« 竹島問題 | トップページ | 防衛省改革 »

2008年7月17日 (木)

殺人の時効

(Mainichi Japan) July 16, 2008

77 percent in favor of abolishing statute of limitations on murder in Japan

殺人の時効:「なくすべきだ」が77%…毎日新聞世論調査

Seventy-seven percent of people in Japan think that the statute of limitations on murders should be abolished, a Mainichi poll has found.

Under Japan's current statute of limitations, legal proceedings cannot be initiated for murder cases after 15 years, or 25 years for murders committed after 2005.

However, 77 percent of respondents in the Mainichi poll said the statute should be eliminated for murder, while just 15 percent said it should be kept. By gender, 75 percent of males and 78 percent of females were in favor of abolishment.

Under a 2004 revision to the Code of Criminal Procedure, the statute of limitations on murders that occurred from 2005 onwards was increased to 25 years. The period on outstanding cases remained at 15 years so as not to cause sudden unfairness to people accused in crimes. However, 68 percent of the people questioned in the telephone survey said they thought it was strange for the time period to be split depending on when the murder was committed. Only 21 percent said the difference stood to reason.

The adoption of a U.S.-style John Doe charge system for crimes such as rape -- under which charges can be filed without knowing a person's identity if DNA evidence is left at the scene, thereby halting the statute of limitations -- was supported by 69 percent of respondents, while 15 percent said such a system should not be implemented.

In May this year, the National Association of Crime Victims and Surviving Families approached the Liberal Democratic Party's Research Commission on the Judiciary System over abolishment of the statute of limitations on murders.

The issue came into focus recently when Kazuyoshi Miura, 60, was taken into custody by U.S. authorities in Saipan in February over a shooting in Los Angeles that occurred about 27 years earlier, and it was reported that for heinous crimes in the United States there is no statute of limitations.

単語:

(statute=法令、放棄、制定法) (statute of limitations=時効) (abolish=廃止する、撤廃する) (respondents=回答者) (gender=性別)

(abolishment=廃止、撤廃) (the Code of Criminal Procedure=刑事訴訟法) (outstanding=未解決の) (stand to reason=理に叶う、合理的な)

the National Association of Crime Victims and Surviving Families=犯罪による被害者と残された家族の会)(heinous=極悪非道な)

殺人事件の時効(15年。05年以降の発生は25年)をなくすべきだと考える人が77%いることが、毎日新聞の全国世論調査(12、13両日、電話)で分かった。発生年で時効までの期間が15年と25年に分かれている現状に疑問を持つ人も68%いた。時効廃止や改善要望が7~8割あったことで、刑事訴訟法の改正論議が活発化することも予想される。

日本では、事件発生から解決しない期間が長くなると罪に問えない時効制度があるが、殺人事件の時効を維持すべきかどうか聞いたところ、「なくすべきだ」が77%で、「維持すべきだ」の15%を大きく上回った。男女別では、男75%、女78%だった。

刑事訴訟法の04年改正で、05年以降に発生した事件の時効は25年になったが、それ以前の事件は15年のままになっている。被告の立場が急に不利にならないよう効力を遡及(そきゅう)させなかったためだ。しかし、発生年で時効の年数が違うのは「おかしい」が68%、「当然だ」が21%だった。

また、殺人事件以外の強姦(ごうかん)などの犯罪でも、現場に残された血液などのDNAがあれば、容疑者を特定しないまま起訴し時効を停止させる制度が米国ニューヨーク州などにあるが、日本でも同様の制度を「取り入れるべきだ」が69%、「取り入れるべきでない」が15%だった。

殺人事件の時効廃止については、全国犯罪被害者の会(あすの会)が今年5月、自民党司法制度調査会に要望している。【石丸整】

【ことば】殺人事件の時効

明治時代からあり、戦後の刑事訴訟法にも引き継がれた。殺人など最高で死刑に相当する凶悪事件の時効は15年だったが、凶悪事件の罰則を強化した04年改正で、05年以降の発生については25年に延ばされた。存廃について論議はなかったが、今年2月に約27年前のロス銃撃事件で三浦和義元社長(60)が身柄拘束された際、米国には凶悪事件に時効がないことが報道され、時効制度の違いがクローズアップされた。

毎日新聞 2008716日 011

|

« 竹島問題 | トップページ | 防衛省改革 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹島問題 | トップページ | 防衛省改革 »