« ビザなし交流 ロシアは国際信義を守れ | トップページ | かんぽの宿 「入札」経緯をすべて公開せよ »

2009年1月31日 (土)

刑務所製品:「マル獄」グッズ人気 安くて品質よし

(Mainichi Japan) January 31, 2009

Made in prison: Inmates' hot items a surprise fashion hit

刑務所製品:「マル獄」グッズ人気 安くて品質よし

How do you find cheap, hit products in the middle of a recession? Just look to the prison system.

刑務所作業製品で人気のマル獄グッズ 財布のひもをがっちり締めがちな最近の消費者に人気が出ている商品がある。刑務所で作られた作業製品だ。安価でしかも品質がよいと、ネット販売で数分で売り切れてしまう人気ブランドも出現した。【木村葉子】

Leading the way is Marugoku, a Hakodate Juvenile Prison brand, the first line of prison-made products to be trademarked. Its first run of 100 aprons -- made of dark blue canvas, with a white "goku" (prison) kanji character inside a white circle ("maru") design -- sold out online within a few minutes. In addition to the logo, "Prison" (in English), "Open Today" and "Established in the second year of the Meiji Era", the prison's opening year, are printed on the apron.

 一番人気は、函館少年刑務所の「マル獄」グッズだ。昨年末に、刑務所作業製品として初めて商標登録された。紺色の綿の帆布に、白地で「獄」の字を丸で囲ったデザインが受け、ネット販売では前掛け(1029円)100枚が2、3分で売り切れるほどの人気商品に。前掛けには「マル獄」マークのほか、「PRISON」(刑務所)「本日開監」「創業明治弐年」(同刑務所の設立年)などの文字も入る。

The design was the brainchild of the prison's judicial affairs officer, who unsuccessfully applied for permission to use the Ministry of Justice's paulownia crest before coming up with the Marugoku design.

 デザインは06年に同刑務所の法務技官、川村成昭さんが考案。「五三の桐」と呼ばれる法務省の紋章を入れようとしたが、本省の許可が下りずに断念、苦肉の策で「マル獄」マークにしたという。

Apart from aprons, the line-up contains 13 other items, including a bag made of Japanese-patterned fabric (1,980 yen). In two years, the organization has sold around 10,000 aprons, and has had total sales of 24 million yen.

 前掛け以外に、和風柄のリバーシブル手提げ袋(1980円)など13種類のグッズを製作。前掛けは2年間で計1万枚を売り、グッズは総額で2400万円を売り上げた。

The products themselves are made at the prison's sewing mill, where 100 or so detainees produce work clothes to order for government offices and businesses. The Marugoku project was originally conceived as an off-season project, but prodigious sales mean that stock is currently almost sold out.

 同刑務所の縫製工場では、約100人が官庁や企業の注文を受けて作業服などを作っている。「マル獄」グッズは閑散期対策として考案されたが、予想外の売れ行きで品切れ状態に。「製品が高く評価され、受刑者のモチベーションが上がった」と川村さんは話す。

The idea is not new. Ichihara Prison has been producing additive-free naturally brewed miso since 1972, using domestically-produced soybeans, as well as its own brand of soy sauce. And at Yokohama Prison, inmates have been making udon noodles for the past 15 or so years, using Australian wheat flour to make a hand-kneaded dough.

 市原刑務所(千葉県)では、72年から無添加の天然醸造みそ(1.5キロ、360円)を作っている。国産大豆を使い、年間110トンを製造。しょうゆ(1リットル240円)とともに、各地で開かれる即売会では整理券を配布するほどの人気商品だ。

 横浜刑務所では、15年ほど前から細うどんを製造している。オーストラリア産の小麦粉とを赤穂の塩で作った食塩水でこねたこだわりの品。250グラム130円と手ごろな値段も人気を呼んでいる。


 靴を作っているのは、千葉刑務所。最高級の牛革を使い、手縫いのため型くずれしにくく、出来栄えは職人がうなるほどという。1万3500円と市販品の半値以下だ。

 注文生産で応接セットを作っている甲府刑務所。牛革のソファーが2万円からと、市価の半額ほどのものも。

But according to an official at the Correctional Association Prison Industry Cooperation (CAPIC), the aim isn't to rake in money; prices are particularly low because the project is a not-for-profit endeavor: the aim is simply to instill prisoners with a sense of achievement through regular work. But with hard-working prisoners securing early releases, prisons are starting to pair up new inmates with the more experienced ones in order to maintain product quality.

 矯正協会刑務作業協力事業部の中島昭二部長によると、これらの製品が安価なのは営利目的ではないため。規則正しい労働や製品を根気強く作り上げることで、受刑者に達成感ややりがいを持ってもらうのが狙いだ。

"Even those who hate the idea of prison-made products should change their mind after seeing the quality of their workmanship," says the CAPIC official.

 ただ、まじめに作業をする受刑者ほど出所も早く、良質な製品が作れるようになったかと思うと新人に入れ替わってしまうという“悩み”も。品質保持のため、熟練者と新人をペアにして作業を進めるなど、各刑務所で工夫している。中島部長は「刑務所で作ったものは嫌だと思う人も、品質を見てもらえば納得してもらえるはず」と話す。

 製品は各地で開かれる矯正展で購入できる。刑務所作業製品のホームページはhttp://www.e-capic.com

毎日新聞 2009129日 1541分(最終更新 130日 847分)

|

« ビザなし交流 ロシアは国際信義を守れ | トップページ | かんぽの宿 「入札」経緯をすべて公開せよ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビザなし交流 ロシアは国際信義を守れ | トップページ | かんぽの宿 「入札」経緯をすべて公開せよ »