« 防衛省改革 | トップページ | WTO交渉 »

2008年7月21日 (月)

毎日新聞社異例の謝罪文

July 20, 2008

Mainichi Daily News to start over again

Report on developments and apology

おはようございます。タイのスラチャイです。

家族で入安居(いりあんご)の仏教行事に参加するために17日~20日コーンケーンの自宅を留守にしていました。

帰宅して、早朝4時30分、いつものように毎日新聞のサイトにアクセスしてびっくり。

毎日新聞の異例の謝罪文です。

よほど、動揺しての謝罪文らしく、同じ謝罪の内容が2通のレター形式で併設された構成にも驚かされました。

通常この種の謝罪文は1通のレターで十分だと思います。よほど大きな衝撃を受けたのではないでしょうか。

私は社説と一面記事しか読んでいなかったので、英字新聞のWaiWaiコラムがどのようなものかまったく知りませんでした。

毎日新聞によると、毎日新聞の機関紙の一部をなす毎日デイリーニューズの三面記事WaiWaiコラムに大変に不適切な掲載があった、

特に日本に関する間違った情報や不適切なセックス関連情報で、日本および世界の読者に多大な迷惑をかけたので、心から謝罪する。

事件の関係者は処分、組織を再編して出直し、読者の信頼を回復する、といった内容でした。

時間が取れ次第、WaiWai関連記事(事件)を調べてみようかと思っています。

毎日新聞、いつもお世話になっています。

頑張って、これからもよい記事を世の中に送り続けてください。

読売、朝日、日経がリードしている新聞業界ですが、毎日は記事へのアプローチが他社とちょっと違っていて、また納得させられる部分も多々ありましたので、愛読しています。

July 20, 2008

Mainichi Daily News to start over again

Report on developments and apology

The Mainichi Newspapers Co., Ltd. continued to post extremely inappropriate articles in the WaiWai column of the Mainichi Daily News (MDN), its English Web site. We have reported the results of an in-house investigation into the case on Pages 22 and 23 of the July 20 morning edition of the Mainichi Shimbun.

We continued to post articles that contained incorrect information about Japan and indecent sexual content. These articles, many of which were not checked, should not have been dispatched to Japan or the world. We apologize deeply for causing many people trouble and for betraying the public's trust in the Mainichi Shimbun.

The Mainichi Newspapers took punitive measures on July 20 against Managing Director Yoshiyuki Watanabe, who previously served as general manager of the Multimedia Division, and another senior official, to hold them responsible as supervisors, in addition to those who were earlier punished.

We will take the following measures to prevent a recurrence of the problems pointed out to us through the criticism and opinions received from many readers, through our in-house investigation, and as indicated by the Open Newspaper Committee of experts:

On Aug. 1, we will reorganize the MDN Editorial Department, and on Sept. 1, under a new chief editor, the MDN will be transformed into a more news-oriented site. We will translate Mainichi Shimbun editorials and commentaries by prominent figures, such as "Jidai-no-Kaze" (Sign of the Times), and post them on the site in an effort to deepen the understanding of Japan among readers overseas.

At the same time, we will set up an advisory group to the MDN comprised of Megumi Nishikawa, an expert senior writer, and other staff writers specializing in international news coverage. The group will check the MDN's editorial plans and the content of articles in the MDN.

We are determined to try our utmost to regain the public trust that we have lost as a result of this incident and rehabilitate the English site into one that can dispatch information about Japan to the world in an appropriate manner.

The Mainichi Newspapers Co., Ltd.

2008720

英文サイト出直します 経緯を報告しおわびします

毎日新聞社は英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコラム「WaiWai」に、極めて不適切な記事を掲載し続けていました。内部調査の結果を22、23面で報告します。日本についての誤った情報、品性を欠く性的な話題など国内外に発信すべきではない記事が長期にわたり、ほとんどチェックなしで掲載されていました。多くの方々にご迷惑をおかけしたこと、毎日新聞への信頼を裏切ったことを深くおわびいたします。監督責任を問い、総合メディア事業局長だった渡辺良行常務らを20日付で追加処分しました。

皆様からいただいた多くのご批判、ご意見や内部調査で分かった問題点、有識者による「開かれた新聞」委員会の指摘を踏まえて再発防止のために次の措置を講じることにしました。

8月1日付で「毎日デイリーニューズ」を新体制に組み替え、新編集長の下で9月1日からニュース中心のサイトに刷新します。新たに社説や「時代の風」など著名人による評論を翻訳して掲載し、海外の日本理解を深めるべく努めます。同時に西川恵専門編集委員を中心にベテラン国際記者らによるアドバイザリーグループを新設し、企画や記事の内容をチェックする体制をとります。

今回の問題で失われた信頼を取り戻し、日本の情報を的確に海外に発信する英文サイトを再建するため、全力を尽くす決意です。

毎日新聞社

The Mainichi Shimbun pledges to learn from its serious errors

Strengthening the checking system to prevent a recurrence

It was impermissible as a news organization that the Mainichi Newspapers Co., Ltd. continuously posted inappropriate articles in the WaiWai column of the Mainichi Daily News (MDN), its English site.

