« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

2008年6月 7日 (土)

スラチャイと英語を勉強しましょう!

Mainichi Daily News (2008/06/07)

Japan to formally recognize Ainu as indigenous people

アイヌ民族:「先住民族」初の国会決議、衆参両院で採択

The House of Councillors and the House of Representatives voted in favor of the resolution at their respective plenary sessions on Friday.

アイヌ民族を先住民族と認定するよう政府に求める初の国会決議が6日の衆参両院本会議で、全会一致で採択された。

On behalf of the executive branch of the government, Chief Cabinet Secretary Nobutaka Machimura declared that Japan will formally recognize Ainu as indigenous people.

これを受け町村信孝官房長官は両院本会議で、政府として初めてアイヌを「先住民族」と認識することを表明し、正式な認定に前向きな姿勢を示した。

(indigenous=その土地、国、場所に固有の、その地域原産の)

The government is set to establish a panel on Ainu to consider their indigenous rights after it officially recognizes them as indigenous people.

政府は今後、「アイヌ有識者会議」(仮称)を設置し、先住民族と認めた場合の先住権の内容などを検討する方針。

The move will likely represent a drastic change in Japan's policy of not recognizing Ainu's indigenous rights and putting top priority to the development of Hokkaido where a large population of Ainu has been concentrated since the Meiji Era.

アイヌの先住権を認めず北海道開発を優先してきた明治以来のアイヌ政策の転換につながる可能性が出てきた。

The resolution points out that Japan is required to take specific actions following the adoption of the United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples in September last year.

決議は昨年9月に国連で「先住民族の権利宣言」が採択されたことにより、具体的な行動が求められていると指摘。

"We must take seriously the historical fact that numerous Ainu people were discriminated against and impoverished as Japan underwent modernization," the resolution says.

「我が国が近代化する過程において多数のアイヌの人々が差別され、貧窮を余儀なくされたという歴史的事実を厳粛に受け止めなければならない」とし、先住民族としての認定と総合的な施策の確立を政府に求めた。

numerous=非常に多い、おびただしい数の)(discriminate=差別する)(impoverish=貧乏にする、貧困にする)

It then urges the government to officially recognize Ainu as indigenous people and implement specific measures to protect their rights.

決議はアイヌを先住民族として認定し、アイヌの人々の権利を守るのために必要な個々の措置を講ずることを決定した。

Ainu is an ethnic group that has its own culture and language. They mainly lived in Hokkaido and on the Kuril Islands, and earned a living by hunting and picking wild vegetables.

アイヌは独自の文化と言語を有する先住民族である。アイヌは主に北海道とクリル諸島で狩猟や自生する野菜を採取したりして生計をたてている。

However, their population decreased sharply under the Meiji government's assimilation policy, according to experts.

しかしながら、アイヌの人口は明治政府の導入した同化吸収政策のもと、その人口は激減したと専門家は語っている。

assimilation=同化、吸収)

A Hokkaido Prefectural Government survey shows that 23,782 Ainu people were living in the northernmost prefecture as of 2006.

2006年に北海道庁が実施した調査によれば23782人のアイヌが北海道の最北端の地区に住んでいる。

(Mainichi Japan) June 6, 2008

|

« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »

editorial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スラチャイと英語を勉強しましょう! | トップページ | スラチャイと英語を勉強しましょう! »