« エイトクレジット ショッピング枠現金化 | トップページ | 金大中氏死去 問われ続ける太陽政策の功罪 »

2009年8月19日 (水)

社説:衆院選 きょう公示 日本の未来を語れ

(Mainichi Japan) August 18, 2009
Parties need to speak up on foreign diplomacy ahead of Lower House election
社説:衆院選 きょう公示 日本の未来を語れ

 歴史的な選挙戦のスタートである。先月21日の衆院解散からほぼ1カ月。「助走」の長い選挙戦は、実際には折り返し点を過ぎて終盤に差し掛かった感もある。

 「歴史的」なのは、言うまでもなく政権選択の選挙だからだ。外国では選挙による政権交代は何ら珍しくない。しかし、日本では1955年の保守合同以来、もっぱら自民党を中心とする政治が続いてきた。

 その長期支配こそが日本の安定的な経済成長に役立ったという見方がある一方で、政治や官僚機構の「金属疲労」はもはや限界との声もある。いずれにせよ、日本独特の戦後体制について有権者の歴史観が問われる選挙でもあるはずだ。

 ◇日本と米国の3K
While Japan faces a general election this month that could lead to a historic change in government, the party leaders' debate at the Japan National Press Club on Monday left a feeling of dissatisfaction.
 しかし、17日に日本記者クラブで開かれた党首討論会を聞いて釈然としないものが残った。

Issues that have a direct influence on people's lives such as social security, employment and child-rearing are worthy topics for debate, but they do not form the sole basis for selecting a government. It's important for the parties to show the public what kind of country they want to make Japan, including in the areas of foreign diplomacy and security.
社会保障や雇用、子育てなど、暮らしに直結する問題を重点的に論じるのは当然だが、政権選択の判断材料はそれだけではない。外交や安全保障も含めて「日本をこういう国にしたい」という将来展望を国民にきちんと示すことも大切だ。

Party manifestos for the House of Representatives election devote little space to foreign diplomacy and security, and discussion of these issues was similarly limited in the leaders' debate. It's probably true to say that while the election could be a major turning point for Japan, the future that lies around the corner remains unclear.
 そもそも各党のマニフェストが外交・安保に割いたスペースは少なく、党首討論会での議論も限られていた。大きな曲がり角の選挙なのに、曲がり角の先に将来の日本の姿が明確に見えてこないのが実情だろう。

Sam Jameson, 73, former Tokyo bureau chief for the Los Angeles Times, has lived in Japan since 1960. He says that Japanese today have lost the "hungry" spirit of the 60s, and he is frustrated over the fact Japan could be doing more -- evidenced by its low economic goals.
 米紙ロサンゼルス・タイムズの東京支局長を務めたサム・ジェームソンさん(73)は60年秋から半世紀近く日本に住んでいるが、今の日本人は60年代の「ハングリー精神」を失ったように見えるという。経済的な目標も低めに設定されているようで、日本はもっとやれるのに、というはがゆさを覚えるらしい。

The same goes for foreign diplomacy. He says that no matter whether Japan is dealing with the United States or the United Nations, it has had a tendency to avoid proposals in case they meet opposition. But Japan needs to press ahead with such proposals, he says: if it remains silent, not even its ally the United States will understand how it feels.
 外交も同様だ。「相手が米国でも国連でも、反対されそうだと日本は提案しない傾向がある。たとえ反対されても継続してやることです。黙っていたら、日本の気持ちは同盟国の米国だって分かりませんよ」

The year 2005, when the Liberal Democratic Party (LDP) won a landslide victory in the House of Representatives election, was a time when Japan had aspired to become a permanent member of the United Nations Security Council, but abandoned hope after the U.S. responded negatively to the idea.
 前回総選挙で自民が大勝した05年は、日本が国連安保理の常任理事国入りを切望しながら、よりによって米国の実質的な「ノー」で望みを絶たれた年でもあった。