The articles had inappropriate content that should not have been dispatched in Japan or to the world, such as incorrect information about Japan and indecent sexual topics. We apologize deeply for making many people feel uncomfortable, damaging many people's reputations, causing great trouble and at the same time, betraying the public's trust in the Mainichi Shimbun. We are deeply sorry.

An in-house investigation has indicated that many articles in the column in question were barely checked before being posted, and that the seriousness of the problem went undetected even within the company. We neglected repeated warnings from those outside the company. These are serious errors and are extremely regrettable. In accordance with internal regulations, those involved in the matter have been severely punished.

In an effort to maintain and improve the quality of the printed edition of its newspaper, the Mainichi Newspapers has an article review division, and has also set up an Open Newspaper Committee, a third-party panel comprised of experts. Nevertheless, we failed to notice the problems that occurred on the English site. Our quality-control system was insufficient. We also failed to clearly define the role of our English site, which dispatches news to the world.

We have worked out measures to prevent a recurrence while keeping in mind the results of our in-house investigation and opinions from many readers.

We have decided to reform the MDN in order to rehabilitate it into a site that can dispatch information to the world that can help people properly understand Japan.

We will appoint a female employee as the new chief editor, based on our realization that the lack of a woman's point of view, in addition to the lack of a checking system, helped to create a situation in which inappropriate articles continued to be published in the column. An advisory group will be set up to give appropriate advice on the content of articles.

We have already shut down the WaiWai column, but if we find outside Web sites that have copied and posted past WaiWai articles, we will explain the situation and ask the site operators to correct or delete them.

We received valuable opinions from members of the Open Newspaper Committee, who were asked for the first time for their views on the English site. We will ask them to keep a close eye on Mainichi Web sites including the MDN. We will also boost the system to properly respond to opinions from those outside the company.

The WaiWai problem has called into question whether the Mainichi Newspapers has clearly defined the role of its English site. We are determined to try our utmost to regain the public trust that we have lost as a result of this problem.

The Mainichi Newspapers Co., Ltd.

再発防止へ体制強化 深刻な失態 教訓にします

毎日新聞社が英文サイト「毎日デイリーニューズ」(MDN)上のコラム「WaiWai」に不適切な記事を掲載し続けたことは報道機関として許されないことでした。日本についての誤った情報、品性を欠く性的な話題など、国内外に発信するにはふさわしくない内容でした。多くの方々に不快感を与え、名誉を傷つけ、大変なご迷惑をおかけしたこと、同時に毎日新聞への信頼を裏切ったことについて、深くおわびいたします。まことに申しわけありませんでした。

内部調査の結果、問題のコラムは掲載の際にほとんどチェックを受けず、社内でも問題の大きさに気づかずにいたことがわかりました。何度もあった外部からの警告も放置していました。いずれも深刻な失態であり、痛恨の極みです。これに関連して関係者を内規に従い、厳正に処分しました。

毎日新聞社は紙面の品質を維持するため社内に紙面審査部門を置き、有識者による第三者機関「開かれた新聞」委員会を設置して紙面の質向上に努めてきました。しかし、英文サイトで起きた今回の問題には目が届きませんでした。品質管理の仕組みが不十分でした。海外にニュースを発信する英文サイトの役割について十分な位置付けができていませんでした。

今回、内部調査の結果や皆様からのご意見も踏まえて再発防止のための措置を決めました。

MDNを刷新するのは、海外に向け正しい日本理解の素材を発信するサイトとして立て直すためです。また、今回のような配慮のないコラムが掲載され続けたのは、チェック体制の欠陥に加え、女性の視点がなかったことも一因という反省から、新たな編集長には女性を置くことにしました。アドバイザリーグループの新設も記事内容に対する適切な助言を得るためです。

「WaiWai」は既に閉鎖しておりますが、過去の記事を転載しているサイトなどが判明すれば、事情を説明し、訂正や削除の要請を続けていきたいと思います。

今回、初めて英文サイトについての見解を求めた「開かれた新聞」委員会の委員の方々には貴重なご意見をいただきました。今後も、英文も含めたウェブサイトについて目配りしていただきます。同時に社外からのご意見に対処する仕組みも強化します。

今回、毎日新聞社は、英文サイトをジャーナリズムとしてきちんと位置づけていたのかという姿勢が問われました。この問題で失われた信頼を取り戻すため、全力を尽くす決意です。

毎日新聞社

|

« 防衛省改革 | トップページ | WTO交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防衛省改革 | トップページ | WTO交渉 »