« 教科書検定 圧力の排除が透明性の前提だ | トップページ | タクシー再規制 適正化に業界は自ら汗をかけ »

2008年12月 7日 (日)

余録:「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追ひつけない」とは…

(Mainichi Japan) December 6, 2008

Requiem for victims of terrorism

余録:「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追ひつけない」とは…

"Mozart's sorrow runs fast. Tears cannot catch up" as famously stated by author and literary critic Hideo Kobayashi. He says that Mozart's "sorrow" is somehow similar to the "kanashi" that the poets of the Manyo-shu used so well when expressing the blue of the skies or the scent of the seas ("Mozart" by Hideo Kobayashi; Shinchosha). Such "sorrows" are rather welcomed.

 「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追ひつけない」とは小林秀雄の有名な言葉である。空の青さや海のにおいのように万葉の歌人が使い方をよく知っていた「かなし」にも通じるという(新潮社版小林秀雄全集「モオツァルト」)。こんなかなしさなら歓迎だろう

Regretfully, Mozart's music is not the only thing in which "tears cannot catch up." What about the "sorrow" of the terrorists' attack at Mumbai, India, on Nov. 26? People who were spending happy hours at hotels or restaurants were unjustifiably killed. Stations and synagogues were also attacked, leaving more than 170 dead.

▲だが、涙が追いつけないのはモーツァルトの名曲だけではあるまい。インドのムンバイで先月26日に起きた無差別テロの悲劇はどうだ。ホテルやレストランで楽しい夜を過ごしていた人々が理不尽にも殺された。駅やユダヤ教施設も襲われ死者は170人を超えた

The gunmen reportedly fired with smiles on their faces, and tucked grenades into the dead victims' mouths, to turn the bodies into booby traps. There was also a statement that they were planning to kill 5,000 people. Such a disgusting act!

▲武装グループは笑いながら発砲し、息絶えた人の口に手投げ弾を押し込んでブービートラップ(罠(わな))にしたという。「5000人殺す予定だった」という供述もある。肌に粟(あわ)が生じるとはこのことだ

Countless families must have shed tears. Families of the criminals must also have been saddened. But, as a member of the human race, I can hardly cry my eyes out. Instead, remorse that we allow such cold blooded groups to prowl this earth wells up, like when we experienced the 9.11 terror in 2001.

▲数知れぬ遺族が涙を流した。容疑者らの身内も泣いただろう。が、人類のひとりとして事件を眺めると泣くに泣けない。01年の9・11テロの時のように「どうして世界はこんな冷血の集団を生み出してしまったのか」という悲しみだけが込み上げる

Dec. 5 is the anniversary of Mozart's death in 1791. The great genius that passed on at 35 wrote during his last days, "I am more dead than alive. I will die before I can enjoy my talent," "No one can count on their lives; we can but simply resign ourselves to them."

▲きょうはモーツァルトが亡くなった日だ。35歳で逝った大天才は晩年「ぼくはもう息もたえだえです。自分の才能を楽しむ前に死んでしまうのです」「誰も自分の命数を計れるものはなく、ひたすら諦(あきら)めねばなりません」と記している

These are introduced in "Mozart's Letters" (edited and translated by Hidekazu Yoshida; Kodansha Gakujutsu Bunko). He must have felt a presentiment of his death while toiling over his swan song "Requiem." I do value our limited life. We can never tolerate anyone claiming other's lives by gunshots and bombs. ("Yoroku," a front-page column in the Mainichi Shimbun)

▲「モーツァルトの手紙」(吉田秀和編訳、講談社学術文庫)に収められた書簡だ。白鳥の歌となる「レクイエム」に取り組みつつ、迫りくる死を予感していたのだろう。限りある命を大事にしたい。まして他人の命を銃弾や爆薬で奪うことは許されない。

毎日新聞 2008125日 東京朝刊

|

« 教科書検定 圧力の排除が透明性の前提だ | トップページ | タクシー再規制 適正化に業界は自ら汗をかけ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教科書検定 圧力の排除が透明性の前提だ | トップページ | タクシー再規制 適正化に業界は自ら汗をかけ »