While criticizing the U.S. attitude as betraying an ally, Jameson is troubled by the recent security debate in Japan. He says that if Japan has the ability to intercept a missile headed toward the United States but fails to do so, then it would lose the trust of Americans, and the Japan-U.S. alliance would in effect come to an end.
 ジェームソンさんはそんな米国の態度を「同盟国の裏切り行為」と批判する一方で、最近の日本の防衛論議を憂慮する。「米国へ向かうミサイルを迎撃する能力があるのに日本がそうしないなら、日本は米国人の信頼を失い、日米同盟は実質的に終わるでしょう」

He is also puzzled by Japan's stance of not wanting to get its hands dirty when dividing up defense roles, saying that it is involved in the clean, clever and cool tasks, while the U.S. takes on the dangerous, difficult and dirty. It is a claim often heard from Japanese rightists, but the worry from a journalist familiar with Japan shows through.
 さらに現行の防衛分担を「米国は『危険、きつい、汚い』の3K、日本は『きれい、賢い、カッコいい』の3K」と表現し、手を汚すまいとする日本の姿勢に首をかしげる。日本の右派からもよく聞く主張ではあるが、知日派ジャーナリストの日本への憂いが伝わってくる。

 ◇歴史的な節目に審判を
The tendency for Japanese politicians and bureaucrats to remain sensitive to the feelings of the United States has been pointed out long ago. But what is the actual situation regarding Japan's compliance with the United States? Rather than it being a case of the U.S. making Japan comply willy-nilly, it has been pointed out that Japan has simply fallen into a state of suspension of thought due to self-regulation, getting tangled in its own net.
 日本の政治家や官僚が米国の顔色をうかがう傾向は昔から指摘されてきた。だが、「対米追従」の実態とは何だろう。米国が有無を言わせず日本を従わせているのではなく、むしろ日本が自己規制や自縄自縛によって「思考停止」の状態に陥っているだけではないのかという指摘もある。

In this situation, a paradox emerges: Japan still wishes to follow the U.S., while the administration of President Barack Obama is attempting to solicit advice from its allies.
だとすれば、米国自身が同盟国の助言を求めている昨今、「対米追従」に最も迷惑するのはオバマ政権、という逆説も成り立とう。

It is important to bring such issues together.
 この辺の問題を整理するのは大切である。

No clear focus has emerged, but it can be said that doubts about following the United States -- including Japan's response to the Iraq war -- that have festered inwardly among Japanese have had a small impact on elections in Japan.
表立った争点にはなっていないが、イラク戦争への対応も含めて「対米追従」への疑問は日本人の胸にわだかまり、各種選挙にも微妙な影響を与えてきた。

In their manifestos, the LDP has stated that it would strengthen the Japan-U.S. alliance, while the opposition Democratic Party of Japan has called for a "close and equal Japan-U.S. alliance," but unless the alliance is one that Japan and the U.S. can debate frankly, such descriptions will be nothing but empty, flowery phrases.
マニフェストで自民は「日米同盟の強化」を、民主は「緊密で対等な日米同盟」をうたっているが、日米が率直に議論する同盟関係でなければ空疎な美辞麗句に終わってしまう。

 とりわけ今は日本が発言すべき時である。北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対して日本には「ダモクレスの剣」にも似た不安が広がる。北朝鮮を念頭に置く敵基地攻撃や核武装をめぐる論争が起きているのも、そうした不安の反映だろうが、かといって非現実的な核武装などを論じても問題解決にはつながるまい。

 核をめぐる恐怖は60年代初頭、キューバ危機に直面した米国が一番よく承知していよう。時のケネディ大統領はソ連と談判してキューバから核ミサイルを撤去させた。だが、21世紀の東アジアに、北朝鮮の核兵器を廃棄に導く指導者(たち)が果たして現れるだろうか。

 厳しい局面にこそ冷静な議論が必要だ。今回の選挙では、あくまで生活上の諸問題が主な争点だが、日本は国際社会でどう生きていくかという、戦後の大きな懸案が改めて問われている。この歴史的な節目に当たり有権者は各党のマニフェストや論戦を吟味し、30日には貴重な一票を投じるべきである。

毎日新聞 2009年8月18日 0時22分

|

« エイトクレジット ショッピング枠現金化 | トップページ | 金大中氏死去 問われ続ける太陽政策の功罪 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エイトクレジット ショッピング枠現金化 | トップページ | 金大中氏死去 問われ続ける太陽政策の功罪 »