« テスト結果公表 学力向上に正面から取り組め | トップページ | 雇用危機―政治があまりに遠い »

2008年12月22日 (月)

発信箱:君の名は=福本容子

(Mainichi Japan) December 22, 2008

Banking blues: What's In a Name?

発信箱:君の名は=福本容子


Collapsing American banks continue to make the news. Just the other day in the Mainichi Shimbun, there was an article about a local bank in Georgia, the 24th bank bankruptcy in the country.

 アメリカでは、まだまだ銀行倒産が続く。先日、本紙にジョージア州の地銀破綻(はたん)の記事があった。全米で今年24件目らしい。

The name of the bank, the article said, was "Hebun torasuto banku," or what looked to me like "Heaven Trust Bank." Heaven?! Then I realized that it's meant to be a transliteration of "Haven."

 その名は「ヘブン・トラスト・バンク」。天国信託銀行? 倒産じゃしゃれにならないよ、と思ったら、Heavenではなく避難所のHavenだった。

The Federal Deposit Insurance Corporation (FDIC) website posts a list of failed banks, and there are some ironic names in the mix. A few examples include the Freedom Bank, the Integrity Bank, and the Reliance Bank.

 米連邦預金保険公社のホームページには、こうした破綻銀行の一覧がある。皮肉な名前はやはりあった。「フリーダム・バンク(自由銀行)」「インテグリティ・バンク(正直銀行)」「リライアンス・バンク(信頼銀行)」などなどだ。

Japan has a bitter past, too. There was the Kofuku Bank ("Happiness Bank"), and the Anzen Shinyo Kumiai ("Safety Credit Union"), both of which collapsed after the bubble burst. Midori Bank ("Green Bank") sank into the red and flopped. Bank after bank returned to square one, as they were taken over or merged with other banks.

 日本にも悲しい過去がある。幸福銀行に安全信用組合。ともにバブル崩壊後、破綻した。みどり銀行も赤字に転じ、その後、破綻。受け皿銀行に引き継がれたり、どこかと合併したり、で再出発する例が相次いだ。

What troubled these banks in starting over was their name. Fruit and plant names were popular as being familiar and innocuous, but most had already been trademarked. "Apples and strawberries are sold out. The only thing left is Chinese cabbage," some complained.

 その際、結構、悩みの種となったのが新銀行名だ。親しみやすく無難、ということで、果物や植物の人気が高かったけれど、たいていは商標登録済み。「リンゴもイチゴも売り切れ。あとは白菜くらいか」なんてぼやきも聞いた。

With the flagging economy and financial crisis, banks have grown reluctant to issue loans, which poses a huge problem for businesses. "If the current cash-flow problem continues, everyone's going to have to file for black-ink bankruptcy," lamented the president of one small business in a television interview.

 金融危機、景気後退で、貸し渋りがまた深刻になっている。「資金繰りが厳しくて、このままじゃみんな黒字倒産だ」と中小企業の社長さんがテレビのインタビューで訴えていた。

What's the point of a bank or credit union if they are unwilling to lend and unwilling to trust? Rumors are going around that the Financial Services Agency is considering instituting a policy that will force financial institutions failing to fulfill their roles to change their names: Reluctance Bank, Non-Trust Credit Union, Withdrawal Financial Group, Cheap Funds... (By Yoko Fukumoto, Economic News Department)

 銀行とか信用組合の名を掲げるものが、お金を貸さない、誰も信用しない、では存在する意味がない。役目を果たさない金融機関は、強制的に政府が名前を変える。しぶり銀行、信用しない組合、はがし・フィナンシャルグループ、ケッチ・ファンド……。金融庁が検討に入った、とか入らないとか。(経済部)

毎日新聞 20081219日 東京朝刊

|

« テスト結果公表 学力向上に正面から取り組め | トップページ | 雇用危機―政治があまりに遠い »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テスト結果公表 学力向上に正面から取り組め | トップページ | 雇用危機―政治があまりに遠い »