« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

2008年5月20日 (火)

スラチャイと英語を勉強しましょう!

(May. 19, 2008)

Myanmar junta to open disaster area to foreign VIPs

ミヤンマー軍事政権被災地の視察団を受け入れる

Norimasa Tahara / Yomiuri Shimbun Correspondent

読売新聞英語版/田原憲正(たはら のりまさ)記者 (日本語への翻訳 by Srachai from Khonkaen, Thailand)

BANGKOK--Myanmar's ruling junta has approved the entry into the country of ministers and senior government officials from Japan and 28 other nations who will visit the cyclone-devastated Irrawaddy district as early as Wednesday, a junta source said Sunday.

バンコク発ミヤンマーの軍事政権は日本の他に28ヶ国の大臣や政府係官によるサイクロン被災地への乗り入れを了承し、水曜日にはサイクロンが襲ったイラワジ川の流域を訪問することになっている、と発表した。

The junta apparently is trying to deflect criticism of its disaster-relief operations in the hardest-hit area of Irrawaddy by showcasing its "sufficient" activities in the district for VIPs from abroad, according to observers.

軍事政権の今回の措置は明らかに、今回のイラワジ川流域を襲ったサイクロン災害に対する遅々とした救援活動を非難する諸外国の非難をかわし、被災地での救援活動がすでに十分に行われているのを示すことが目的であったと思われる。

The government has borne the brunt of criticism from the international community for not being able to provide much-needed food, water and medical care to cyclone survivors.

サイクロンによる被災者に十分な食料、飲料水、医薬品や医療を準備できなかったことで、ミヤンマー政府は国際社会から大きな非難を浴びている。

According to the source, the 29 countries to be allowed to send officials into the district may include nations with which Myanmar is on friendly terms, such as India and China, as well as the United States and European nations which are critical of the junta government.

The junta has permitted a group of diplomats stationed in Yangon and medical teams from friend countries, such as Thailand, to enter the Irrawaddy district.

情報筋によれば、ミヤンマー政府は、ミヤンマーとは友好関係をもつインドや中国、さらにミヤンマー軍事政権に対して批判的なアメリカやヨーロッパ諸国を含め29ヶ国の係官が被災地を視察することを了承した。

But they were allowed to enter only the areas where disaster relief aid has reached or where the "junta finds it convenient" to admit diplomats and medical teams, according to a source.

しかしながら、今回外交官や医療チームに立ち入りが許された地区は、すでに被災地の救援活動が間に合っている地域や、軍事政権が(視察が)適当だと認める地域に限られている。

A diplomatic source in Yangon said there will be little hope of finding the real situation in the district through the planned tour by foreign government officials.

ヤンゴン(ラングーン)の外交官消息筋によれば、今回軍事政権が用意した被災地視察計画では、悲惨な被災地の実情を現地で確認できる可能性はきわめて低いということだ。(軍事政権は多くの被災地の中でも、救援活動が十分に行き届いている場所しか視察を許さないから)

The international community, particularly the United States and European nations, has urged Myanmar to accept disaster relief workers from abroad as, they believe, there has been a major shortfall in support to people affected by Cyclone Nargis, estimated by the United Nations to number 2.5 million.

国際社会、特にアメリカ合衆国やヨーロッパ諸国は、ミヤンマー政府に対して、(今回の災害に対して)外国からの災害復興チームを受け入れるように、強く求めている。というのも、今回のサイクロンナジスによる被災者は国連の試算によれば250万人におよび、被災者への救援はまだ十分なものではないと考えられるから。

|

« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

16-My family (私の家族)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »