« 柔道ランク制 | トップページ | アントニオ猪木グッズ »

2008年11月16日 (日)

衆院解散来春以降に

(Mainichi Japan) November 15, 2008

Aso hints at delaying Lower House dissolution until at least next spring

麻生首相:衆院解散は来春以降に先送り示唆 予算成立優先

(日本文は英文の完全な対訳にはなっていない。日本文のほうがより詳しい表現となっているので注意 by srachai)

WASHINGTON -- Prime Minister Taro Aso hinted Friday that he might wait until at least next spring, after the initial budget plan for fiscal 2009 is passed, before dissolving the House of Representatives for a general election.

Speaking to reporters at a hotel in Washington, Aso said, "When considering economic measures, I think launching the budget within the fiscal year is a very important element." The comment suggests Aso will give the budget priority over dissolution of the Lower House.

 【ワシントン高塚保】麻生太郎首相は14日昼(日本時間15日未明)、ワシントン市内のホテルで同行記者団に対し、衆院の解散時期について「景気対策を考えたら、予算はきちんと年度内にスタートさせるというのは、すごく大事な要素だと思う」と述べ、09年度当初予算案の年度内成立を優先し、予算案成立後の来春以降に先送りする意向を示唆した。

Aso mentioned that the passing of the fiscal 1994 budget was delayed until June under the Cabinet of former Prime Minister Morihiro Hosokawa, and said, "It was that time that decisively worsened the economy." He stressed that the initial budget plan needed to be passed within this fiscal year for the benefit of the economy.

 首相は、細川内閣時代、94年度予算の成立が、同内閣退陣後の同年6月末までずれ込んだことについて触れ、「景気を決定的に悪くしたのはあの時だ」と指摘。景気対策のためには当初予算の年度内成立が必要と強調した。

However, the prime minister also suggested that the timing of the dissolution of the Lower House could change, depending on the position of the opposition parties.

 ただ、首相は「(与野党が)ぶつかってどうにもこうにもならない場合、いろんなことが考えられると思う」とも語り、野党の対応次第では解散時期が変わる可能性も示唆。

"If we (the ruling coalition and opposition) clash and the situation is going nowhere, then I think there could be various scenarios," he said. He also said there was a possibility the Lower House could be dissolved at the commencement of the regular Diet session in January next year.

「1月に施政方針演説を行い、冒頭(解散)ということだってある」と述べ、来年1月召集の通常国会冒頭で解散する可能性にも言及した。

Aso did not rule out the possibility of presenting a secondary supplemental budget plan, which provides backing for additional economic measures, within the current Diet session.

 追加経済対策の裏づけとなる第2次補正予算案を今国会に提出する可能性については、「決してないわけじゃない。(景気対策への)期待があるから、なるべく早い方がいいと私自身は思う」と語った。

"There are expectations for it and I personally think the sooner the better," he said. However he added that the plan had not been decided yet and that he planned to discuss the issue with Liberal Democratic Party Diet Affairs Committee chairman Tadamori Oshima when he returned to Japan.

ただ、「大島(理森)国対委員長と(日本に)帰って話をすることにしているので、まだこの案でいこうとか決めているわけではない」と述べ、今国会での法案の成立状況などを踏まえて最終判断する考えを示した。

 定額給付金の所得制限の有無で市町村側が混乱していることに関しては、「(隣接する)首長同士で話し合って決めればいい」として、自主判断に任せる方針を強調した。

Speaking on the location of the global financial summit, Aso suggested that Japan would be an appropriate place to hold a second summit.

"Half the world's population lives in the area that includes China, India, Indonesia, South Korea and Australia, and from its position in Asia, I think Japan would be an appropriate place if it comes time to hold another summit," Aso said.

 第2回の金融サミット開催地については「もう1回やるという時になったら、中国、インド、インドネシア、韓国、オーストラリア含めてこの地域だけで世界人口が半分いるので、アジアでという意味から、日本が開かれる場所としてふさわしいと思う」とし、日本での開催に意欲を示した。

 日本は主要国首脳会議(サミット)議長国を務めており、首相は第1回金融サミットの日本開催を働き掛けた経緯がある。

毎日新聞 20081115日 1049分(最終更新 1115日 1256分)

|

« 柔道ランク制 | トップページ | アントニオ猪木グッズ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柔道ランク制 | トップページ | アントニオ猪木グッズ »