« 米ゼロ金利 ついに踏み切った異例の策 | トップページ | 教科書充実 教員の力量も磨かなければ »

2008年12月18日 (木)

香山リカのココロの万華鏡:デートDVの増加 /東京

(Mainichi Japan) December 17, 2008

Kaleidoscope of the Heart: Having no boyfriend better than dating a dominator

香山リカのココロの万華鏡:デートDVの増加 /東京

I had a talk with the National Women's Shelter Net's Director Tomoko Endo about violence on dates. The Law on the Prevention of Spousal Violence covers married and common law couples, so violence while dating is exempt.

 NPO法人全国シェルターネットの遠藤智子事務局長と、デートDVについて語る機会があった。デートDVとは、主に若者のカップルの間で起こる暴力を指す。いわゆるDV防止法は夫婦や内縁関係にある人のためにあり、交際中に起きるデートDVはその対象外となっている。

When we talk of violence, we usually imagine women being kicked and beaten, but date hostility more often than not includes scrutiny and dominance. Such mental violence is not easy to identify from outside.

 暴力といえば「殴る・蹴(け)る」を想像する人が多いだろうが、デートDVでは監視や支配といった外からはわかりにくい形の精神的暴力が起きていることも少なくない。

Endo said that the popularization of the cell phone has helped increase this new form of date aggression. For example, some men force their girlfriends to report each time their lecture at university ends, or order phone numbers and e-mail addresses of male friends to be deleted from their cell phones.

 遠藤事務局長は「携帯電話の普及が新しい形のデートDVを増加させた」と話していた。恋人である女性には大学の講義がひとつ終わるたびに「いま終わりました」と連絡してくるよう強要したり、女性の携帯電話に登録してある異性の電話番号やメールアドレスを全部、消去するよう命じる男性などもいるそうだ。

When such men are in a good mood, they will whisper "I want to monopolize you because I love you. I want to know all about you." Then the woman will start thinking that she is really loved. When you are shut out from the outside world and continually being cursed how stupid you are, you generally start accepting such enslavement, thinking "he is the only man for a stupid person like me." This is another feature of violence among people dating, according to Endo.

 そういう男性たちは、機嫌のよいときには「おまえのことを愛しているからこそ、独り占めしたい、全部知りたいんだ」と囁(ささや)き、女性の側も「本当に愛されているのかもしれない」と思い込んでしまう。周囲との接触を絶つように言われたうえ、「おまえはバカなんだ」とののしられ続けると、女性は次第に「バカな私にはこの人しかいないんだ」と隷属を受け入れていくようになってしまうのもデートDVの特徴だ、と遠藤事務局長は教えてくれた。

You might wonder why such women don't leave these men. They're not married so it should be easy to leave them. Some women do understand that there is no merit in being with such men, but many young girls cannot bear being without a boyfriend.

 ちょっと聞くと、「結婚しているわけでもないんだから、そんな男とはすぐに別れられるはず」と感じるかもしれない。中には、「こんな男性と付き合ってもプラスにならない」とわかっている人もいる。しかし今の若い女性たちの中には、「付き合っている彼氏がいない」という状態にはどうしても耐えられない、という人も少なくない。

Once, a woman visited me for consultation, complaining of violence by her boyfriend, "I know it's not good. But I feel so lonely ... Besides, everyone else has someone. I am ashamed to be alone." The vanity and fear against solitude drives her to the misconception that a violent boyfriend is still better than no man at all.

 かつて、ある女性は診察室を訪れ、デートDVの被害を訴えながら、「このままじゃいけないとわかっている。でも、ひとりは寂しくて寂しくて……。それに、みんなカップルでいるのに、私だけひとりじゃ恥ずかしいし」とうつむいた。周囲への見えと孤独への恐怖から、彼女は「DV男の彼氏でもいないよりマシか」という誤った選択に走ってしまったのだ。

Christmas is approaching, and it might be natural for young women to enthusiastically want a nice boyfriend, but it is much wiser to remain single than to keep seeing a boyfriend that will ruin you. Being alone is not a sin, nor a shame. Young people have to be more confident in themselves. (By Rika Kayama, psychiatrist)

 クリスマスも近づき、女性の誰もが「恋人がほしいな」と強く思う時期かもしれないが、自分を破壊してしまうDV男といるくらいだったら、ひとりですごすほうがずっと賢明と言える。恋人がいないことは罪でも恥でもない、と若い人には自信を持ってもらいたいと思う。

毎日新聞 20081216日 地方版

|

« 米ゼロ金利 ついに踏み切った異例の策 | トップページ | 教科書充実 教員の力量も磨かなければ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米ゼロ金利 ついに踏み切った異例の策 | トップページ | 教科書充実 教員の力量も磨かなければ »