« 防衛白書 脅威を直視し防衛力を高めよ | トップページ | 全国シティーホテルガイド »

2009年7月24日 (金)

社説:電子図書館 文化発信力の強化を

(Mainichi Japan) July 23, 2009
Japanese e-library project could lose out to Google Book Search without government flex
社説:電子図書館 文化発信力の強化を

Imagine being able to read and search all the books in the world on the Internet. Such convenience has taken a step closer to reality, thanks to U.S. search engine giant Google's new Book Search service. However, it may be too early to rejoice over the feat without reservation.
 世界中の書籍をネットで検索し、読むことができたら便利に違いない。検索最大手の米国のグーグルが進めている書籍の電子化によってそれが実現しようとしている。しかし、手放しで喜んでばかりもいられないようだ。

Under the U.S. copyright law's fair use provision, literary and other works can be used without right-holders' permission for public purposes, and Google's electronic library project is based on this provision.
 米国の著作権法では公共の目的なら権利者から許可を得なくても著作物を利用できるというフェアユースの規定がある。グーグルはこの規定を根拠に電子図書館プロジェクトを推進している。

And, while it may serve the public good to allow people to use literary documents amassed at conventional libraries, U.S. publishers have opposed the publication of books on the Internet without their permission and brought the case into the court.
 図書館の中に埋もれている文献を多くの人が利用できるようにすることは公共の目的に合致するというわけだが、勝手にネット上で書籍を公開されることに米国の出版界は反発し、訴訟となった。

The lawsuit ended up in a settlement and, if the U.S. court approves the settlement, Google will be entitled to launch an e-library project for a fee for books the company deems out of print or unavailable in exchange for a royalty. The settlement, however, applies outside the U.S. as well, under international copyright protection conventions.
 ところが、この訴訟で和解が成立した。米国の裁判所がこの和解を承認すれば、グーグルは自らが入手不可能か絶版と判断した書籍について、有料で電子図書館事業が行えるようになる。
 その見返りとして権利者側は事業収益の一定割合を受け取ることになるが、集団訴訟の形式をとったのと、著作権保護を定めた国際条約の結果、この和解の効力は日本など米国外にも及ぶことになるという。

The case has wreaked havoc on book publishers worldwide since right-holders will be automatically incorporated into the settlement unless they specifically opt out.
 権利者が和解に応じないと通知しない限り、自動的に和解に参加したとみなされてしまうため、いま世界中の出版界が揺れている。

In the meantime, Japan's National Diet Library (NDL) is also accelerating the digitization of its book collection. The move follows a recent revision to Japan's Copyright Law, allowing the NDL to digitize books without right-holders' permission, as well as a large budget increase for digitization of books under the supplementary budget.
 一方、日本でも国会図書館が蔵書の電子化を加速させている。権利者からの許可がなくても国会図書館の判断で電子化ができるよう今年に入って著作権法が改正されたのと、補正予算で電子化のための予算が大幅に増額されたからだ。

However, one needs to obtain permission from individual right-holders before publicizing digitized books online in Japan. If things are left as is, Google is certain to become dominant in the e-library project.
 しかし、日本で電子化された書籍をネットで公開するには、個別に権利者から許可を得なくてはならない。このままではグーグルに電子図書館事業を席巻されてしまうのは必至の情勢だ。

There's also a concern from a cultural perspective. Since Google Book Search mainly deals with book collections at libraries in the U.S., search results would inevitably tend to show more books published in the U.S. It would not only help expand the influence of the English language but could also prompt further prevalence of American ways of thinking and interpretation around the world.
 また、文化的な面での懸念も出ている。グーグルのサービスは米国の図書館の蔵書がベースになっているため、検索して出てくる書籍は米国で出版されたものに偏重しがちだ。英語の影響力がますます拡大するだけでなく、米国での考え方や解釈が優先的に世界に広がっていきかねないという不安がそこにはある。

Digitization of books and their distribution on the Web is an issue that relates to the concept of soft power, with which countries aspire to gain a greater voice in the international community through attaining support for their unique culture and values.
 書籍のデジタル化とネットでの流通は、その国の文化や価値観への支持を国際社会での発言力の強化につなげようというソフトパワーにも通じる課題でもある。

Online distribution for a fee has already become common in the music industry. It is hoped that the Japanese government will flexibly proceed with legal revisions so as to facilitate online distribution of books' content in Japan, including the e-library project.
 音楽の場合は、ネットでの有料配信がすでに一般的だ。電子図書館を含め日本でも書籍のネット流通が促進されるよう、法制度の改正が柔軟に進むことを期待したい。

毎日新聞 2009年7月23日 0時04分

|

« 防衛白書 脅威を直視し防衛力を高めよ | トップページ | 全国シティーホテルガイド »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

■米マイクロソフトなど3社、グーグルの書籍デジタル化に反対する団体に加入へ-本が怖い??
こんにちは。グーグルの書籍デジタル化は、画期的ではありますが、風当たりも強いようです。私自身は、本恐怖症なので、デジタル化は大賛成です。現在ITが発達したため、書籍そのものは、非常に効率の悪い媒体になってしまいました。かといって、従来のインターネットの情報は系統的ではなく、いわゆるジャンク情報が満載です。やはり、書籍のデジタル化でこのあたりを早めに解消する必要があると思います。そうした意味では私はGoogleの書籍デジタル化は一つの方法であり、これからも強力に推進すべきものと思います。もう本格的な知識社会が形成されるようになったので、これから書籍恐怖症の人がどんどん増えていくと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年8月23日 (日) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防衛白書 脅威を直視し防衛力を高めよ | トップページ | 全国シティーホテルガイド »