« 国連安保理 制裁の実効性をどう高めるか | トップページ | 北朝鮮の核実験―米中の連携で暴走止めよ »

2009年5月27日 (水)

核廃絶:オバマ演説を広島市長が評価

(Mainichi Japan) April 7, 2009
Hiroshima mayor praises Obama's 'anti-nuke weapon' comments
核廃絶:オバマ演説を広島市長が評価

Hiroshima Mayor Tadatoshi Akiba held an impromptu press conference on Monday to praise the speech given by U.S. President Barack Obama in Prague in which he indicated his strong commitment to the abolition of nuclear weapons.
 オバマ米大統領がプラハでの演説で核廃絶に強い姿勢を示したことに対し、秋葉忠利広島市長は6日、臨時に記者会見を開いて高く評価。

The mayor said he plans to request that Obama consider Hiroshima as the site for the international summit meeting on nuclear security that the U.S. president has pledged to hold by next year.
大統領が「来年までに主催する」とした核安全保障を巡る国際サミットについて、秋葉市長は「広島での開催希望を米国側に伝えたい」と話した。

"President Obama said, 'As the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act,' defining U.S. responsibility in a historical context." Akiba said of Obama's speech. "The world is gradually turning into one in which denuclearization is possible."
 秋葉市長は、「核兵器を使用した唯一の国として、『核兵器廃絶は道義的責任』と言っており、歴史的文脈での米国の責任を明確にした。『廃絶はできる』という世界になりつつある」と演説について語った。【矢追健介】

Akiba said he hopes to meet with President Obama when he travels to New York next month to participate in a Nuclear Non-Proliferation Treaty Review Conference Preparatory Committee meeting.

2009年4月6日 21時47分 更新:4月6日 22時2分

|

« 国連安保理 制裁の実効性をどう高めるか | トップページ | 北朝鮮の核実験―米中の連携で暴走止めよ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国連安保理 制裁の実効性をどう高めるか | トップページ | 北朝鮮の核実験―米中の連携で暴走止めよ »