« リニア新幹線 | トップページ | 日銀利下げ決定 »

2008年11月 1日 (土)

愛される麻生首相

(Mainichi Japan) October 31, 2008

Trash talk over tax rebate won't endear Aso to anyone

(国民から愛される麻生首相となるためには税金の払い戻しだけでは不十分)


Among certain tribes of Native Americans, there is a traditional feast ceremony known as a potlatch, a festival of food and gifts held by the chief of a tribe for his guests. The feast also serves to determine social rankings by the amount of food, gifts and performances given: the goal of the feast is to overwhelm rivals with generosity.
generosity /dsènirsiti|-rs-/

1 物惜しみしないこと,気前のよさ;寛大,雅量 

Songs and dances make up part of the festivities, with the lyrics of one song, sung by the host, reading thus: "I am a single great tree. I am the first to give you wealth, my people. I am your eagle."

(わしはたった1本の偉大な木だ…、私をあなたを守る鷲…)

In her book "Patterns of Culture" (Kodansha Gakujutsu Bunko), anthropologist Ruth Benedict explains that the chief's song is aimed not only at building himself up, but mocking his guests for not holding a similar feast, turning the whole affair into a struggle for superiority.

mock /mk|mk/

曠曦

1 …をあざける,あざ笑う,ばかにする.

A total of 2 trillion yen is to be doled out to Japanese households, a plan forming the pillar of the government's additional measures against the current economic chaos. Each household will be given an average of 38,000 yen, so some may find this policy a blessing. And this generous feast will be covered by deposits from a special account, the so-called "buried gold."

dole1 /dóul/

1 施し物;(特にわずかな)分配;the ~》《英》失業手当[給付](《米》welfare)
draw [go on] the ~  失業手当を受ける.

2 《古》運命.

━ 曠曦《略式》…を(少しずつ)(人に)与える;分けてやる《 out/to... .[1]

Of course, the source of this lavish spending is not really mysterious buried gold, but the treasure of the people. We might be happy to recover some of our taxes, but will this be the most effective way to support the economy? Or won't it just be eating up future resources?

lavish /lviq/

1 〈人が〉気前のよい,ぜいたくな,(…を)惜しまない,浪費する《 of, with, in...  
be in one's praise  賞賛を惜しまない 
be with one's money  金を惜しまず使う 
be in giving presents  気前よく贈り物をする.[2]

Prime Minister Taro Aso must have proposed this policy in a serious bid to boost his approval ratings, after suspending dissolution of the House of Representatives for a general election. Nonetheless, giving away other's people's money is not exactly what we would call generous, and a song of self-appraisal is the least we need right now. ("Yoroku," a front-page column in the Mainichi Shimbun)

(解散・総選挙の当面見送りを表明した首相としては、追加対策での支持率アップを見届けたいところだろう。ただ他人の金をばらまくのはどう考えても気前いいとは言えないのだから、自己賛美の歌だけは勘弁願いたい。)

余録:「わしはたった1本の偉大な木だ…(愛される麻生首相となるために)

 「わしはたった1本の偉大な木だ。わしはおまえたちに財産を与える最初の者だ、部族の人たちよ。わしはおまえたちの鷲(わし)だ」--ともかく自分は一番エラいのだと繰り返す。これは北米先住民のある催事での首長の歌だ

ある催事とは、ポトラッチと呼ばれる大盤振る舞いの宴である。主催者は招待客に大量の食べ物や貴重な財物を贈ることになっていた。部族での地位はこのばらまきの派手さで決まり、ライバルを気前よさで圧倒するのが宴の目的だという

ルース・ベネディクト著「文化の型」(講談社学術文庫)によれば、首長の歌は自己賛美ばかりか招待客をあざける内容もふくまれている。分かりやすくいえば、これより派手な大盤振る舞いはできまいという侮辱だ。ばらまきの宴は誰が優位かをめぐる闘争にほかならなかった

さて当面の経済混乱に対処する政府の追加経済対策の柱として、総額2兆円を全世帯に支給するという。1世帯当たり約3・8万円が給付される計算だから、家計苦には干天の慈雨と喜ぶ方も多かろう。この大盤振る舞いは特別会計の積立金--いわゆる埋蔵金でまかなうそうだ

だが、むろん気前よくまかれるのは素性不明の地中の金でなく、まぎれもない国民の財産だ。手元に戻るのはうれしくとも、それが景気下支えに最も効果的な使い方なのか、めぐりめぐって未来の希望の先食いにならないか、疑いはつのる

解散・総選挙の当面見送りを表明した首相としては、追加対策での支持率アップを見届けたいところだろう。ただ他人の金をばらまくのはどう考えても気前いいとは言えないのだから、自己賛美の歌だけは勘弁願いたい。

毎日新聞 20081031日 東京朝刊

|

« リニア新幹線 | トップページ | 日銀利下げ決定 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニア新幹線 | トップページ | 日銀利下げ決定 »