« ASPサイト情報投稿用 | トップページ | 格付け会社 »

2008年8月23日 (土)

セルフレジ

(Mainichi Japan) August 23, 2008

Self-service checkouts spreading across supermarkets in Japan

セルフレジ:導入のスーパー増 コンビニなどに拡大も

The number of self-service supermarket checkouts, allowing customers scan and pay for goods themselves, is increasing across Japan, with convenience stores and other retailers also looking to introduce them.

The checkouts work by using bar code information to get product weight as well as price. Customers scan the items and place them in a shopping bag mounted on a set of scales, which checks that the total weight of the bag matches that of the scanned goods. And should there be any problems with the process, common store policy requires one staff member to attend four self-service checkouts.

Aeon introduced self checkouts at 82 stores by the end of fiscal 2007, which expanded to 149 stores by Aug. 20, and the company plans to introduce them at another 50 or so stores by the end of fiscal 2008.

Okuwa, a supermarket operating in the Kansai area, plans to have 44 stores, or about one-third of all its stores fitted with self-service checkouts by the financial year. Other businesses that have started using them this year include Uny Co., Life Corp. and Tokyu Store Corp.

The new checkouts reduce waiting times for those in a hurry, or only needing to purchase a few items, and stores benefit from reduced labor costs.

"They're easy to use, so many elderly people use them, and the ratio of use of self checkouts is good," said a spokesperson for supermarket chain Aeon.

However, the cost of a set of four self-service checkouts is between about 10 million and 15 million yen, roughly two to three times the price of regular checkouts.

"We need to assess whether they are cost-effective," an official at supermarket chain Ito-Yokado said.

Convenience store chains such as Lawson and ampm are set to introduce them on a trial basis, and they look likely to become more widespread in the future.

Words and Phrases:

looking to introduce themそれらのシステムを導入しようとしている

should there be any problems with the process実行の過程で問題がある場合には仮定を表す倒置構文

by the end of fiscal 2008=2008年度までには

reduce waiting times for those in a hurry=急いでいる人たちにとっては時間が節約できる

roughly two to three times the price of regular checkouts=概ね普通のレジのセットにくらべると2倍から3倍の値段がする

cost-effective=ペイする、投資に見合う効果効率がある

are set to introduce them on a trial basis=試験的に採用してみる、つかってみる、システムを導入してみる

look likely to become more widespread in the future=将来はこの無人のシステムが大きく広がっていくであろうと思われる

買い物客が自分でレジを操作して商品の代金を支払う「セルフレジ」を導入するスーパーが増えている。

店側にとっては、人手不足の解消につながるほか、客もレジを待つ時間を短縮できるメリットがあり、コンビニなど他の小売業界にも今後広がりそうだ。

セルフレジは、商品のバーコードを読み取る機械と自動支払機、重量計を一体化したもの。客は商品バーコードを読み取り機にかざした後、重量計の上に置かれたレジ袋に商品を移し、画面に表示された代金を現金やクレジットカードで支払う。バーコードには重さの情報も記録されているため、読み取りをしないままレジ袋に入れると決済がストップし、商品の不正持ち出しを防ぐこともできる。

イオンは、07年度末までに82店舗に導入していたが、8月20日現在149店舗まで拡大、08年度末には更に約50店に追加設置する。関西が地盤のオークワ(和歌山市)も、08年度末までに全店の約3分の1にあたる44店に導入店舗を広げ、ユニーやライフコーポレーション、東急ストアでは今年から新たに設置を始めた。

セルフレジでは、買い物客の手助けと監視を行う従業員を4台ごとに1人置くのが一般的で、人手不足に悩む店側は余った人員を接客など別の業務に回せる。また、買う商品の数が少なかったり、急いでいる時に、レジ待ちの行列に並ぶ必要がなくなり、客の利便性も向上する。イオンは「操作は簡単で高齢者の利用も多く、セルフレジの利用率は好調」と話す。

一方、セルフレジは4台1セットで1000万~1500万円と、通常の対面式レジより2~3倍の費用がかかるため「コストに見合った効果があるか見極めが必要」(イトーヨーカ堂)と設置に慎重な企業も多い。ただ、ローソンやエーエム・ピーエムなどのコンビニで試験導入の動きもあり、普及が進みそうだ。

【小倉祥徳】

毎日新聞 2008822日 1903分(最終更新 823日 010分)

|

« ASPサイト情報投稿用 | トップページ | 格付け会社 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASPサイト情報投稿用 | トップページ | 格付け会社 »