« サイバー攻撃 ネット社会に深刻な脅威だ | トップページ | 年金改革 党派の対立超え接点を探れ »

2009年8月13日 (木)

ミャンマー―軍政がアジアを脅かす

--The Asahi Shimbun, Aug. 12(IHT/Asahi: August 13,2009)
EDITORIAL: Suu Kyi's ordeal
ミャンマー―軍政がアジアを脅かす

The military junta of Myanmar (Burma) on Tuesday ordered pro-democracy leader Aung San Suu Kyi to remain under house arrest for an additional 18 months.
 ミャンマー(ビルマ)の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏に対して、軍事政権はさらに1年半の自宅軟禁を命じた。

Suu Kyi was indicted on charges of violating the national defense law, which bans contact with the outside. She is accused of letting an American stay after he allegedly slipped past authorities to swim across a lake to her home.
 当局の監視をかいくぐり、湖を泳いで渡ってきた米国人を自宅に泊めたことが、外部との接触を禁じた国家防御法違反に問われた。

The court sentenced her to three years in prison with hard labor, a ruling quickly commuted by the military regime to house arrest for 18 months.
法廷は労働を伴う3年の実刑判決を出したが、軍事政権が直後に自宅軟禁に変更した。

The junta, mindful of international criticism, was apparently keen to demonstrate its leniency. But the decision does nothing to change the travesty of Suu Kyi's indictment, which was based on spurious grounds.
 国際社会の批判を意識して「減刑」したとアピールしたいのだろうが、そもそも根拠の乏しい訴追なのだから、不当さに変わりがあろうはずがない。

Suu Kyi has spent 14 years either under house arrest or in detention.
 スー・チー氏の自宅軟禁や拘束は計14年間に及んでいる。

The extension is aimed at keeping her isolated from the political scene next year, when the junta will hold parliamentary elections to turn the country over to "civilian rule."
軍事政権は「民政移管」のために、来年前半に総選挙を行うとしているが、結局、国民に支持されるスー・チー氏を選挙活動に加われないようにするのが今回の自宅軟禁の狙いだろう。

But the regime cannot possibly hope to claim legitimacy for an election held under such circumstances.
 こんな形で総選挙を強行しても、その正当性が認められることはありえない。

Japan and many other countries are calling for the release of Suu Kyi and other political prisoners in Myanmar. The junta should heed the call immediately.
日本をはじめ国際社会の多くの国々は、スー・チー氏を含む全政治犯の釈放を求めている。軍事政権はこの要請にすぐに応じるべきなのだ。

The military regime seized power in a 1988 coup, and then ignored the results of a 1990 parliamentary election won by Suu Kyi's National League for Democracy in a landslide.
Since then, the generals have only tightened their iron grip over the nation.
 88年のクーデター、そしてスー・チー氏率いる国民民主連盟が大勝した90年の総選挙結果を握りつぶして以来、軍事政権の強権統治はひどくなるばかりだ。

Two years ago, the military brutally crushed demonstrations by thousands of Buddhist monks and citizens seeking better living conditions. Japanese journalist Kenji Nagai was murdered by security forces, who shot him while he filmed the protests.
2年前、生活難に抗議する僧侶や市民らのデモを武力鎮圧し、日本人ジャーナリストの長井健司さんが射殺された。

The self-justifying stance of the Myanmar junta is casting dark clouds all over Asia.
 軍事政権の独善的な行動は、アジア全体に深刻な影を落としつつある。

Of particular concern are suspicions that the country is advancing military cooperation with North Korea.
とくに心配なのは、北朝鮮との軍事協力が進んでいる疑いが出てきたことだ。

A North Korean ship tracked by the U.S. military in June on suspicion of carrying weapons and other cargoes banned under U.N. sanctions is thought to have been headed for Myanmar.
 6月、国連制裁で禁止されている武器などを積んでいる恐れがあるとして、米軍が追跡した北朝鮮船舶は、ミャンマーに向かっていたとされる。

Reports also say an underground tunnel system that appears to be part of a nuclear facility is under construction near the capital Naypyidaw, with Pyongyang's cooperation.
首都ネピドー付近で核関連施設と疑われる地下トンネル網が北朝鮮の協力で建設されている、という報道もある。

On a visit to Thailand in July, U.S. Secretary of State Hillary Rodham Clinton expressed concerns about a possible transfer of nuclear technology from North Korea to Myanmar.
 クリントン米国務長官は先月、訪問先のタイで北朝鮮からミャンマーへの核技術移転の可能性に懸念を示した。

The security environment throughout Asia will shift drastically if Myanmar is developing nuclear weapons.
 もしミャンマーが核開発に手を染めているとすれば、アジアの安全保障の構図はがらりと変わる。

Until now, the Japanese government has maintained dialogue with the junta and refrained from strong criticism. Its chief concern is that driving the military rulers into a corner would only strengthen the clout of China, which traditionally has close ties with Myanmar.
 日本政府は、軍事政権をあまり追い詰めると、もともとミャンマーと関係の深い中国の影響力がますます強まってしまうとして、激しい政権批判を控え、対話を維持してきた。

But such a soft approach can no longer be justified if Myanmar is pursuing a nuclear program. The Japanese government should call on China to exercise its influence on Myanmar, and China should treat the situation seriously.
しかし、ミャンマーに核関連疑惑があるとなれば、悠長なことは言っていられない。中国に対して影響力を行使するよう働きかける必要があるし、中国自体も事態を深刻に受け止めるべきだ。

Japan should also cooperate more closely with other countries when dealing with Myanmar, partly as a way to give teeth to U.N. sanctions against North Korea.
 北朝鮮に対する国連制裁を実効あるものとするためにも、政府はミャンマー問題で国際的な連携を強めなければならない。

|

« サイバー攻撃 ネット社会に深刻な脅威だ | トップページ | 年金改革 党派の対立超え接点を探れ »

03-英字新聞(朝日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイバー攻撃 ネット社会に深刻な脅威だ | トップページ | 年金改革 党派の対立超え接点を探れ »