« 景気後退 | トップページ | 社会保障カード »

2008年8月17日 (日)

中村銅メダル

(Mainichi Japan) August 16, 2008

Nakamura takes second bronze for women's 200m backstroke

五輪競泳:中村礼子が銅 女子二百背

BEIJING -- Swimmer Reiko Nakamura won the bronze medal in the women's 200-meter backstroke at the Beijing Olympic Games on Saturday, achieving the feat in two consecutive Olympics and setting a new national record time.

Nakamura, 26, finished third in the event in 2:07.13, to win Japan's third-ever medal in the event, including the bronze medal won by Miki Nakao at the Sydney Olympic Games in 2000.

"I expected the race to be very competitive, but I committed myself to keeping calm and doing my own race," Nakamura said after the competition.

"Now that I could largely renew my own record and win the medal that I had aimed at, I'd like to thank people who cheered me and supported me. I learned the importance of challenging," she said.

Nakamura is only the second Japanese female competitive swimmer to win two-straight Olympic medals, following Hideko Maehata, who won the silver medal at the 1932 Los Angeles Olympics and the gold medal at the 1936 Berlin Olympics.

Nakamura was a favored medal candidate after she recorded a national record time of 2:08.21 and finished fourth during the semifinal of the event on Friday.

Kirsty Coventry of Zimbabwe won Saturday's final, setting a world record of 2:05.24.

Words and Phrases:

won the bronze medal銅メダルを獲得した

women's 200-meter backstroke=女200メートル背泳

achieving the feat in two consecutive Olympics二年連続のオリンピックでメダル獲得の偉業を成し遂げた

setting a new national record time=日本新記録を樹立した

competitive=競争が激しい

I committed myself to keeping calm and doing my own race=落ち着いて自分のレースをすることができた

that I had aimed at=私が目標としていた、狙っていた

cheered=応援する(過去形)

challenging=挑戦、チャレンジ

following Hideko Maehata=前畑秀子に続いて

favored medal candidate=メダル獲得が有望視されている選手

【北京・堤浩一郎】北京五輪は第9日の16日、当地で競泳女子二百メートル背泳ぎの決勝を行い、04年アテネ五輪の銅メダリスト、中村礼子(26)=東京SC=が、2分7秒13の日本新記録で3位となり、銅メダルに輝いた。この種目で日本選手がメダルを獲得したのは、00年シドニー五輪銅の中尾美樹と合わせ3個目。また、競泳日本女子勢の五輪2大会連続メダルは、二百メートル平泳ぎの前畑秀子(32年ロサンゼルス銀、36年ベルリン金)以来、2人目の快挙。日本の競泳女子では最年長メダリストになった。優勝は2分5秒24の世界新をマークしたカースティ・コベントリー(ジンバブエ)だった。

中村は15日に行われた準決勝で、2分8秒21の日本記録をマーク。全体4位で決勝進出を決め、メダル獲得の期待が高まっていた。中村はアテネ五輪の二百メートルで、2分9秒88の同タイムでドイツ選手とともに銅メダルを獲得している。

日本競泳陣のメダル獲得は、男子平泳ぎ2種目を制した北島康介(日本コカ・コーラ)、男子二百メートルバタフライの松田丈志(ミズノ)に続き4個目で、女子は初めて。

▽中村礼子の話 すごくハイレベルな戦いになると思っていたが、落ち着いて自分のレースをしようと心掛けていた。自己記録も大幅に更新できたし、目標のメダルも取れたので、応援し、支えてくれた方々に感謝したい。チャレンジすることは大切だと学んだ。

毎日新聞 2008816日 1112分(最終更新 816日 1218分)

|

« 景気後退 | トップページ | 社会保障カード »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 景気後退 | トップページ | 社会保障カード »