« 女性向サービス | トップページ | オバマ時代 »

2008年11月 8日 (土)

ジュラシック・パーク

(Mainichi Japan) November 7, 2008

'Jurassic Park' comes a step closer to reality, but should we allow it?

余録:「ジュラシック・パーク」の描く未来

"Real life isn't a series of interconnected events occurring one after another -- like beads strung on a necklace. Life is actually a series of encounters in which one event may change those that follow in a wholly unpredictable, even devastating way."

 「人生とは、ネックレスの真珠のように次から次へ連なる出来事じゃない。ある出来事が次に起こることを全く予測不能にする、それがさらに次の出来事を予測不能にする--そういう出来事の連鎖なんだ。ときにはそれが破滅的方向に向かうこともある」

In "Jurassic Park", the American author Michael Crichton had mathematician Ian Malcolm predict the catastrophe of the park of real-life dinosaurs recreated by genetic technology. Things don't always go the way we'd like, but we tend to be unwilling to accept that truth.

米作家マイケル・クライトン氏の小説「ジュラシック・パーク」(ハヤカワ文庫)で、遺伝子工学により復活させた恐竜パークの破局を予見する数学者マルカムの言だ。物事は思い通りにならないが、なぜか人はその真理を認めたがらない


Crichton, known for his particular brand of sci-fi set in the near future, died on Tuesday. On the same day, a Japanese team of scientists at RIKEN (Riken Center for Developmental Biology) successfully made a clone mouse from a frozen dead mouse.

先端科学を素材にしたSFで「未来を先取りする作家」といわれたクライトン氏が4日亡くなった。ちょうどその日、日本では凍結保存されていたマウスの死骸(しがい)からクローンマウスを作るのに理化学研究所のチームが成功したと報じられた

Theoretically, that makes it possible to revive a mammoth from dead bodies naturally persevered in the permafrost of Siberia. The possible future described in "Jurassic Park" is now at hand.

平たくいえば、シベリアの永久凍土に眠る1万年前のマンモスの死骸からマンモスを復活させることができる。少なくともそれが実現可能なのがはっきりした。まさに「ジュラシック・パーク」の描く未来が、戸口までやってきたのである

The research team also made a clone embryo from freeze-dried cells, opening up the possibility of reviving the now-extinct Japanese wolf from a stuffed specimen. Indeed, it would be hard to fight the desire to see extinct animals alive. But should we open the door to a future where extinct animals roam once more?

チームは冷凍乾燥した細胞からもクローン胚(はい)を作り、はく製のニホンオオカミを復活させる道も開いた。だったら生きた絶滅動物をこの目で見たいとの思いは誰しも頭をよぎる。では滅びた生命が次々によみがえる未来は戸口をくぐるのか

Dr. Malcolm warns that placing dinosaurs in the modern environment itself is unpredictable. And furthermore, hesitation and awe are natural reactions when manipulating the very stuff of life itself. We must consider carefully what we can do, and what we should not do. ("Yoroku," a front-page column in the Mainichi Shimbun)

「現代の環境に恐竜を棲(す)まわせる事自体、予測不可能事だ」とはマルカム博士の警告だ。「一度限りで逆戻り不能」という生命現象の本質に人が手を触れることへのためらいやおそれもあって当然だ。「できること」と「すべきでないこと」との間での熟慮の時だ。

毎日新聞 2008117日 001

|

« 女性向サービス | トップページ | オバマ時代 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性向サービス | トップページ | オバマ時代 »