« 磁気ネックレス | トップページ | ポイントサイト »

2008年8月12日 (火)

ライス米国務長官より

(Mainichi Japan) August 11, 2008

Rice says Washington will delay removing Pyongyang from list of terrorism sponsors

テロ指定解除:ライス米国務長官、先送り表明

U.S. Secretary of State Condoleezza Rice told Foreign Minister Masahiko Komura in telephone talks on Monday that Washington will not remove North Korea from its list of state sponsors of terrorism on Monday as scheduled, government officials said.

In the 10-minute talks, Komura pointed out that the system to verify that North Korea has abandoned its nuclear program has not been established, and asked if the United States will postpone removing Pyongyang from its list of state sponsors of terrorism from Monday.

Rice reportedly answered in the affirmative. However, she stopped short of mentioning the timing of removing the secluded state from the list, according to officials.

Words and Phrases:

list of state sponsors of terrorismテロ支援国家指定のリスト

as scheduled=予定通りに

postpone removing Pyongyang from its list of state sponsors of terrorismテロ支援国家指定解除を延期する

reportedly=伝えられるところによれば、報道によれば、聞くところによれば

in the affirmative=肯定的な、積極的な、賛成の

stopped short of mentioning=~については言及を避けた

高村正彦外相は11日午前、ライス米国務長官と電話で約10分間協議した。米国の北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除をめぐり、高村外相が「核の検証体制が整っていない。11日はないと理解していいか」と確認したのに対し、ライス長官は「そう理解してもらってよい」と述べ、11日中の解除はないと明らかにした。ライス長官は今後の指定解除のめどなどには言及しなかったという。

南オセチア情勢については、ライス長官が「日本も役割を果たしてほしい」と要請。高村外相は「ロシア、グルジア両国に働きかけている」と応じ、日米両国が連携して暴力停止を働きかけていくことで一致した。【鵜塚健】

【関連記事】

米国:北朝鮮テロ指定解除延期強まる 核検証案未回答で

ライス長官:北朝鮮テロ指定解除は「核検証計画で判断」

南オセチア紛争:米露、安保理で非難合戦

毎日新聞 2008811日 1340分(最終更新 811日 1419分)

|

« 磁気ネックレス | トップページ | ポイントサイト »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磁気ネックレス | トップページ | ポイントサイト »