arrived by air early Friday in the Sichuan provincial capital of Chengdu. They left in two buses for Qingchuan county, about 400 kilometers away.

日本よりの最初の緊急援助チームは金曜日早々に中国四川省成都に飛行機で到着した。 到着後すぐに2台のバスに分乗して情川郡に向かった。情川郡は四川省の首都成都から約400km離れている。

The team's initial destination was the town of Guangzhuang.

緊急援助チームは、当初、中国四川省光壮町での救援活動を期待された。

According to a Chinese Foreign Ministry official, local government officials specifically asked that the Japanese emergency relief team be sent to Guangzhuang as the site for relief work.

中国外務省当局によれば、被災地の地方自治体の担当者は、日本の緊急援助チームに対して、中国四川省光壮での救援活動を要請した。

However, the team was taken to an area where an entire hamlet of about 120 households along with an elementary school had been buried by a landslide.

しかしながら、緊急援助チームは小学校の周辺の120件の家を含む村落全体が山の土砂崩壊により埋め尽くされていた。

The exposed mountain side extended for about 2 kilometers and parts of the hamlet were buried in up to 80 meters of dirt and rocks.

むきだしになった山の斜面は2キロに及び、村落の部分は80メートルにおよぶ土砂、岩石、礫に被われていた。

There were five other large landslides in the same area and local officials feared that backed up rainwater could flood villages downstream if the dam-like ground formations gave way.

この部分の他に、5箇所の土砂崩壊が見られた、そしてこの地方自治体の役所関係者は、土砂崩壊により村落の周囲は土砂によるダムが形成されているので、雨が降れば村落は洪水に見舞われると懸念を示している。

Local officials had hoped that a Japanese hydrological expert could help make the area safer.

この地方自治体の関係者は、日本の水理学専門家が、この地区の安全対策を推し進めることを期待している。

However, Takashi Koizumi, head of the emergency relief team, said: "Our expertise is in rescuing people from collapsed buildings. We have only a small team and do not have the heavy machinery necessary. Unfortunately, we cannot be of help here."

しかしながら、緊急災害援助チームのリーダーである小泉孝(こいずみ たかし)氏は、『我々緊急援助チームの専門は倒壊したビルの瓦礫の下に捕らわれている被災者の救済である。我々の救援チームはきわめて小規模である。さらにこのような大きな土砂災害に対処する重機・機械も持っていない。残念だが、ここでの援助活動は、出来ない。』

The decision was then made to move the team to Qiaozhuang about 30 kilometers away.

それで、日本よりの緊急援助チームは、ここ(中国四川省光壮町)から30km離れた場所にある中国四川省情川郡桥桩地区に活動の拠点を移すことになった。

According to reports, about 80 percent of homes in Qingchuan county were destroyed due to the earthquake. With a population of about 250,000, officials have already confirmed 1,500 deaths and 10,000 injuries in the county.

緊急援助チームよりの報告によれば、中国四川省情川郡にある家屋のうち80%は今回の巨大地震により破壊されてしまっているということだ。この郡には二十五万人の住民が住んでいるが、役所の関係者によれば1500人が死亡、10000人が怪我をしているということである。

About 130,000 members of the People's Liberation Army have been called out to help in the rescue effort, but they have been hampered by a lack of equipment and supplies.

約十三万人の中国人民解放軍がこの地域で救援活動を続けているが、必要な機械・器具や物資の不足により、救援活動は困難を極めている。

Other nations were also sending emergency relief teams to the quake-stricken area.

日本以外の国々も中国の被災地に救援チームを送る予定である。

On Friday, Beijing decided to accept emergency relief teams from Russia, South Korea and Singapore as well.

金曜日、北京政府筋は、ロシア、韓国、シンガポールよりの災害援助チームの受け入れを表明している。

Japan's emergency relief team will be joined by a second contingent of 30 members that arrived in Chengdu on Friday afternoon.

金曜日の午後には30名により構成される日本の援助チームの第二陣が、中国の四川省の首都成都に到着し、日本よりの緊急援助チームの第一陣に加わる。

The team will use rescue dogs and fiber scopes to search for victims.

緊急援助チームは救助犬とファイバースコープを使用して、被災者の救援を行う。

One member of the special rescue task force of the Tokyo Fire Department said at Chengdu airport, "Because of the moisture from the rains, I believe there are still survivors in the area. I am prepared to see a hellish scene, but I want to rescue as many Chinese as possible."

東京都消防庁より派遣された救助の専門家は中国の成都空港でインタビューに答えて、『雨による水分の助けで、この地区にはまだまだ生存者がいることが期待される。多分ここでは凄惨な場面にも出くわすだろうが、少しでも多くの中国の人々を救助したい。』

A Chinese Foreign Ministry official who greeted the first contingent at Chengdu airport said, "I hope you will use your experience coming from a nation that has many earthquakes."(IHT/Asahi: May 17,2008)

中国外務省の係官は成都空港で、日本より到着した緊急援助チームに対して、『地震災害の多い日本より来られた救援チームが、ここ中国で、過去の地震災害時救援の経験を生かしてくれることを期待します。』と述べた。

|

« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

16-My family (私の家族)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »