« スーダンPKO | トップページ | 教育基本計画 »

2008年7月 3日 (木)

歌舞伎町火災

(Mainichi Japan) July 2, 2008

Building operator convicted of negligence over Kabukicho fire that left 44 dead

歌舞伎町火災:ビル実質経営者ら5人に有罪判決 東京地裁

The operator of a building holding company and four others were convicted of negligence Wednesday over a blaze that killed 44 people in the building in Tokyo's Kabukicho entertainment district in 2001.

The Tokyo District Court sentenced Shigeo Segawa, 66, operator of Kurume Kosan, a Tokyo-based company that owns the building in Tokyo's Shinjuku-ku, to three years in prison, suspended for five years, for professional negligence resulting in death and injury.

"The defendant prioritized the pursuit of the company's profits and did not care about the safety of the structure, neglecting the management of fire-prevention devices," said Presiding Judge Masanori Hatoko in handing down the ruling.

01年9月に44人が死亡した東京・歌舞伎町の雑居ビル火災で、業務上過失致死傷罪に問われたビル所有会社「久留米興産」(東京都千代田区)の実質経営者、瀬川重雄被告(66)に対し、東京地裁は2日、禁固3年、執行猶予5年(求刑・禁固4年)を言い渡した。波床昌則裁判長は「会社の利潤追求を最優先し、収益に結びつかない建物の安全性については意に介せず、防火管理業務を怠った」と指摘した。

(convict=有罪を宣告する) (negligence=不注意、無頓着、怠慢、手抜き) (blaze=) (sentence=判決を言い渡す、判決を下す)

(professional negligence=業務上過失致死傷罪) (prioritize=優先する) (pursuit=追求、追跡) (profits=利潤、利益) (hand down=判決を言い渡す)

Another executive of Kurume Kosan, a tenant in the building, and two others were also given suspended sentences by the court on Wednesday. Shinji Nagai, 44, who was in charge of a mah-jong game parlor inside the building, was acquitted over the case.

同社の別の幹部やテナント経営者ら4被告にも禁固3~2年、執行猶予5~4年(求刑・禁固4~3年)の有罪判決を言い渡したが、マージャンゲーム店の元現場責任者、永井伸二被告(44)は無罪(求刑・禁固4年)とした。

(suspended sentences=執行猶予) (acquit=無罪とする)

A total of 44 customers and employees of a restaurant and a mah-jong parlor in the building died of carbon monoxide poisoning and other causes in the fire, which started in the predawn hours on Sept. 1, 2001.

Three other employees who jumped from windows of the building to escape the fire sustained injuries.

判決によると、瀬川被告は実質経営者としてビルの防火管理を指示する立場にありながら、防火戸や排煙窓が機能しない状況にあるなど火災が発生した際に客や従業員の生命に危険を及ぼすことが予見できたのに、階段にあった障害物の撤去などを怠り、火災の発生で47人を死傷させた。

(carbon monoxide poisoning=一酸化炭素中毒) (predawn=明け方、未明) (sustain=傷、損失などを被る、受ける)

Prosecutors had maintained that the victims' deaths could have been avoided if the defendants had removed objects left on the stairs and the elevator halls of the building and if they had disposed of obstacles to fire doors and smoke control windows.

The six defendants had all pleaded not guilty.

瀬川被告らは「放火犯の行動までは予見できず、重大な結果が生じたのは不可抗力だった」などと無罪主張したが、判決は「防火戸が正常に閉鎖するよう維持管理をするなどしていれば重大な結果は発生しなかった」と退けた。永井被告を無罪とした理由については「マージャン店経営者を補佐するだけで重要事項の裁量は与えられていなかった」と述べた。

判決言い渡し後、波床裁判長は「44人もの方が亡くなり、一挙に2人の娘を亡くした遺族もいる。お金を払うことよりも大切なのは今後も被害者の冥福を祈り、遺族の気持ちに応えていくことだ」と説諭した。閉廷すると、無罪となった永井被告を含む6被告全員が傍聴席に頭を下げた。【伊藤一郎】

(Prosecutor=検察官、検事) (maintain=反対の立場を守る、貫く)

(could have been avoided=防ぐことができたはずだ 文法:仮定法過去完了現在の事実に反して起きてしまったことを表現する)

(dispose of...=~を捨てる、廃棄する、処分する) (plead=裁判で主張する、申し立てをする)

The six defendants had all pleaded not guilty=6名の被告はみな無罪を主張していた

【ことば】歌舞伎町ビル火災 01年9月1日午前0時50分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1の雑居ビル「明星56ビル」(06年に解体)の3階エレベーターホール付近から出火。3階のマージャンゲーム店「一休」(80平方メートル)と4階の飲食店「スーパールーズ」(同)を全焼し、客や従業員44人が一酸化炭素中毒などで死亡、3人がけがをした。放火の疑いが強いとされるが、捜査は難航。03年、防火管理の不備が重大な結果を招いたとして、ビル所有会社の経営者ら6人が業務上過失致死傷罪などで起訴された。

|

« スーダンPKO | トップページ | 教育基本計画 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーダンPKO | トップページ | 教育基本計画 »