« 内定取り消し―若者の未来を裏切るな 「来春から働いてもらうから」 | トップページ | 北海道毛がにvs三陸うに »

2008年12月 1日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:極端な考え要注意

(Mainichi Japan) November 30, 2008

Kaleidoscope of the Heart: The power of positive thinking

香山リカのココロの万華鏡:極端な考え要注意 /東京

"Ohitorisama" (Ms. Loner) is a popular topic these days, and it's no longer a cause for hesitation, either for herself or for others, for a woman to walk into a restaurant or to luxuriate in a hot spring all by her lonely self. I'm pretty much of an "ohitorisama" myself, so I must say that I welcome the change.

 “おひとりさま”という言葉が話題になり、とくに女性がひとりでレストランに入ったり温泉でのんびりしたりすることに、本人も世間もあまり抵抗を感じなくなったようだ。私もかなりの“おひとりさま派”なので、この傾向は大歓迎。

But this is the time of year when certain women, who have been cheerily going about their single lives, suddenly experience a change in mood. Single women who visit my clinic start to say things like: "The Christmas season really worries me. It makes me think ... I'm still all by myself." "December comes and the town is so full of couples and families. I feel so sad walking around alone ... "

 ただ、この時期になるとそれまでひとりで元気にあちこち出かけていた人も、ちょっと心に変化が生じる。診察室に来るシングル女性の中にも、こんなつぶやきが多くなる。

 「もうすぐやって来るクリスマスが恐怖なんです。今年もまたひとりか、って」「師走も近づき、街もカップルやファミリーばかりですよね。ひとりで歩くのがつらい……」

When you think carefully, you realize that many people spend Christmas and New Year's alone, and that many people with families are actually too busy with work or study to spend time with them. Happy couples aren't the only people on the streets. There are many loners out there, and many people with dark looks on their faces.

 しかし、よく考えてみると、ひとりでクリスマスや年末をすごす人はいくらでもいるし、家族がいても仕事や受験でそれどころではない、という人もいる。繁華街も楽しそうなカップルばかり、などということはなく、ひとりの人、暗い顔の人も大勢いる。

When people are caught up in a strong sense of personal loneliness or anxiety, they tend to lose their perspective on things. I try to tell them that there are many kinds of people out there, but I have had one woman insist: "No, there aren't! Everyone looks happy except me!" And this woman was normally a very cool and objective person.

 それなのに、強い孤独感や不安感にとりつかれると、人間の目というのはすぐに正しく見えなくなってしまうのだ。「まあ、いろいろな人がいますよ」といくら説明しても、「いえ、違います! 私以外はみな幸せそうな顔をしています!」と強硬に主張する人もいた。もちろん彼女もふだんは、冷静で客観的なもののとらえ方ができる人だ。

In cases like this, I explain how easy it is to lose perspective, and I try to make people understand that you can't always trust your own eyes. I explain how the hectic mood of the year's end warps the mind's eye even more than usual, and I try to get them to think, "Well, yes, that could be happening to me."

 こういう人には、まず「人間のものの見え方って、簡単にゆがむんですよ」と話し、目で見えていることも実はあまり信用できない、ということを理解してもらう。そして、年末が近づき慌ただしい気分になるとさらに心の目のゆがみは進みがち、という話をして、自分もそうかも、と気づいてもらう。

But even as I say these things, I remember all the things I planned for this year, and I say to myself: "I haven't done this, I haven't done that, I haven't got around to that yet..." I find myself thinking that I haven't accomplished anything at all this year.

 とはいえ、そう言いながら私も、この時期になると「ああ、あれもやっていない、これもまだだ」と年初に計画したのにできなかったことを思い出しては、「今年は何ひとつできなかった」などと思い込んでしまう。

Well, maybe I didn't do everything according to plan, but I did go to work and I did do something. It's funny that I don't applaud myself for what I did. Instead, I give myself a very low grade and think, "I've accomplished only 10 percent of what I intended."

 計画通りに行かなかったとしても、それなりに職場に通い、仕事をしたはずだ。それだけでも「まあ、よくやったじゃないか」と思ってもいいはずなのに、なぜか「今年の目標達成率は10%だ」などと極端な評価を自分に下したくなってしまうのだ。

"Everyone is happy except me." "I earned a big zero this year." Beware, if you find yourself thinking along these lines. It's time to take some time off and relax.

 「私以外はみなハッピー」「今年の私は0点だ」などと極端なことを考え出したら、要注意。今のうちに、ちょっと休んでリラックスしておいたほうがいいかもしれない。

"Ohitorisama" or otherwise, dissatisfied though you may be with your accomplishments, the end of the year is a time to enjoy. (By Rika Kayama, psychiatrist)

そして“おひとりさま”でも“今年は不本意”でも、みな楽しい年末を迎えたいものだ。

毎日新聞 20081126日 地方版

|

« 内定取り消し―若者の未来を裏切るな 「来春から働いてもらうから」 | トップページ | 北海道毛がにvs三陸うに »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内定取り消し―若者の未来を裏切るな 「来春から働いてもらうから」 | トップページ | 北海道毛がにvs三陸うに »