« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

2008年5月24日 (土)

スラチャイと英語を勉強しましょう!

05/24/2008 --The Asahi Shimbun, May 23(IHT/Asahi: May 24,2008)

EDITORIAL: Safety of nuclear plants

柏崎刈羽原発―「想定」は覆された

Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) called Thursday for new quake-resistant standards that are five times higher than current levels for its Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant in Niigata Prefecture.

 これまで考えていたよりも最大約5倍の揺れに備えなくてはならない。

The Niigata Chuetsu-oki Earthquake, which struck offshore last July, sent fierce seismic jolts directly below the nuclear plant, causing extensive damage. As a result, the facility's seven reactors were shut down.

 去年7月、新潟県中越沖地震で激しい揺れに直撃された東京電力柏崎刈羽原発のことである。

Using earthquake-resistance design guidelines revised in 2006, TEPCO factored in the new data gained from observations of that temblor to calculate the estimated intensity.

It concluded that greater earthquake-proofing was needed.

 06年に改められた原発の耐震設計指針をもとに、東電が中越沖地震の観測でわかった新事実も盛り込んで想定すべき揺れをはじき直したところ、そんな結果が出た。

factor=計算に入れる、計算する)(temblor=地震)

Specifically, it was stated that the bedrock under Reactors 1 through 4 must be secured against temblors 5.1 times stronger than believed safe to date, with the area under the No. 5 to 7 reactors to be reinforced by 2.6 times the present strength.

 1~4号機の下の岩盤では、これまでの5.1倍、5~7号機の下では2.6倍の揺れを想定しなくてはならないという。

bedrock=岩盤)(temblors=地震)

In the interests of safety, TEPCO intends to equip the facility with quake-resistance capabilities above and beyond these revamped estimates, with the reinforcement work to commence next month. While all Kashiwazaki-Kariwa reactors are currently shut down for inspection, these latest findings further complicate any plans to resume operations.

 東電は安全を見込んで、今回想定し直した以上の揺れにも耐える強さをもたせる考えだ。6月から補強工事を始める。柏崎刈羽原発では、いますべての炉が止まり、点検作業などが進んでいるが、運転再開の見通しはますます立たなくなった。

In the interests of ...=...のために、を見込んで)(revamped=修正された、刷新された)

Why have the estimated values of the seismic shocks that these facilities must withstand surged to such a degree?

 どうしてこんなに、想定の値がはね上がったのか。

For one, the new guidelines were used to carry out detailed studies of the active faults in the vicinity of the plant.

Rigid estimates were likewise made of the scale of quakes caused by those faults.

Precise methods for computing the swaying likely to stem from fault movements were also devised.

 ひとつは、新しい指針に沿って、原発周辺の活断層が詳しく調べられたことだ。それらの活断層が起こす地震の大きさも厳しく見積もられ、断層の動きによってもたらされる揺れの計算方法も精密になった。

rigid=厳しい、厳正な)(likewise=同様に)(stem=生じる(自動詞)/食い止める、阻止する、止血する)

Besides that, observation data from the Niigata Chuetsu-oki Earthquake and other seismic activity determined that the geological strata beneath the nuclear plant zone also possesses characteristics that amplify earthquake vibrations.

 さらに、中越沖地震などの観測データによって、この原発一帯の地下の地層には、地震の揺れを増幅する特徴があることも突きとめられた。

Estimates of seismic waves based on the new earthquake-resistance design guidelines for other nuclear plants around the country were completed this past spring.

 全国のほかの原発では今春までに、新しい耐震設計指針に沿って揺れを想定し直した。その結果、どの原発でも上方修正しなければならなかった。

The findings forced the operators of all facilities to make upward revisions in their forecasts of shocks--the largest being 1.6 times the previous level.

The five times greater resistance required at Kashiwazaki-Kariwa certainly stands out.

このなかで最も大きかったのは1.6倍である。柏崎刈羽の「5倍」は際立っている。大地震を経験して地中の様子が一層わかったことが、大きな修正につながったともいえよう。

This series of modifications also clarified the fact that lengthy active faults pass directly beneath the Kansai Electric Power Co.'s Mihama Nuclear Power Plant and the Japan Atomic Energy Agency's Monju fast-breeder reactor--both located in Fukui Prefecture.

 一連の見直し作業では、福井県にある関西電力美浜原発と日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」の真下に、長い活断層が通っていることもはっきりした。

lengthy=長い、延長が長い)

In short, the educated judgments of seismic intensity applied to the original construction of these and other nuclear plants have proved to be easygoing.

 原発を建てたころは、地震の揺れの見立てが甘かったのである。

One lesson to be learned is that seismology is a science in which new discoveries occur daily, with rapid advances also continuing to be made in fault surveys and other technical fronts.

The key premise, therefore, must be that seismic estimates will need to be updated from here on as well.

 裏を返せば、地震科学には日々新しい発見があり、断層調査などの技術も日進月歩で進んでいる。                                                 

これからも想定は塗りかえられていくことを前提にしなくてはならない。

seismology=地震学)(premise=根拠、前提)

Power companies and others in the industry play down the fear factor, insisting that nuclear power plants are designed with proper leeway to handle earthquake activity.

 電力会社などには「原発は設計にゆとりをもたせてあるので大丈夫」という見方がある。

(play down=軽視する、甘く見る、みくびる)(leeway=余裕、ゆとり)

However, when the Kashiwazaki-Kariwa figures are added to the seismic estimates, it is obvious that all nuclear plants in Japan are frittering away whatever such leeway they may have had.

だが、柏崎刈羽原発を最後に揺れの想定が出そろってみると、全国のすべての原発が、多かれ少なかれゆとりを食いつぶしていることが明らかになった。

Frittering=浪費する、消耗する)

When thinking of earthquake-proof engineering, it is vital to realize that new grounds for concern will continue to emerge hand in hand with progress made in research.

 耐震を考えるときには、研究の進展で新しい懸念材料が出てくることを念頭に置いておかなければならない。

hand in hand=one by one=ひとつずつ)

In an earthquake-prone nation like Japan, no further time should be wasted in making reinforcements to restore the leeway necessary to ensure safe and trustworthy (of ?) nuclear power generation.

 地震国ニッポンの原発は、ゆとりを取り戻すため補強を急ぐべきだ。

prone=の傾向が強い、の傾向がある)(trustworthy=信頼できる)

--The Asahi Shimbun, May 23(IHT/Asahi: May 24,2008)

朝日新聞 5月23日号 (英語版 2008年5月24日発行)

|

« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

editorial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »