« テロ指定解除 | トップページ | 株価暴落 »

2008年10月13日 (月)

夫婦別寝室のトレンド

(Mainichi Japan) October 10, 2008
Older couples giving each other space with separate bedrooms
夫と、妻と、一緒に寝てますか。

Among middle-aged and elderly couples, the old practice of lining up the pillows next to each other is out, and separate bedrooms are in. While some couples are predictably blaming this shift on a cooling relationship, many are describing it more as a lifestyle readjustment, and trends in new home construction and renovation are starting to reflect this.
(老後は夫婦別室で寝るのがトレンド?スラチャイはこのトレンドにはついていけません。
妻はタイ人ですが、やはり寝るときくらい一緒にすごさなくちゃね! by srachai)

Mitsui Home Remodeling Co.'s Lifestyle Labo conducted an internet opinion poll on the practice last autumn, quizzing 480 men and women between their 30s and 60s. Around 40 percent of men in their 60s, 40 percent of women in their 50s, and almost half the women in their 60s said they slept separately. Snoring was the most common reason given, although different lifestyle patterns and wanting time for themselves were also common responses. And while around 62 percent of respondents said they reached the decision as a couple, of the remainder, 25 percent said the idea was first proposed by the lady of the house, compared to just 9 percent saying the man.
(ご主人のいびきが主な原因、それと新しいライフスタイルを追求するため。スラチャイは古いスタイルで満足しています。)

After 34 years of living together in their Chiba home, business consultant Kensaku Hasegawa, 64, and his 59-year-old wife Mitsuko had separate bedrooms built during their renovation two years ago. Their three requests to builders were: no more sleeping on the second floor, and move all aspects of day-to-day living to ground level; separate early bird Kensaku's bed and night owl Mitsuko's futon, but still keep a sense of harmony; and, keep Kensaku's room close to the bathroom.
(2階に寝室を設けない、一階で日常生活のすべてをまかなう、寝室は別室とする)
(ちょっと淋しいんじゃないですか?by srachai)

Again, snoring was a major factor in the decision to separate their rooms, but as Kensaku had also suffered a mild stroke, Mitsuko wanted things so that she would notice straight away if it happened again, so the couple's rooms are separated only by a sliding door.
(寝室はうすい間仕切で。ちょっと安心しました。ご主人は脳梗塞の恐れがある)

For Kensaku, the new layout brings back the sense of freedom he had when he first worked away from home. "He's sleeping nearby so I can keep an eye on him, but I don't get disturbed," adds Mitsuko.
(ご主人…寝室を別室にして新しい発見、自由を手に入れた。)

"People were probably sleeping separately before, but it has this image of discord that makes it hard to talk about. But the number of couples who can proudly declare 'We sleep separately' has increased over the last year or two," says Lifestyle Labo chief Kyoko Nishida. "It would be better if people stopped thinking about separate bedrooms in terms of good or bad, and more whether it fits their lifestyles and circumstances."
(この2~3年、夫婦の寝室を別室にする人が増えている。スラチャイは夫婦同室派)

夫と、妻と、一緒に寝てますか。

 ◆夫と、妻と、一緒に寝てますか。

 ◇適度な距離感とって--「別寝」リフォーム、関心高まる
 中高年夫婦を中心に、これまで枕を並べて寝ていた習慣を改め、寝室を別にするスタイルへの関心が高まっている。「仲が冷えたから」という夫婦もいるが、多いのはむしろ“発展的解消”。住宅業界では「夫婦別寝(べっしん)」という用語も積極的に使われ始め、戸建て、マンションにかかわらずリフォームや新築物件が増えつつある。

 ●「様子は分かる」

 千葉県に住む経営コンサルタントの長谷川謙作さん(64)、学習教室講師の美都子さん(59)夫婦=ともに仮名=は一昨年夏、結婚時に建てた築34年の自宅のリフォームで別々の寝室を作った。

 設計に当たり、リフォーム会社に注文したのは主に(1)2階で寝るのをやめ、1階で日常生活が完結するようにしたい(2)早寝早起きでベッド派の謙作さんと宵っ張りで布団派の美都子さんの寝室を分けるが、気配は感じ合えるように(3)トイレが近くなってきた謙作さんに配慮した間取りに--の3点。

 謙作さんはいびきが大きく、それが別寝を選んだ大きな理由だったが、軽い脳梗塞(こうそく)を患った経験があることから、「もしもの時、すぐ気付けるように」(美都子さん)部屋は隣接させ、引き戸で仕切るだけにした。

 実際に寝室を分けてみて--。謙作さんは単身赴任時代に覚えた「一人で寝る解放感」を再び満喫している。それでも、引き戸を閉め切ることはあまりなく「早起きしてパソコンをいじったりする時は光と音が漏れないようにそっと閉めている」。一方、美都子さんは「近くで寝ているので何となく夫の様子は分かる。かと言って睡眠を邪魔されることはない」と適度な距離感が気に入っている。

 ●相手への配慮から

 三井のリフォーム住生活研究所(東京都)は、客からこうした要望が増えてきたことから昨秋、「夫婦の適度な距離感」をテーマに意識調査を行った。インターネットで30~60代の男女計480人に尋ねたところ、別寝派は全体で約3割いた。年齢別にみると男性では60代で4割、女性は50代で4割、60代だと5割近くに達した。「別寝のきっかけ・理由」は「いびきなどの不満」が上位に入ったものの、「生活リズムの違い」や「一人の時間がほしい」など相手への配慮や生活の質の向上のための前向きな答えも多かった=グラフ参照。また「別寝を言い出したのはどちら?」への答えでは「どちらからともなく」が62%を占めた。ただし「男性から」が9%だったのに対し、「女性から」は3倍近い25%あった。

 同研究所の西田恭子所長は「夫婦別寝は以前からあったはずだが、不仲のイメージがあって他人には言いづらかったのでは。『うちは別寝』と堂々と言う人が増えてきたのは、ここ1、2年。これからは別寝を良い悪いと決めつけてしまうのでなく、ライフスタイルや事情に応じて選べばいい」と話す。さらに「人生のステージに応じて見直せばいい」とも。心筋梗塞などの突然死は就寝中の発生が最も多い。別寝の夫婦でも70歳を超えると健康への不安から再び同寝室に戻る傾向があるという。【丹野恒一】

毎日新聞 2008年10月6日 東京朝刊

|

« テロ指定解除 | トップページ | 株価暴落 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テロ指定解除 | トップページ | 株価暴落 »