« アジア外交 膨張する中国とどう向き合う | トップページ | 科学五輪―理科好き生徒増やしたい »

2009年8月26日 (水)

電気自動車:産学タッグで量産計画 技術供与へ慶大、ベネッセなど新会社

(Mainichi Japan) August 26, 2009
New company aims to have cheap and efficient electric vehicles on road in 2013
電気自動車:産学タッグで量産計画 技術供与へ慶大、ベネッセなど新会社

Major correspondence education firm Benesse Corp. and used car giant Gulliver International Co. are teaming up with a Keio University professor to put affordable electric vehicles on the road in 2013, it has been announced.
The firms and Keio University professor Hiroshi Shimizu have established a new company, named SIM-Drive, to propagate electric vehicle technology pioneered by Shimizu.
 慶応大環境情報学部の清水浩教授と通信教育大手「ベネッセコーポレーション」、中古車事業「ガリバーインターナショナル」は24日、清水教授が開発した電気自動車(EV)製造技術の普及を目指す新会社「SIM-Drive(シムドライブ)」を設立したと発表した。産学連携によるEV市場への新規参入として注目を集めそうだ。

SIM-Drive will license its designs to automobile and parts manufacturers, and aims to bring a mass-produced five-person passenger car that can run for 300 kilometers on a single charge to market in 2013.
 シムドライブは自動車メーカー、部品メーカーなどにEV製造技術のライセンスを供与。13年をめどに、1回の充電で約300キロ走れる5人乗りEVを量産・販売することを目指す。

At present, even with government subsidies electric vehicles cost upwards of 3 million yen and have a range of less than 160 kilometers.
 EVは政府補助を加味しても購入価格は300万円以上、1回の充電で走行できる距離も160キロ以下にとどまる。

The company plans to overcome the high cost of batteries by leasing them to buyers, allowing the electric vehicles to be sold at a sticker price in the range of 1.5 million yen.
価格が高いバッテリーはリース方式とすることで、ユーザーのEV取得時の初期費用は車両価格のみで150万円程度に抑える方針。

Shimizu, who was named president of SIM-Drive, developed the in-wheel motor -- a small electric motor that drives each wheel of a four-wheel vehicle. According to Shimizu, this system allows a car twice the single-charge range of vehicles with one, centrally-mounted electric motor, as far less energy is lost in transferring power from the motor to the wheels.
社長に就任した清水教授は四つの車輪に電動モーターを直接取り付けて動かす「インホイールモーター」システムを開発。清水教授によると、車体の中央にモーターを1基だけ設置し各車輪に動力を伝える既存のEVシステムに比べ動力のロスが少なく、同じ容量の電池で走行距離を最大2倍に伸ばせるという。

SIM-Drive also received investment from major trading firm Marubeni Corp. and has initial capital of 44 million yen.
 資本金は4400万円で、ベネッセやガリバーのほか、大手商社の丸紅も出資している。

"We hope to gain the approval of most (automotive) companies, and bring a practical electric vehicle with twice the range of previous models to market at the earliest possible date," said Shimizu at a news conference to announce the new company.
清水教授は24日の会見で「多くの企業の賛同を得て、従来の2倍の距離を走れる新型EVの早期実用化を目指したい」と語った。【大久保渉】

毎日新聞 2009年8月25日 東京朝刊

|

« アジア外交 膨張する中国とどう向き合う | トップページ | 科学五輪―理科好き生徒増やしたい »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジア外交 膨張する中国とどう向き合う | トップページ | 科学五輪―理科好き生徒増やしたい »