« 終戦記念日 | トップページ | 今朝のアド »

2008年8月16日 (土)

石井金メダルおめでとう

(Mainichi Japan) August 15, 2008

Satoshi Ishii takes heavyweight judo gold at Beijing Olympics

五輪柔道:「勝利にこだわる」…石井が有言実行の金

BEIJING (AP) -- Satoshi Ishii won Japan's fourth gold medal as the Olympic judo competition ended Friday, defeating Uzbekhistan's Abdullo Tangriev in the men's over 100-kilogram division.

Ishii, making his Olympic debut, went ahead on points and held on to the bell as Tangriev fought a defensive match and failed to mount any serious offensives.

Ishii took the lead with a koka point, and nearly ended it with 1 minute, 30 seconds left when he executed a sweep that narrowly failed to fall his opponent. He got a yuko to widen the margin and Tangriev could find no room to fight back.

Winning bronze were Cuba's Oscar Brayson, who defeated Mohammad Reza Rodaki of Iran, and France's Teddy Riner, who pinned Georgia's Lasha Gujejiani.

Judo awards two bronze medals in each weight class.

Words and Phrases:

defeating=打ち破る、打ち負かす、やっつける

fought a defensive match=守りに徹した戦いをする

failed to mount any serious offensives=積極的な攻撃をしかけることが出来なかった

he executed a sweep that narrowly failed to fall his opponent=(終了間際に)すばやい技で相手を倒そうとしたが(完全には)決まらなかった

got a yuko=(柔道の)有効ポイントを得た

widen the margin=(勝利のための)幅(可能性)をひろげる

no room to fight back=(戦況を逆転するための)手段を失った

Judo awards two bronze medals in each weight class=オリンピック柔道では各クラスで2名に銅メダルを授与する

昨秋に「一番強いとされる階級で勝負したい」と、100キロ超級に階級を上げ、井上康生ら経験豊かな強豪を押しのけて北京行きを決めた石井。「金メダルを取って帰る。自信はある」と宣言した初出場の21歳が、その発言を実現させた。

「一本勝ち」の追求を理想とする日本柔道界にあって、石井は「勝利にこだわる」と公言してはばからない。「きれいに一本を決めたいとか聞くと『芸術家か?』と思う」。奔放でユニークな言動も柔道家には珍しい。

もっとも、決勝を除く4試合はすべて一本勝ちで勝ち上がった。日本柔道の理想像を見せるかのような戦いぶり。国士舘大で指導する斉藤仁・男子監督は「石井は勝つための研究を徹底してやっている。しかし、普段の練習では一本を取る技を磨くことにだれよりも取り組んでいる」と明かす。決勝では一転、指導でリードした後は安全策に徹した。「結果ばかり考えた。これが人間じゃないですか」と笑う。

本格的に柔道を始めたのは中学1年と遅いが、1日8時間もの猛練習で成長した。昨年暮れには大学の事務室に退学届の用紙を取りにいった。事務室から連絡を受けた斉藤監督が詰問すると「退学届がどういうものか見たくて」と返答したが、実際は柔道に打ち込みたい熱意が、その行動につながったようだ。

「ただ、今の柔道で勝ち続けられるほど甘くはない」と大技開発を誓う。前日まで日本男子陣の金メダル数は88年ソウル五輪以来となる過去ワーストタイの1個。「自分は武道家として未熟なので、こういう状況は(経験を積めて)幸福と思った」と考えて重圧と戦った。日本柔道の異端児が最重量級を制し、「本家」の面目を保った。【来住哲司】

毎日新聞 2008816日 136

|

« 終戦記念日 | トップページ | 今朝のアド »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終戦記念日 | トップページ | 今朝のアド »