« 一部執行猶予 再犯防止の効果を見極めよ | トップページ | 北朝鮮―緊張あおって益はない »

2009年2月 2日 (月)

3大都市圏:人口流入鈍る 東京は12月転出超過

(Mainichi Japan) February 2, 2009

Population of Tokyo suffers net decline in December

3大都市圏:人口流入鈍る 東京は12月転出超過

The number of residents leaving Tokyo exceeded the number of new residents for the first time in nine years in December.

Aichi Prefecture also suffered a net decline in the number of residents in December, the first in over five years, according to a report released by the Ministry of Internal Affairs and Communications on Friday.

The number of new residents in the three principal metropolitan areas of Tokyo, Osaka, and Nagoya increased overall, but was lower than last year, dropping 2,980 to 154,078 people, the first slowdown in five years. Population flows dropped especially sharply after October, when the financial crisis set in.

Over the year as a whole, net population inflow into Tokyo was 83,000; however, in December 73, residents were lost. In Aichi, net inflow was 18,391 during the year, with a net outflow of 49 in December.

The Osaka metropolitan area suffered a net yearly population outflow for the 35th consecutive year.

 総務省は30日、住民基本台帳に基づく08年の人口移動調査を発表した。東京・大阪・名古屋の3大都市圏で昨年1年間に転入者が転出者を上回った転入超過数は前年比で2980人少ない15万4078人と、5年ぶりに前年を下回り、大都市圏への人口流入の動きが鈍っていることが分かった。特に東京都と愛知県は昨年12月に転出超過に転じた。景気が悪化した昨年10月以降に人口の流出傾向が強まっている。

 都市圏別でみると東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)、名古屋圏(愛知、岐阜、三重)はいずれも転入超過だが、東京圏は4年ぶりに前年割れとなった。名古屋圏は2年連続で前年を下回り、減少幅はさらに拡大した。大阪圏(大阪、兵庫、京都、奈良)は35年連続で転出超過だった。

 東京都は8万3000人の転入超過だが、前年より1万1500人の大幅減だった。月別では昨年10月以降に転入数が落ち込み、12月にはマイナス73人と9年ぶりに転出超過となった。愛知も年間で1万8391人の転入超過だが、12月にマイナス49人と、5年2カ月ぶりの転出超過となった。【石川貴教】

毎日新聞 2009130日 1925分(最終更新 131日 014分)

|

« 一部執行猶予 再犯防止の効果を見極めよ | トップページ | 北朝鮮―緊張あおって益はない »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一部執行猶予 再犯防止の効果を見極めよ | トップページ | 北朝鮮―緊張あおって益はない »