« 消費者物価 | トップページ | 過保護が原因か?八王子殺傷 »

2008年7月27日 (日)

振り込め詐欺

(Mainichi Japan) July 26, 2008

5.9 billion yen to be returned to bank transfer scam victims

振り込め詐欺:口座残金は59億円 全銀協が初集計

A month after a new law was introduced to return money to victims of bank transfer scams, there is over 5.9 billion yen waiting to be returned to its rightful owners, according to a new survey by the Japanese Bankers Association (JBA).

After a spate of incidents, typically in which criminals posing as family members would call victims and con them into transferring money for bail and so on, the government enacted the Law Concerning Remedies to Remittance Solicitation Fraud, which came into effect on June 21.

The JBA survey has discovered that the law will apply to 53,102 bank accounts that are both suspected of being used in bank transfer scams and have a balance of over 1,000 yen.

The total balance of these accounts stands at 5.916 billion yen -- but since Japan Post Bank, credit unions and credit cooperatives are not members of the JBA and therefore not covered by the survey, the real total is estimated to be even higher.

The Deposit Insurance Corporation of Japan, a semi-governmental body, has been tasked with overseeing the return of the money, a process which began on July 16. The JBA is also asking victims to inquire with banks to find out whether the accounts that they transferred their money to are subject to the rescue measures.

The National Police Agency said that a record total of 13.7 billion yen was collected through bank transfer scams between January and May this year, a 60 percent increase over last year's figure for that period.

According to the JBA survey -- the first of its kind -- there were 183,789 accounts containing a total of 8.723 billion yen believed to have been used in illegal activities such as tax evasion as of the end of March.

Of those, 124,472 accounts are suspected to have been used in bank transfer scams, the JBA said.

Words and Phrases:

bank transfer scam=振り込め詐欺

spate=噴出すること、大量に発生すること

typically=典型的に

pose=~のふりをする

con=騙す、詐欺をはたらく

transfer=送る(送金)

bail=保釈

scam=汚い手口、詐欺

rescue measures=救済措置

tax evasion=脱税

銀行口座に残されたままの振り込め詐欺の被害金が今年3月末現在で59億4700万円に達していたことが25日、全国銀行協会の初の集計で分かった。6月に施行された「振り込め詐欺被害者救済法」に基づき、年内にも被害者への返金が始まる見通しだ。

調査結果によると、脱税など違法行為に使われたとみられる口座は3月末時点で18万3789件で総額87億2300万円。このうち、捜査当局からの通報や異常な入出金状況から、「振り込め詐欺に使われた」と判断された口座は12万4472件あった。

同法の救済対象となる残金1000円以上の口座は5万3102件で残金は59億1600万円。1口座あたりの残金は単純平均で11万1400円となる。ゆうちょ銀行や信用金庫、信用組合は全銀協に入っておらず、実際の残金はさらに多いとみられる。

預金保険機構は今月16日、同法による返金手続きのスタートになる公告を開始。全銀協は「被害者は自分が振り込んだ口座が対象になっていないか銀行に問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

警察庁のまとめでは、今年1~5月の振り込め詐欺の被害総額は137億円と前年同期の1.6倍に達し、過去最悪の水準となっている。【斉藤望】

 ◇ことば 振り込め詐欺救済法

 振り込め詐欺などで被害者がだまし取られたお金を、迅速に取り戻せるようにするため、返金手続きを定めた法律。従来は犯罪口座と分かっていても、金融機関が勝手に現金を引き出して被害者に返すことはできず、被害者は裁判で「口座の残金は自分のもの」と証明する必要があった。時間と費用がかかるうえ、犯人が資金を動かして被害を回復できないケースも多かった。救済法では、金融機関が犯罪口座を預金保険機構に通報。預保がホームページ(http://dic.go.jp/)で銀行名や口座番号、名義人を公表し、60日以上たっても名義人が名乗り出ない場合、口座が失効。預保は失効した口座の情報を再びホームページで公表し、金融機関が被害者からの申請を受け付け、返金する。

(毎日新聞 2008725日 2135分(最終更新 725日 2354分)

|

« 消費者物価 | トップページ | 過保護が原因か?八王子殺傷 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費者物価 | トップページ | 過保護が原因か?八王子殺傷 »