« 社会保障予算 「削減路線」は破綻している | トップページ | 福祉の財源―先送りはもう許されぬ »

2008年12月12日 (金)

香山リカのココロの万華鏡:“精神科医の掃除のコツ” /東京

(Mainichi Japan) December 11, 2008
Kaleidoscope of the Heart: Tips for year-end cleaning by a psychiatrist

香山リカのココロの万華鏡:“精神科医の掃除のコツ” /東京

Rika KayamaDecember is the month for end-of-the-year cleaning. Many people must be feeling rushed. So here is an article on "tips for house cleaning as recommended by a psychiatrist."

 いよいよ12月に突入し、「大掃除しなくちゃ」とあせっている人も多いはずなので、今回は“精神科医が教える掃除のコツ”というテーマで書いてみよう。

Why would a psychiatrist talk about house cleaning? It may sound funny. When I interview patients in my office, I hear so many people say, "I'm not good at house-cleaning." Some even make the extreme claim that their house is strewn with rubbish.

 なぜ精神科医が掃除のことを、と不思議に思う人もいるかもしれないが、診察室であれこれ話していると「私、掃除が苦手なんですよね」という話がけっこう出てくる。中には、「ウチは足の踏み場もない“ゴミ屋敷”なんです」とかなり強烈な人もいる。

So, are those people really messy? Absolutely not. Most of them are rather well-organized and serious people. They are so serious that they have to clean the house from top to bottom, and unconsciously stress themselves out too much that they cannot embark on the "grand project." The more they think that they have to start cleaning, the more they cannot start moving, till they finally consider themselves messy persons. And, while hating themselves for being messy, the house gets really untidy.

 しかし、そういう人に限って、性格はだらしないどころかむしろ几帳面(きちょうめん)で生真面目(きまじめ)。「片づけるならきちんとやらなきゃ」と完璧(かんぺき)なきれいさを目指すあまり、知らないあいだに肩に力が入り、なかなか動き出せなくなっているのだ。「ああ、まずい、早くきれいにしなくちゃ」と思えば思うほど身動きが取れなくなり、「私ってだらしない」と自己嫌悪に陥って、はっと気づいたときには手の施しようがない状態に、ということにもなりかねない。

To avoid such stress, you have to relax. For example, play a favorite CD and clean the house while listening to music.

 そんなことになるのを防ぐためには、とにかく気持ちをリラックスさせること。好きなCDでもかけ、「音楽鑑賞のついでに掃除でも」と思うくらいがよい。

Next, don't be a perfectionist and do as much as you can. If you end up with only 60 percent of your target, take it easy and give yourself credit for doing a good day's work. Try having a nice cup of tea and compliment yourself on the neat room even if it is only partly tidy. If your family remarks that the room isn't clean at all, argue back with a wide smile and request them to join in the cleaning next time.

 次に、「今日はできるところだけをやろう」と考え、決して最初から完璧を目指さないことも大切。そして、たとえ目標の6割程度で終わったとしても、「これだけやれれば十分じゃない」と自分をほめることだ。一部でもきれいになった部屋で、おいしい紅茶でもいれて自分のがんばりをねぎらおう。家族に「なんだ、ちっともきれいになってないじゃない」などと言われたら、にっこり笑って「じゃ、次はいっしょにやろうね」と明るく言い返すくらいの心の余裕も忘れずに。

The archenemy of house-cleaning is perfectionism and self-disgust. Reversely, if you liberate yourself, you can unconsciously conduct end-of-year cleaning little by little. There's no rule stating you have to dedicate a whole day to end-of-the-year house cleaning.

 つまり、掃除の大敵は完璧主義と自己嫌悪ということだ。逆に言えば、そこから解放されさえすれば、気がついたときに何かの片手間に10分、20分と“細切れ大掃除”もできるはず。何も丸一日かけてしなければ大掃除とは言えない、という決まりはないのだ。

I say jokingly to people visiting my office that distress themselves over their inability to clean, "Why! You don't look like a person that came from a jumbled house at all! You have a good color and are dressed well." Then many people react with a surprising and happy smile and say, "So, this means that I'm all right even though I live in such an untidy house then." That's it. Don't forget to smile, relax, and start cleaning from where you can. Isn't that good enough? (By Rika Kayama, psychiatrist)

 診察室で“ゴミ屋敷問題”に悩む人には、冗談めかしてこんなことを言う。「でもあなたは、そんなところからやって来たとは思えないほど、顔色もいいしおしゃれな印象ですよ」。するとたいていの人は、一瞬、驚いたあと楽しそうに笑って、「まあ、そんな部屋に住んでいても問題ない、ってことですかね」と言う。そうそう、その笑顔を忘れずに、気持ちをラクにできるところから掃除を始めれば、それでいいのだ。

毎日新聞 2008129日 地方版

|

« 社会保障予算 「削減路線」は破綻している | トップページ | 福祉の財源―先送りはもう許されぬ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会保障予算 「削減路線」は破綻している | トップページ | 福祉の財源―先送りはもう許されぬ »