« 夏休みどうする? | トップページ | アスベスト被害 »

2008年7月31日 (木)

少年に殺意か?

(Mainichi Japan) July 30, 2008

Police believe boy who stabbed teacher had murderous intent

殺人未遂:傷、肺に達する深さ 少年に強い殺意か 愛知

CHIRYU, Aichi -- One of the stab wounds that a teacher sustained in a knife attack launched by one of his former students reached his lung, leading investigators to suspect that the perpetrator had strong murderous intent, local police said.

The 18-year-old suspect, whose name is being withheld under the Juvenile Law, said he had a grudge against the teacher, 34-year-old Yoshihisa Kamiya.

"Kamiya severely scolded me, which led me to suffer from social phobia. I recently began to work, but I couldn't do well," he was quoted as telling investigators.

Aichi Prefectural Police said they are grilling the youth, a part-time worker from Chiryu, over why he intended to murder Kamiya, noting that he had not contacted the victim for more than three years after he graduated.

The boy visited the Chiryu Municipal Junior High School he had graduated from on Tuesday afternoon at around 1:30 p.m. and attacked Kamiya, who was instructing the school's brass band, local police said.

He stabbed Kamiya in the back from behind, chased the victim as he attempted to flee and stabbed him in the chest. Kamiya suffered serious stab wounds that are expected to take a month to heal.

Kamiya was the suspect's homeroom teacher when he was a second-year student at the school.

words:

stab wounds=刺し傷

launched=発射する、射る

former students=卒業生

lung=

perpetrator=犯人、加害者

murderous intent=殺害の意志、殺意

suspect=容疑者

being withheld=(発表を)差し控える

the Juvenile Law=少年法

grudge=恨み、怨恨、遺恨

social phobia=対人恐怖症、社会生活恐怖症

was quoted=引用される

grilling=いじめる、厳しく尋問する

attacked=攻撃する、襲う

instructing=指導する、教える

He stabbed Kamiya in the back from behind=彼は背後から神谷さんの背中をナイフで刺した

attempted to flee=逃げようとする

expected to take a month to heal=全治1ヶ月、回復するのに1ヶ月が見込まれている

愛知県知立市の市立知立(ちりゅう)中学校で教諭が卒業生のフリーターの少年(18)=殺人未遂容疑で逮捕=に刺された事件で、教諭の傷の一つが肺に達する深さだったことが30日、県警捜査1課と安城署の調べで分かった。この傷は、少年が教諭の背中をいきなりナイフで刺した際にできたもので、県警は少年が強い殺意を持って教諭を襲ったとみて動機の解明を進める。

調べでは少年は29日午後1時半ごろ、同校技術棟2階の被服室で、吹奏楽部の指導をしていた同校教諭、神谷佳久さん(34)の背後からペティナイフ(刃渡り約13センチ)で背中を刺した。さらに逃げる神谷さんを追い回して胸2カ所を刺したほか、左腕と左手の指を切り、1カ月の重傷を負わせた。

その後の調べで、最初の背中の刺し傷は肺に達していたことが判明。いきなり背後から強い力を込めて刺していることから、県警は明確な殺意があったとみている。

少年は中学卒業後、高校に進学したが、その後中退して引きこもりになった。調べに「神谷教諭に厳しくしかられ対人恐怖症になった。最近仕事を始めたがうまくいかなかった」などと恨みを口にしているという。

神谷さんは少年の中学2年時の担任。少年は29日、同校内に侵入後、職員室へ行って「神谷さんはどこですか」と尋ねており、当初から神谷さんを狙って来校したとみられる。一方で、中学卒業から3年以上経過し、卒業後は神谷さんと接点もなかったことから、県警は少年が殺意を抱いた経緯について慎重に捜査している。【式守克史、飯田和樹】

毎日新聞 2008730日 1500

|

« 夏休みどうする? | トップページ | アスベスト被害 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みどうする? | トップページ | アスベスト被害 »