« 最高裁国民審査―開かれた選任こそ課題だ | トップページ | 新型インフル ワクチンだけには頼れない »

2009年8月27日 (木)

香山リカのココロの万華鏡:世間との闘いの難しさ /東京

(Mainichi Japan) August 27, 2009
Kaleidoscope of the Heart: Striving for excellence can be a double-edged sword
香山リカのココロの万華鏡:世間との闘いの難しさ /東京

I suspect that there have been many sleepy-eyed sports enthusiasts determined to overcome the time difference between Japan and far-off Berlin to take in the World Championships in Athletics recently.
 今年もおおいに盛り上がった「世界陸上」。ベルリンとの時差に眠い目をこすりながら、テレビにかじりついていた人も多いのではないだろうか。

The astounding display of speed put on by Jamaica's Usain Bolt in particular captured not just the people in the stands, but many of us around the world. One announcer, when seeing Bolt on the track, exclaimed "How fast can a human being go!" Even after breaking his own 100 meter world record, Bolt was ready to try for an even faster time, declaring, "I always say anything is possible."
 特に世界記録を連発したジャマイカのウサイン・ボルト選手の驚異的な走りは、スタジアムの観客ばかりではなく世界中の人々を熱狂させた。競技を中継するアナウンサーは、「人はどこまで速くなれるのでしょうか!」と絶叫していた。ボルト選手も「人間には何だって可能なんだ」とまだまだ記録に挑戦する姿勢を見せている。

But while I stand in wonder at Bolt's physical ability and psychological strength, I also find myself thinking: Is there a need to go any faster?
 その身体能力や精神力に驚嘆しながらも、頭の片隅にふと、「これ以上、速くなる必要があるのだろうか」といった問いが生じる。

At the news conference held after winning the 200 meter race, the topic of doping came in repeatedly. Furthermore, questions about South African runner Caster Semenya's gender continued to arise after she won the women's 800 meter race, paining her father, who said, "She is my little girl. ... I raised her and I have never doubted her gender. She is a woman and I can repeat that a million times."
200メートルで優勝した後、ボルト選手の会見ではドーピングを問う声が次々に上がった。女子800メートルでは、優勝者に対する性別疑惑も浮上し、その父親が「私の娘をそっとしておいて欲しい」と苦しい胸の内を明らかにする一幕もあった。

"Faster! Faster!" the world demands, and athletes respond by training to the limits of mind and body. And when these athletes fulfill our expectations, getting ever stronger and setting ever faster times, we look at them askance and say, "That's too fast. Something must be up." Thus is the fate of all world athletics champions, and I must admit I feel a little sorry for them.
 選手たちは、「もっと速く!」という世界中の期待にこたえようとして、心身をギリギリまで追い込んで過酷な練習を続ける。そして期待通りの結果を出すと、今度は「強すぎておかしい」と疑われる。これも覇者の宿命と言えばそれまでだが、なんだか気の毒だ。

The athletes themselves probably wonder if they wouldn't be the subject of doubts if they had failed our expectations. They may feel they have to push themselves to the limit every time out, knowing that they would be attacked if they didn't put their all into their training.
本人たちも、「じゃあ、みんなの期待を裏切るような結果なら、疑われることはなかったのか。そうなったらなったで、今度は限界だ、練習不足だと非難するくせに」と言いたいところなのではないだろうか。

This kind of thinking also often appears in our everyday lives. We try our best to meet the expectations of those around us and, when successful, are either told "Next time, aim higher," or suspected of cheating somehow. If this kind of treatment is kept up long enough, even those among us with remarkable abilities will retreat into their shells, slowly coming to distrust those around them and the world in general. Perhaps those celebrities recently caught up in drug use are among those who have "lost" to that kind of pressurized existence.
 これは、私たちの日常でもしばしば起きることだと思う。周りの期待に応えるために頑張って成果を上げたとたん、「次はもっと上を目指して」とさらなるプレッシャーをかけられたり、「不正があったのでは」と疑われたりする。そういうことが繰り返されると、能力のある人も次第に他人や世の中を信用できなくなり、自分の殻に閉じこもるようになってしまう。覚せい剤などに手を出した芸能人たちも、もしかするとそんな“世間”に負けたのかもしれない。

To prevent falling into this performance pressure spiral, the best thing to do is to think to yourself, "Well, this will do," neither letting yourself be driven by others' expectations or betraying them. Saying that, I wonder if we would be shocked if Bolt strung together a series of narrow wins instead of record-shattering performances?
 それを防ぐためには、周囲の期待にこたえすぎず裏切りもせず、「まあ、これくらいならいいんじゃないの」と思われるような“ほどほどの結果”を出しておくのがいちばんだ。とはいえ、「世界陸上」のような大イベントで「ボルト、また“ほどほどの記録”でかろうじて優勝です」といった試合が続くと、みんながっかりするのだろうか。

For the athletes in Berlin --and for the rest of us -- far more difficult than challenging records or rivals is challenging society itself. That's what I understood from watching the World Championships in Athletics. (By Rika Kayama, psychiatrist)
 記録やライバルとの闘いよりむずかしいのが、世間との闘い。そう感じた9日間だった。

毎日新聞 2009年8月25日 地方版

|

« 最高裁国民審査―開かれた選任こそ課題だ | トップページ | 新型インフル ワクチンだけには頼れない »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高裁国民審査―開かれた選任こそ課題だ | トップページ | 新型インフル ワクチンだけには頼れない »