« WTO交渉決裂 | トップページ | 内閣改造(読売新聞) »

2008年8月 2日 (土)

内閣改造

(Mainichi Japan) August 1, 2008

Aso takes over as LDP secretary-general; Ibuki to become Finance Minister

内閣改造:自民幹事長に麻生氏 伊吹氏は財務相に

Prime Minister Yasuo Fukuda met Friday with Akihiro Ota, leader of coalition partner Komeito, and informed him of plans to reshuffle the Cabinet following the appointment of new executives to the Liberal Democratic Party (LDP).

In an attempt to build party unity ahead of the next House of Representatives election, Fukuda met with former LDP Secretary-General Taro Aso the same day to ask him to return to the post. Aso accepted.

Current LDP Secretary-General Bunmei Ibuki will be appointed Minister of Finance. LDP General Council Chairman Toshihiro Nikai and Makoto Koga, chairman of the LDP's Election Strategy Council, will retain their positions.

"I will carry out the role of secretary-general with the help of Koga," Aso said.

Also to retain their posts are Health, Labor and Welfare Minister Yoichi Masuzoe and LDP deputy secretary-general Hiroyuki Hosoda.

"With high crude oil prices and other factors, business conditions will be difficult in the future, and to respond to that, I want a lineup that emphasizes the economy. I want to show my willingness to implement reforms that place importance on consumers and people living in Japan," Fukuda said during his meeting with Ota.

Ota discussed countermeasures for high crude oil prices and a response to the graying society.

"It's important that the reshuffle produces lifestyle-centered reforms and a political attitude that takes care of the weaker members of society," he said.

words:

coalition=連立、連合
reshuffle the Cabinet
=内閣を改造する
In an attempt to
~=~を狙って、~を目的として

ahead of the next House of Representatives election=来るべき総選挙に先駆けて

accepted=受諾した

Minister of Finance=財務省長官、財務相

LDP General Council Chairman=自民党幹事長

chairman=議長

LDP's Election Strategy Council=自民党選挙対策委員会

secretary-general=幹事長

retain=保つ、持ち続ける

Health, Labor and Welfare Minister厚生労働相

LDP deputy secretary-general=副幹事長

to respond to that=それに答えるために、そのために

lineup=顔ぶれ、陣容

emphasizes the economy=経済の回復に主力をおく

implement reforms=改革を推進する、改革を実行する

place=ここでは動詞で使用されている、置く、据える、設置する

countermeasures=対応策、対策

graying society=高齢化社会

lifestyle-centered reforms=ライフスタイルにあわせた改革

political attitude=政策

weaker members of society=社会の弱者

内閣改造:自民幹事長に麻生氏 伊吹氏は財務相に

 福田康夫首相は1日午前、公明党の太田昭宏代表と首相官邸で与党党首会談を開き、午後に自民党役員人事を決めた後で内閣改造を行う方針を伝えた。首相は、次期衆院選に向けた挙党体制を敷くため、麻生太郎前幹事長と午前中に会談し、幹事長就任を要請。麻生氏は受諾した。伊吹文明幹事長は財務相に充てる。古賀誠選対委員長は留任する。

 麻生氏は「古賀さんの力を借りながら、幹事長をやっていきたい」と首相に述べたという。

 また、舛添要一厚生労働相、自民党の細田博之幹事長代理の留任も固まった。

 首相は与党党首会談で「今日、内閣改造をやりたいので協力をお願いする」と要請。その上で「原油高などいろいろ景気の先行きが大変だが、それに対応するため、経済に力を入れた陣容にしたい。消費者、生活者を重視した改革への強い意思を示したい」と述べた。太田氏は原油高対策や高齢化社会への対応を挙げ、「改造により、生活重視の改革、弱者に温かい政治を強く打ち出すことが大事だ」と求め、改造については了承した。次期臨時国会の召集時期などについては話題に出ず、改造後の新体制で協議する。

 麻生氏は幹事長就任に際し、財政政策などで考えが共通する与謝野馨前官房長官の重要ポスト起用を希望したという。また首相と麻生氏は、選対委員長を含む党四役体制を維持することで合意した。

 麻生氏は昨年9月の総裁選で、福田氏と戦って敗れたが、党員投票の総得票数では上回るなど善戦。福田政権発足の際、首相から入閣要請を受けたが断って一線を画し、「ポスト福田」をうかがう有力候補になっていた。

 内閣支持率が低迷する福田首相は、国民的人気のある麻生氏を幹事長として取り込むことで、挙党体制を敷きたい考えだ。福田首相の後見人である森喜朗元首相も、麻生氏の起用を首相に進言していた。

 首相は1日午後、臨時閣議を開いて閣僚の辞表を取りまとめるとともに、自民党の役員会で役員人事の一任を取りつけ、幹事長など党四役を指名する。同日夕には組閣本部を設置し、夜までに福田改造内閣の顔ぶれが決まる。認証式は2日午前10時からで、その後正午過ぎから初閣議が開かれる。町村信孝官房長官は会見で「副大臣は5日、政務官は6日あたりに決まればいいと思っている」と述べた。【犬飼直幸】

毎日新聞 200881日 1144分(最終更新 81日 1717分)

|

« WTO交渉決裂 | トップページ | 内閣改造(読売新聞) »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WTO交渉決裂 | トップページ | 内閣改造(読売新聞) »