« 社会保障財源 | トップページ | ココログでアフィリエート »

2008年6月26日 (木)

一斉休漁

(Mainichi Japan) June 25, 2008

Fishing federation plans 'No Fishing Day' across Japan to protest rising oil prices

全漁連:一斉休漁へ…7月中旬に1日 食卓に影響も

Squid trawlers are seen docked at Katsumoto port in Iki, Nagasaki Prefecture, on June 18.

A nationwide federation of fishing cooperatives has decided to hold a country-wide "No Fishing Day" to raise public awareness of the burden shouldered by fishermen in the face of soaring fuel prices.

The National Federation of Japan Fisheries Co-operative Associations (JF Zengyoren), to which about 1,100 fisheries cooperatives belong, will hold the no fishing day on either July 15 or 16.

JF Zengyoren proposed the plan to the Japan Fisheries Association (JFA) on Wednesday afternoon. If the JFA, whose members are mainly engaged in deep sea fishing and offshore fishing, agrees with the plan, most fishing -- including tuna and bonito -- will be subject to the measures.

The unprecedented move is aimed at making the government, relevant industries and consumers aware about the fishermen's plight amid skyrocketing of oil prices.

An increasing number of fishery operators are suffering losses as the price of heavy oil, used by fishing boats as fuel, has increased by about 2.7 times over the past five years, now costing over 100,000 yen per kiloliter.

Since JF Zengyoren also plans to urge the fish culture industry to suspend shipments of sea bream and other fish, fish prices are set to rise, albeit temporarily.

When about 3,000 squid fishing boats held no fishing days on June 18 and 19, some supermarkets did run short of squid, but prices were not largely affected by the shortage.

"We have had no fishing days due to bad weather in the past, and if the measure ends in a day this time, it would have little effect on the prices and arrival of fishes," said a representative of a major supermarket.

Restaurant owners are similarly unworried. The 65-year-old owner of a sushi shop in Tokyo's Chuo-ku said, "Fish are imported from around the world, including South Korea and China, so sushi ingredients won't run out."

単語:

(trawler=トロール船) (cooperative=協同組合) (unprecedented=前例のない) (plight=ありさま、状況)

(culture industry=養殖産業 注意:ここでは文化の意ではなく養殖、培養の意味)

(albeit=although=であるけれども 発音注意:アルバイトではなくてオービートと発音される)

日本語のオリジナル原稿(毎日新聞6月26日号より抜粋):

全漁連:一斉休漁へ…7月中旬に1日 食卓に影響も

燃油高騰で一斉休漁し、のぼりを立てて係留されたイカ釣り漁船団=長崎県壱岐市の勝本漁港で2008年6月18日午前10時16分、本社ヘリから上入来尚撮影

 漁船の燃料費高騰を受け、全国約1100の沿岸漁協が所属する全国漁業協同組合連合会(全漁連)は7月15、16日のいずれか1日、全国で一斉休漁を実施する方針を固めた。25日午後、遠洋・沖合中心の大日本水産会などに提案する。同会なども賛同するとみられ、マグロ、カツオなども含め大半の魚種で異例の一斉休漁が実施される見通しで、家庭の食卓に影響が及ぶ可能性もある。

 休漁は政府や関連業界、消費者に窮状を訴えることが目的。漁船用A重油の価格は1キロリットル10万円を超えており、この5年間で約2.7倍に上がった。燃料費に圧迫されて採算が悪化し、赤字操業を強いられる漁業者も増えている。

 今回の休漁は1日だけだが全漁連はタイなどの養殖業界にも出荷停止を呼びかける予定で、大半の魚種で市場への鮮魚入荷が激減するとみられ、市場での価格が一時的に高騰する可能性もある。

 18、19日にイカ釣り漁船、約3000隻が一斉休漁した際は一部スーパーで品薄になったが、店頭価格に大きな変動はなかった。大手スーパーは「これまでも天候不順による休漁はあり、1日で終わるなら価格や入荷量にほとんど影響はないのではないか」とみている。東京都中央区のすし店店主(65)も「魚は韓国や中国など世界中から入ってくるので、すしネタの供給がなくなることはない」と話す。

 ただ、マグロについて関連団体が数カ月規模の休漁を検討していることもあり、首都圏で食品スーパーを展開するコープネット事業連合(さいたま市)は「休漁日数が今後も増えれば、価格への影響は出てくるかもしれない」と懸念している。

|

« 社会保障財源 | トップページ | ココログでアフィリエート »

editorial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会保障財源 | トップページ | ココログでアフィリエート »