« バブル後最安値 | トップページ | イージス艦情報漏えい »

2008年10月29日 (水)

金融危機どう対処する?

(Mainichi Japan) October 28, 2008

Economic crisis sounds the death knell for market fundamentalism

社説:視点・金融危機 市場を制御できる経済を築こう

The global financial crisis that stemmed from the U.S. has become an economic crisis, and, as funds flow around the world, the assumption that healthy nations are still safe is starting to come into question.

 米国に端を発した世界的金融危機は、経済危機の様相さえ帯びてきた。資金が世界中を流れ回っていることを考えれば、いま元気にみえる国も、安全ではないことは容易に想像できる。

Just 18 months ago, a meeting of the Group of Seven finance ministers and central bankers described the global economic boom as one "that hadn't been experienced in decades."

 たった1年半前には、先進7カ国の財務相や中央銀行総裁が、世界経済の状況を数十年来なかったことと自賛していた。

This optimism was based on the success of economic neoliberalism. They maintained that ballooning budgets and government intervention in economic activities would discourage economic dynamism, and encouraged a "small government" system instead. The idea of neoliberalism holds that avoiding public intervention results in the optimum allocation of resources through market forces, which in turn leads to self-sustaining economic growth.

 こうした楽観論を支えてきたのが新自由主義に立脚した経済学だ。財政の肥大化や、政府による経済活動や市場への介入は経済活力をそぐと主張し、小さな政府政策を推進した。公的介入が撤廃されれば、適正な資源配分が実現し、自律的な経済成長にもつながるというのだ。

In the U.K. and U.S., the Thatcher and Regan administrations pioneered the small government approach, with deregulation and privatization as two of their main pillars. This method gained momentum from the mid-90s.

 英国のサッチャー政権や米国のレーガン政権が先駆けで、規制緩和、民営化などを柱とした「小さい政府論」は90年代以降さらに勢いを増した。

But now, following the American housing bubble collapse, the economic system that humankind has been so proud has revealed its Achilles' heel: an uncontrollable market.

 しかし、米国の住宅バブルが崩壊したいま、制御不可能な市場を人類の成果であるがごとく誇ってきた経済システムの欠陥は明白になった。

The immediate priority is to prevent the financial and economic crisis from turning into a global depression, and an emergency world summit was called to discuss step to achieve this. Nevertheless, any measures adopted will only be a temporary remedy: we need to understand the fundamentals of the new economic paradigm that is emerging and ensure that it can withstand future irrational market runs.

 当面は、金融危機や経済危機が世界的な恐慌に深まらないよう、パッチワーク的な対策を講じていかざるを得ない。緊急世界首脳会議もその一環とみることができる。ただ、そうした対策は急場しのぎに過ぎない。その後に、どのような経済の姿を描くのかが大事である。具体的には市場の暴走を制御できる経済システムへの転換である。

The market mechanism is needed for the smooth functioning of the economy, and speculation is also necessary for broad support of investment. We also have to recognize the utility of hedging against market risk; and moreover, that of transparency, which is vital for the market to work effectively.

 市場が経済活動を円滑に進めていく上で、不可欠の装置であることは間違いない。投資を広く支えていくためには投機も欠かせない。市場での損失を回避するリスクヘッジ機能も認めなければならない。市場が有効に働くためには、透明性が高くなければならない。

The most serious problem of market fundamentalism is that it regards governments and finances as opponents of the market, and holds that optimum results are gained by leaving everything to the market.

 市場原理主義といわれる新自由主義的経済政策の最大の問題点は、政府や財政を市場と対立的にとらえてきたことだ。市場に任せれば、最適の解決策が得られるという錯覚に染まっていたといっていい。政府や規制はその障害という考え方だ。

Nevertheless, governments, as well as markets, make mistakes, and in this age of globalization they can ripple around the world in an instant. And with hedge funds being appraised as the ideal speculation product, the effects of a crisis are prone to spread even more rapidly.

 しかし、政府のみならず市場もしばしば失敗を犯す。しかも、グローバリゼーションの時代には、その失敗が瞬時に世界に広がる。リスクヘッジのための商品が格好の投機商品ともてはやされ、危機の連鎖はより起こりやすくなっている。

This is not a normal economy. In fact, neoliberalist economic policy has already been described as "anachronistic" by this year's Economics Nobel Paul Robin Krugman, professor at Princeton University, and a move towards a new economic system, where governments and financial supervisory agencies can control the market, is essential. (By Eietsu Imamatsu, Editorial Writer)

 これは正常な経済とはいえない。新自由主義的経済政策の無政府性は今年のノーベル経済学賞受賞者であるクルーグマン・プリンストン大教授も指摘している。政府や金融監督当局が市場を制御できる経済システムへの組み替えが必要なのだ。(論説委員 今松英悦)

毎日新聞 20081027日 010

|

« バブル後最安値 | トップページ | イージス艦情報漏えい »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バブル後最安値 | トップページ | イージス艦情報漏えい »