« 汚染ハム販売 | トップページ | 衆院解散先送り »

2008年10月31日 (金)

追加経済対策

(Mainichi Japan) October 30, 2008

2 trillion yen in household benefits, cheaper expressways part of new stimulus package

追加経済対策:株買い取り拡大 雇用保険料率0.8%に下げ--財政支出5兆円規模

A total of 2 trillion yen in household benefits and unlimited use on expressways for 1,000 yen on weekends are part of the government's latest plans for additional economic stimulus measures.

The government and the ruling coalition on Wednesday compiled the final draft of additional economic measures in a bid to combat the worsening economy and global financial crisis. Prime Minister Taro Aso officially announced the steps on Thursday.

Based on the plans, the ruling Liberal Democratic Party and coalition partner Komeito will shortly devise the second supplementary budget draft for fiscal 2008 to facilitate the additional economic measures and will ask the government to submit the budget draft to the current Diet session.

The government and the ruling coalition will also consider extending the current Diet session, slated to close at the end of November, as opposition parties are likely to demand thorough deliberations on the budget draft and prolong the discussions.

The planned additional measures will require total government spending of nearly 5 trillion yen, largely surpassing that of the 2 trillion yen economic stimulus package decided by the government at the end of August. However, the latest plan will clearly state that the additional economic measures will not rely on the issuance of deficit-covering bonds as their financial source.

Under the planned measures, a total of 2 trillion yen in benefits will be made available to all households in the form of cash or coupons through local governments. The amount of benefits to be distributed to each household will be further discussed. The plan is a substitute for the originally planned fixed-rate income tax cuts.

The planned measures will also enable unlimited use of expressways for 1,000 yen on weekends and national holidays for users of the electronic toll collection (ETC) system. If approved, the discount tolls will be applied from sometime in fiscal 2008 to fiscal 2010.

As part of other measures, the Banks' Shareholdings Purchase Corp. (BSPC) and other public institutions may purchase large quantities of stocks. BSPC has so far purchased about 1.6 trillion yen worth of mutual shares between banks and business corporations since its establishment in 2002 until April 2006. The ruling coalition is considering further expanding the role of the BSPC and enabling it to purchase up to 10 trillion yen worth of shares.

Also planned is a reduction in the premium rate of employment insurance, from the current 1.2 percent of annual income (in equal shares by employer and employee) to 0.8 percent in fiscal 2009. That will reduce the monthly premium for an employee whose salary is 300,000 yen a month from 1,800 yen to 1,200 yen.

 政府・与党は29日、景気悪化や金融危機に対応した「追加経済対策」の最終案をまとめた。全世帯を対象に総額2兆円の給付金を支給するほか、新たに株価下支え策として公的機関による大規模な株式買い取り策を検討する方針を盛り込む見通し。雇用保険の年収に対する保険料率(現行1・2%、労使折半)を09年度は0・4ポイント引き下げて0・8%に軽減し、高速道路料金の引き下げも盛り込む。国の財政支出は5兆円弱と、政府が8月末に決めた経済対策(約2兆円)を大きく上回る。事業規模も20兆円に達する見通しだ。財源として赤字国債を発行しないことを明記する。

 麻生太郎首相が30日正式発表する。自民、公明両党は、中小企業対策などを中心に裏付けとなる08年度第2次補正予算案を早期に編成し、今国会に提出するよう要請する。野党側の徹底審議方針で難航も予想され、政府・与党は11月末に迫る今国会会期の大幅延長も検討する。

 銀行等保有株式取得機構などを活用した大規模な株式買い取り案は、株価急落を受けて急きょ盛り込まれる方向となった。02年設立の同機構は政府保証付き借り入れで調達した資金で、06年4月までに銀行と事業会社の持ち合い株約1・6兆円分を購入した実績がある。政府は同機構による株式買い取りを再開・拡大する方針。

 失業手当などを給付する雇用保険の保険料率軽減で見込まれる所要財源6400億円は、約5兆円(08年度)を見込む同保険の積立金を充てる。従業員負担分の保険料率軽減幅は0・2%で、月収30万円の人の場合、月額保険料が1800円から1200円になる。

 高速道路料金の引き下げは、休日(土日祝日)に1回1000円で「走り放題」にする割引の導入などが柱。08年度中に始め、10年度まで続ける予定だ。対象は、自動料金収受システム(ETC)の利用者。目玉の「2兆円支給」は当初、定額減税とする方針だったが、早期実現を優先し、現金かクーポンによる給付に変更。99年の「地域振興券」(原則1人2万円)をモデルに所得制限を設けず、市町村を通じて支給する。世帯当たりの額などは今後詰める。【堀井恵里子、清水憲司】

==============

 ◆政府の追加経済対策の概要◆

 <生活者支援>

・所得制限なく全世帯に総額2兆円給付

・介護、雇用、少子化対策の各種基金設立

・雇用保険料引き下げで労使負担軽減

・非正規雇用者の正規雇用化支援

・過去最大規模の住宅ローン減税

 <金融・経済対策>

・銀行等保有株式取得機構などを活用した大規模な株式買い取りの検討

・金融機関への予防的公的資金投入を可能にする金融機能強化法の復活

・信用保証制度の大幅拡充による中小企業の資金繰り支援徹底

・中小企業の軽減税率の時限的引き下げ

・省エネ投資促進減税

 <地域活性化>

・道路特定財源から1兆円を地方財源に

・高速道路料金の大幅値下げ

・地方自治体に「地域経済対策臨時交付金」

 <財源・その他>

・赤字国債は発行せず、特別会計の準備金などを活用

・社会保障の安定財源確保へ消費税を含む税制改革中期プログラム策定

毎日新聞 20081030日 東京朝刊

|

« 汚染ハム販売 | トップページ | 衆院解散先送り »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 汚染ハム販売 | トップページ | 衆院解散先送り »