« 本日到着のアド 2008-08-18 | トップページ | インターネットサービスプロバイダー »

2008年8月19日 (火)

被爆体験

(Mainichi Japan) August 18, 2008

Hibakusha: Passing the peace torch to American high school students

被爆者: 平和への思いをアメリカンスクールの生徒たちに

Tsutomu Yamaguchi comes near to tears while talking about his experiences both in Hiroshima and Nagasaki before a group of American high school students in Nagasaki on July 5, 2008.

75日長崎のアメリカンハイスクールで被爆者の山口勤(漢字未確認です)さんが体験談を涙ながらに生徒たちに伝える。

When 92-year-old Tsutomu Yamaguchi* walked into the room on trembling legs, leaning on a cane, about 40 high school students from the United States greeted him with hearty applause.

92歳になる山口勤さんが震える脚をひきずり、杖をつきながら部屋に入って来たときに、約40名の生徒たちは暖かい拍手で山口さんを迎えた。

"Thank you for coming all the way from America to see me," said Yamaguchi, almost tearful with emotion.

『遠く離れたアメリカからようこそいらっしゃいました』、涙ながらに話しをする山口さんであった。

This was on July 5 at the Nagasaki National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims, located near Nagasaki's ground zero. The students had been sent to Japan as part of an American NPO project and were there to hear the story of Yamaguchi, a twice-over bomb victim at both Hiroshima and Nagasaki.

75日、ここは被爆犠牲者を追悼するための長崎平和記念ホールで爆心地の近くに位置している。

これらの生徒たちはアメリカのNPOプロジェクトの活動の一環としてアメリカから日本に送られてきたもので、山口さんの広島と長崎における2回の原爆体験を聞くために集められた。

"Please think deeply about the people who were indiscriminately vaporized in a matter of seconds. Please think about the importance of peace." Yamaguchi seemed to be recalling the devastation of that day when he faltered as he spoke, sometimes allowing a moan or a sob to escape.

『無差別に全く瞬時に命を奪われた人々のことを深く考えてほしい。平和の尊さを考えて欲しい。』 と、山口さんはときどき声をつまらせながらあの日の悲惨な状況を思い出しているようであった。

He felt a need to come to this place; he must have told himself that the best way to make a difference would be to speak to people from the United States, the only nation that has ever used an atomic bomb and the greatest nuclear power in the world. He believed strongly that Japanese and Americans are part of the same humanity and can talk to each other.

山口さんは個々に来て人々に体験を語る必要性を感じていた。人類史上はじめて原爆を投下して多くの人々の命を奪った国、アメリカの人々の前で山口さんの体験を語り継ぐことが一番大切で効果的な方法であると感じていたからだ。

山口さんはアメリカ人も日本人も同じ人間、話せばわかると理解している。

After the talk, a 17-year-old girl walked up to him and asked to shake his hand. "I'll go back to America and tell people what you have told us," she said. Yamaguchi was so overcome with emotion that the girl momentarily had to support him in a hug. People clapped and some of the students had tears in their eyes.

山口さんは講演の直後、17歳のアメリカンスクールの女学生が歩み寄ってきて、山口さんとの握手を求めた。『アメリカに戻ったら、今日山口さんが話されたことをアメリカの人々に伝えます』と語った。

山口さんはこの女生徒が山口さんを抱きしめたときに胸を熱くした。

人々(生徒たち)は盛大な拍手を山口さんにおくった。生徒の数人は感動して涙を流していた。

Yamaguchi's memories will surely be carried back across the Pacific. "You have passed the torch of peace on to us," the girl assured him.

山口さんの体験(思い出)は世界中に伝えられることであろう。

『あなたは平和のトーチを私たちに与えてくれました』 と、女性とは確信していた。

* Tsutomu Yamaguchi: 92 years old. Engineer at Mitsubishi Heavy Industries shipbuilding plant at time of attack. Encountered atomic attack in city of Hiroshima while on business trip. Badly burned on upper left torso. Returned to Nagasaki and encountered second attack while reporting to superior at work on devastation at Hiroshima.

山口勤さん、92歳、三菱造船の技術者(被爆当時)、

広島で被爆、広島出張中の出来事であった。

体の左半分に大きなやけどを被った。

すぐに長崎にもどり広島の惨状を会社の幹部たちに報告中2度目の原爆を受けた。

Translated into English by Srachai from Khonkaen, Thailand.

|

« 本日到着のアド 2008-08-18 | トップページ | インターネットサービスプロバイダー »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日到着のアド 2008-08-18 | トップページ | インターネットサービスプロバイダー »