« 子供が財産 | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

2008年5月19日 (月)

スラチャイと英語を勉強しましょう!

05/19/2008

THE ASAHI SHIMBUN (IHT/Asahi: May 19,2008)

朝日新聞英語版 2008年5月19日号(日本語への翻訳 by Srachai from Khonkaen, Thailand)

Japanese shift quake search to new county

日本の緊急援助チーム、救助活動の場所を変更

BEICHUAN, China--A Japanese emergency relief team switched its focus to this part of Sichuan province early Sunday, as it raced against time to find survivors of last week's devastating earthquake.

中華人民共和国北川発—日本より派遣された緊急援助チームは先週発生した巨大地震による被災者救済が時間との戦いに突入している事態を受けて、今度は中国四川省の北川地区で被災者の救助を引き続き行うことになった。

The team had been in Qingchuan county, searching a collapsed hospital dormitory for 28-year-old Song Xuemei and her infant daughter.

On Saturday morning, the team found their bodies in the rubble.

緊急援助チームは四川省青川郡で、倒壊した病院の寮で28歳になるSong xuemei (松 学没?)さんと、この人の生まれたばかりの赤ちゃんを救出する作業を行っていたが、日曜日の朝、緊急援助チームは倒壊した瓦礫の中の二人がすでに死亡しているのを確認した。

"We gave it our best effort, working through the night, but, unfortunately, the two were found dead. As long as we remain in China, we want to continue rescue efforts," team leader Takashi Koizumi said.

『我々は夜を徹して救助に全力を尽くしたが、残念ながら、二人はすでに死亡していた。我々緊急援助チームは中国にいるかぎり、被災者の救出活動に全力をつくす覚悟だ。』 とチームのリーダー小泉孝氏は熱く語った。

After carrying the bodies of the mother and daughter out of the rubble, the team moved to Beichuan county to begin searching for survivors at a collapsed junior high school.

青川でお母さんとその赤ちゃんの遺体を倒壊した瓦礫のなかから運び出した後で、緊急援助チームは倒壊した中学校の下で行方不明になっている人々の救済をするために、北川郡に移動した。

The area was the site of minor panic on Saturday amid reports that nearby dams were about to collapse due to damage from the magnitude 7.8 earthquake.

この地区はマグニチュード7.8の巨大地震による影響を受けたこの地区にあるダムの決壊の恐れのために、土曜日は多少混乱した動きが見られた。

On Sunday, the team recovered the bodies of 13 victims, but were unable to find any survivors.

日曜日、緊急援助チームはここで13名の被災者を発見していたが、生存者を発見することはできなかった。

Meanwhile, in Japan, various groups were busy over the weekend organizing fund-raising for victims.

一方、日本では、中国四川省巨大地震による被災者を救援するための様々なグループによる募金活動が、日曜日終日行われた。

On Saturday in front of Tokyo's JR Shinjuku Station, orphans who have been helped by Ashinaga, a nonprofit organization, and Chinese studying in Japan collected donations from passers-by.

土曜日、東京のJR新宿駅前では、足長おじさんというNGOのグループにより援助されている孤児たちと、日本の中国人留学生たちが、地震災害の被災者救済募金活動を行った。

Ashinaga plans to send a team to Sichuan province in June to provide psychological care for children who lost parents in the earthquake.

About 300 stores and restaurants in Yokohama's Chinatown had set up collection boxes by Friday. The boxes were made by junior high school students at Yokohama Yamate Chinese School.

足長おじさんのグループは6月に中国四川省にむけて、現地で親を無くしてショック状態にある子供たちを救援するために、出発する予定だ。

The Yokohama Chinatown merchants' association donated about 6 million yen to recovery efforts after the Great Hanshin Earthquake in 1995. The group plans to collect donations until the end of May and hand over the money to the Chinese Embassy in Tokyo.

The group is also considering other support measures along with the Yokohama city government and the Chinese Embassy.

横浜市中華街の商店会は1995年の阪神淡路大震災のときに、被災地の復興のために600万円を寄付している。

同商店会はこの5月の末まで募金活動をして、集まった募金を東京にある中国大使館に寄付する予定である。

同商店会は横浜市と中国大使館が主宰するその他の被災地への救援活動に参加することにしている。

|

« 子供が財産 | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

16-My family (私の家族)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供が財産 | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »