« 本のデジタル化―知の集積体を日本にも | トップページ | 国連安保理 制裁の実効性をどう高めるか »

2009年5月26日 (火)

月例経済報告:景気判断、上方修正 3年3カ月ぶり、悪化テンポ緩やかに

(Mainichi Japan) May 26, 2009
Finance minister gives improved assessment of economy
月例経済報告:景気判断、上方修正 3年3カ月ぶり、悪化テンポ緩やかに

Finance Minister Kaoru Yosano submitted an improved assessment of the economy to ministers at a Cabinet meeting on Monday.
 与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は25日、5月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。

In April, the government had assessed the Japanese economy as being in a "severe condition" and "continuing to deteriorate rapidly," while the latest report for May stated that "while the economic situation is still severe, the rate of deterioration has slowed down." Improvements in exports to China and indications that decline in output is leveling off among private corporations as progress is made in inventory correction have been factored into the upward revision, the first such revision in three years and three months.
景気の基調判断を前月までの「急速な悪化が続いており、厳しい状況にある」から「厳しい状況にあるものの、このところ悪化のテンポが緩やかになっている」に上方修正した。上方修正は06年2月以来、3年3カ月ぶり。中国向けなどの輸出の改善や、在庫調整の進展に伴い民間企業の生産の落ち込みに下げ止まりの動きが出てきたことを踏まえた。

According to the report, assessment of four categories of exports, production, bankruptcies, and public investments, out of a total of 11 categories, have been revised upward. In April, exports were "declining drastically," and production was "declining very drastically," while the latest report used the expression "ceasing to drop" for both categories.
 報告では、11の個別項目のうち「輸出」、「生産」、「倒産」「公共投資」の4項目の判断を上方修正した。4月は、輸出を「大幅に減少している」、生産を「極めて大幅に減少している」としていたが、ともに「下げ止まりつつある」に表現を改めた。

Meanwhile, employment was revised downward, from an assessment that "conditions are worsening rapidly" in April to "conditions are severe, and are worsening rapidly" in May. While the government has not changed its position that the economy is in serious condition, Yosano said in a press conference on Monday, "The January-March quarter was the worst period, but the situation has been changing since April. We can't be too optimistic because there are still various possible downside risks, but I believe we're past the worst of it."
 一方で、雇用は4月の「急速に悪化しつつある」から「急速に悪化しており、厳しい状況にある」に下方修正した。政府は依然として景気の現状は厳しいとの見方を崩していないが、与謝野経財相は同日の会見で「1~3月期は最悪の時期だったが、4月以降は局面が変わった。いろんな下振れリスクもあるので楽観主義に陥ってはならないが、最悪期は脱したと思っている」と述べた。【上田宏明】

毎日新聞 2009年5月26日 東京朝刊

|

« 本のデジタル化―知の集積体を日本にも | トップページ | 国連安保理 制裁の実効性をどう高めるか »

04-英字新聞(朝日2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本のデジタル化―知の集積体を日本にも | トップページ | 国連安保理 制裁の実効性をどう高めるか »