« フィッシング詐欺 | トップページ | 少年に殺意か? »

2008年7月31日 (木)

夏休みどうする?




(Mainichi Japan) July 30, 2008
More people say they can't afford to go on summer holidays
夏休み:「国内旅行」抜き「帰省」トップ…倹約型が増加

More people are spending their summer vacations by simply returning to their home town or mostly staying at home due to surging commodity prices, a survey by Dentsu Research Inc. has revealed.
The survey found that the most popular way of spending summer holidays was to return to one's home town, at 22 percent, outnumbering domestic travel that had topped the ranking for two years in a row. The third favorite option was to "preferably stay at home," at 12 percent.
"Because of the surge in commodity prices, more people are tending to spend their summer holidays by saving money," said a representative of Dentsu Research.
The survey conducted in June covered men and women aged between 15 and 59 years old, who are living within a 30-kilometer range from Tokyo Station.
Of the 630 respondents, 466 people who have a job said "an ideal summer holiday" is to take an average of 10.4 days off. The most popular way of spending summer holidays was to "travel abroad," at 25 percent, and the most popular destination was Hawaii, at 28 percent.
However, the average summer holiday in reality was only 6.5 days and the average budget for summer holidays was 108,000 yen -- about the same as last year.
A little less than 40 percent of married respondents in their 30s to 50s said, "I will tighten my budget."
"Although the budget (for summer holidays) is about the same as last year, more people are refraining from going far away other than returning to their home town because of rising gas prices," said a Dentsu Research representative.

words:
afford=~することができる、~する余裕がある
returning to their home town=帰省すること
staying at home=家でゴロゴロしている
due to surging commodity prices=急騰する石油価格の影響を受けて
outnumbering=追い抜く、数で圧倒する
for two years in a row=二年連続で
"preferably stay at home," =家でゆっくりしているほうがよい
tending to=~する傾向にある、~しがちである
within a 30-kilometer range from Tokyo Station=東京駅30km圏内
respondents=回答者
an ideal summer holiday=理想的な夏休み
"travel abroad," =海外旅行をする
destination=旅行の目的地
the average summer holiday in reality=実際の夏休みの平均期間
the average budget for summer holidays=夏休みの予算
"I will tighten my budget."=予算をきりつめる
refraining from~=~するのを差し控える、from の後には動名詞が続く

電通リサーチは29日、夏休みの過ごし方についてのアンケート結果を発表した。2年連続首位だった「国内旅行」を「帰省」が抜き、3位の「なるべく家にいる」派も増加。同社は「物価高の影響で、夏休みを倹約で過ごす傾向が強まっている」と分析している。
調査は6月、東京駅から30キロ圏内在住の男女15~59歳を対象に訪問面接で実施した。
回答者630人のうち仕事に就いている466人が「理想の夏休み」としてイメージしているのは、日数が平均10.4日。過ごし方としては「海外旅行」(25%)を挙げた人が最も多く、旅行先の人気ナンバーワンはハワイ(28%)だった。
しかし現実の休暇日数は平均6.5日で、過ごし方でも「海外旅行」は5位で昨年調査に比べ1ポイント減の7%。「国内旅行」は2位だったが昨年比4ポイント減の20%で、「遊園地・テーマパークへ行く」「キャンプ・登山をする」も減った。
最も多かった過ごし方は「帰省」で同6ポイント増の22%。3位の「なるべく家にいる」も同3ポイント増の12%だった。
予算は平均10.8万円と昨年並みだが、30~50代の既婚者の4割弱が「夏休みの予算を引き締める」と回答した。同社は「予算は昨年並みでもガソリンの高騰で、帰省以外の遠出は控え気味」と見ている。【望月麻紀】
毎日新聞 2008年7月29日 19時49分(最終更新 7月30日 10時34分)

|

« フィッシング詐欺 | トップページ | 少年に殺意か? »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィッシング詐欺 | トップページ | 少年に殺意か? »