« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

2008年5月19日 (月)

スラチャイと英語を勉強しましょう!

05/19/2008

EDITORIAL: Sichuan earthquake

四川地震救援―開いた道をさらに広く

The devastating earthquake in southwestern China is a calamity of unfathomable proportions. It is said there are still more than 10,000 victims buried under the huge swaths of rubble. The death toll may well surpass 50,000.

 未曽有の災害の全容はまだ見えない。確認できただけで、生き埋めになっている人がまだ1万人以上いるという。死者は5万人を超えそうだ。

calamity=惨事、災難)(unfathomable=測りがたい、理解できない)(swaths=帯状をなすもの)

Also of unparalleled proportions are the rescue and relief efforts under way in China's Sichuan province. The teams are fighting against time.

Deployed were a total of 130,000 soldiers of China's People's Liberation Army, about 300 transport planes and helicopters, and 10,000 doctors, including infectious disease specialists.

 中国四川省の大地震で、刻一刻、時間と闘いながら、これも未曽有の規模で救出、救援活動が続いている。

 人民解放軍の兵士13万人と輸送機、ヘリコプターなど約300機が投入され、感染症対策の専門家を含む医師約1万人が派遣された。

However, the first 72 hours, the limit of the time beyond which those who are buried alive seldom survive, have passed. Desperation is setting in.

A disaster relief team from Japan has arrived at disaster sites in the region. While conditions are growing increasingly difficult, we hope they can still manage to save as many people as possible.

 だが、生き埋めになっている人の生死を分けるといわれる72時間を過ぎて、焦りの色が深まっている。

 そんな中で、日本の国際緊急援助隊が現地に入った。条件は厳しくなっているが、一人でも多くの人を救い出してほしいと思う。

In previous disasters, the Chinese government almost never accepted foreign relief teams; the decision to allow in foreign relief teams was an extraordinary one on the government's part. In addition to Japan, China has decided also to accept teams from South Korea, Russia, Singapore and Taiwan.

 中国政府が自然災害で外国の救助隊を受け入れたことはほとんどなく、異例の決断だ。日本に続いて、韓国やロシア、シンガポール、台湾の救助隊を受け入れることも決めた。

The Chinese people are starting to voice their frustration about the slow pace of the rescue operations; there is also growing criticism toward the government. No doubt the government needed to show the people that it is doing everything possible. The decision may also have been a political one, given the upcoming Beijing Olympics, to place a premium on cooperation among neighboring countries.

 中国国民の間では、救出が進まないことへのいらだちや政府への不満の声も上がっている。あらゆる手段を尽くしていることを国民に見せる必要があったろう。北京五輪を控えて、周辺国との協力関係を重視するという政治的な判断もあったかもしれない。

place a premium on cooperation=協力してもらうために)

Having said all that, we laud the Chinese government's decision to accept outside help, albeit belatedly.

 そうしたことはともあれ、遅ればせではあったが、受け入れを決断したことを歓迎したい。

laud=賛美する、褒め称える)(albeit=although であるけれども、発音注意:アルバイトではないオールビートと発音する)

belatedly=遅まきに、遅まきではあるが、遅ればせながら)

For a country that has always dealt on its own with domestic disasters, seeking foreign help was a striking departure.

 過去の災害では、すべて自力で対処してきた中国が、国際社会の支援を求めたことは注目すべき変化である。

striking=印象的な、際立った、特別の)

The focus of relief efforts will eventually shift to medical help and reconstruction. There are countries highly experienced and skilled in these areas. We hope the Chinese government opens its doors even wider to allow even more outside assistance to enter the country.

 今後焦点となる医療や復興対策でも、豊富な経験や優れた技術を持つ国々がある。中国政府は海外からの支援を積極的に受け入れて、救出活動で開いた道をさらに広げてほしい。

In a disaster of this magnitude, it will take a long time to restore towns and villages to livable conditions. Japan should offer long-lasting assistance during that time. Such continued cooperation would no doubt be effective in creating deeper trust between Japan and China.

 これほどの大災害ともなれば、町や村を元通りにして、住民が再び住めるようにするまでには、長い時間がかかる。日本としても、息の長い支援をしていきたい。そうした協力の積み重ねは日中間の信頼を深める効果を持つだろう。

livable=住むのに適した、住むことができる)

In sharp contrast is the military junta of Myanmar (Burma), a country struck by a devastating cyclone earlier this month. The junta announced it will accept medical relief teams from countries like India. It seems Myanmar's rulers too are ready to accept relief teams from their neighbors.

But they continue to refuse entry to teams from the West and Japan.

 一方、サイクロン被害を受けたミャンマーの軍事政権は、インドなどの医療救援チームの受け入れを表明した。ほかにも周辺国の救援隊は受け入れる方針のようだ。だが、日本や欧米からの派遣は依然として拒んでいる。

It is now more than 10 days since the cyclone struck Myanmar. The national broadcaster says the number of dead and missing have exceeded 130,000.

A huge number of victims are desperately waiting for relief. This is no time to be selective about who to receive help from.

 こちらは発生から10日以上たつ。ミャンマーの国営放送は、死者・行方不明者が13万人を超えたと伝える。膨大な数の被災者が救援を待っている。救援国を選んでいる場合ではない。

If only a multilateral relief system could be created in which teams from various countries could rush to help immediately whenever and wherever a disaster strikes. What is most important is for neighbors to help each other.

 大災害が世界のどこで起きても、各国の救援隊が互いに直ちに駆けつけるシステムをつくれないものか。とりわけ隣人同士の助け合いが大切だ。

We hope China's decision to accept foreign relief teams will be the first step in Asia toward the creation of such a system.

 外国の救助隊を受け入れた中国の決断が、アジアでのその一歩になることを期待したい。

--The Asahi Shimbun, May 17(IHT/Asahi: May 19,2008)

朝日新聞5月17日号 (英語版 2008年5月19日発行)

|

« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

16-My family (私の家族)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »