« 一酸化炭素中毒 | トップページ | フィッシング詐欺 »

2008年7月31日 (木)

ベトナム航空機火災

(Mainichi Japan) July 30, 2008

Vietnam Airlines jet engine catches fire after landing at Narita Airport

ベトナム航空機:成田着陸後、エンジンから火 けが人なし

NARITA -- An engine on a Vietnam Airlines jet caught fire after the plane arrived at Narita Airport on Wednesday morning, government officials said.

None of the 277 passengers and crewmembers on board was injured as they had already disembarked by the time the fire started. The local office of the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry is investigating the cause of the fire.

At around 7:40 a.m., an air traffic controller at Narita Airport noticed smoke coming out of one of the two engines on a Vietnam Airlines Boeing 777-200 that was taxiing toward a gate after landing.

The engine caught fire at around 8:30 a.m. after all the passengers had disembarked at the gate. Seventeen fire engines were mobilized to extinguish the blaze.

Ministry inspectors suspect that fuel had leaked and began to smoke after it became heated.

"There was nothing unusual in the cabin," said Michio Kasai, 49, a passenger aboard who operates a restaurant in Vietnam. "A cabin attendant repeated, 'Please disembark quickly,' but didn't say that smoke was coming out."

The aircraft was on Flight 950 from Ho Chi Minh.

words:

passengers and crewmembers on board搭乗乗客乗務員

disembarked到着する、上陸する

the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry国土交通省成田空港事務所

taxiing=飛行機が誘導路を移動する

fire engines=消防車

extinguish the blaze=消火する

leaked=もれる、あふれる

"There was nothing unusual in the cabin,"=機内では特に変わったことはありませんでした

passenger aboard=搭乗乗客

operates a restaurant in Vietnam=ベトナムでレストランを経営する

cabin attendant=乗務員

30日午前7時40分ごろ、成田国際空港に着陸し地上を走行中のベトナム・ホーチミン発のベトナム航空950便(ボーイング777-200型、乗客乗員277人)の右主翼にある第2エンジンから、煙が出ているのを管制官が発見した。自力で駐機場に入り、乗客が通常通りに機を降りた後の午前8時半ごろ、第2エンジンから出火した。消防車計17台が消火剤をまいて消し止め、けが人はなかった。

国土交通省成田空港事務所によると、同機は暫定平行滑走路(B滑走路)に着陸、第2旅客ターミナルビルの駐機場に向かうため誘導路を移動中、第2エンジンから白い煙が出始めた。

煙は一時収まっていたため消防隊が監視していたところ、エンジンから突然炎が出たため、消火した。同事務所は何らかの原因で燃料が漏れ、過熱して煙が出たとみて原因を調べている。

空港会社は午前7時41分から午前8時まで同機の着陸した暫定平行滑走路を閉鎖した。 乗客で、ベトナムでレストランを経営する笠井道生さん(49)は「機内の様子は特に変わったことはなく、客室乗務員が『早く出て下さい。クイックリー、クイックリー』と繰り返していただけで『煙が出ている』という説明はなかった」と驚いた表情だった。【黒川将光、駒木智一、斎藤有香】

毎日新聞 2008730日 1110分(最終更新 730日 1228分)

|

« 一酸化炭素中毒 | トップページ | フィッシング詐欺 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一酸化炭素中毒 | トップページ | フィッシング詐欺 »