« フラワーサポート ショッピング枠現金化 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:芸能界の違法薬物問題 /東京 »

2009年8月16日 (日)

社説:終戦記念日に際して 「打たれ強い日本」に 低エネルギー化急げ

(Mainichi Japan) August 15, 2009
Japan should reduce energy consumption to make it less vulnerable to global crises
社説:終戦記念日に際して 「打たれ強い日本」に 低エネルギー化急げ

It may seem odd to take the opportunity on the anniversary of the end of World War II to insist that Japan should reduce energy consumption. However, it is indispensable for peace and safety in Japan.
 終戦記念日の主張として、日本を低エネルギー消費の国にしようというのは、やや奇異に映るかもしれない。しかし、日本の平和と安全にとってぜひ必要なことだ。

It is impossible to completely eradicate the threats posed by climate change, uncertainties in the demand and supply of energy and potential food crises. However, Japan can at least make itself less vulnerable to these threats by transforming itself into a society that relies less on energy. By doing so, Japan can also extend assistance to developing countries faced with such global problems.
 気候変動の脅威とエネルギー需給の不確実性、さらには食料問題。こうしたグローバルな脅威を完全に遮断することはできないが、少なくとも低エネルギー社会化で「打たれ強い国」にすることはできる。それはまた、グローバルな危機に脅かされている途上国に対する、何よりの支援ともなるだろう。

 ◇グリーン化進む英軍
The more energy efficient a military is, the stronger it is. The climate change strategy announced by the British Defense Ministry in December last year is based on this idea. To promptly respond to the threat posed by climate change, the British ministry believes it indispensable to increase the energy efficiency of its weapons. Any military that consumes a huge amount of oil lacks the ability to continue to fight in a war. U.S. forces are even considering developing and introducing hybrid tanks.
 実のところ、エネルギー消費が効率的で少ない「グリーンな軍隊」ほど「強い」のだ。英国防省が昨年12月公表した「気候変動戦略」は、その思想を強く打ち出している。気候変動の脅威に即応するには兵器の省エネが不可欠という主張だ。石油がぶ飲みの軍隊は継戦能力に欠ける。米軍は「ハイブリッド戦車」さえ研究している。

Japanese forces constantly suffered a shortage of resources and energy throughout World War II. They desperately attempted to extract petroleum from oil shales in Manchuria and to get fuel for aircraft from pine tree roots, but to no avail.
 先の大戦で日本軍は終始、資源・エネルギー不足に苦しんだ。苦肉の策として「人造石油」と「松根油」の製造に取り組んだが失敗した。満州(中国東北部)の撫順炭鉱の油頁(ゆけつ)岩(オイルシェール)から石油を抽出しようとしたり、日本中の松の根を掘り返し航空機用燃料を取り出そうと試みたのである。
 1944年12月21日付毎日新聞埼玉版によれば、松根油の採取のため同県内だけで「学徒を延べ6万9000人動員」したという。
 戦後、米政府は戦略爆撃調査団を送り込み、爆撃の効果など広範な調査を行った。その報告書はこうした日本側の努力について、日本は貴重な労働力と設備をムダに使い、かえって戦争遂行を妨げる結果に終わった、と酷評している。

The United States is now processing massive amounts of corn into bioethanol, a fuel for automobiles, contributing to a potential food crisis.
 その米国がいま、大量のトウモロコシを自動車用燃料のバイオエタノールに転換し、食料危機の一因を作り出している。
歴史の皮肉である。

Japan's technology of extracting oil from pine tree roots was far more primitive than the U.S. technology of producing bioethanol. However, both are similar in that labor force and facilities were wasted.
松根油を作ろうとした日本の技術は幼稚だった。それに比べ米国のバイオ技術は高度かもしれないが、結局のところいずれも「労働力と設備のムダ遣い」ではないか。

The global population, which now stands at approximately 6.5 billion, is expected to grow to 9 billion. A growing number of countries are assuming that the increase in the global population could trigger a food crisis. Last year, countries banned exports of agricultural products one after another. India and many other countries continue to do so this year.
 世界の人口は現状の65億人から90億人に向かいつつあり、食料危機を想定する国が増えている。昨年、農産物の輸出禁止をする国が相次いだが、現在もインドなど多くの国が輸出を禁止している。

A coup in Madagascar in the spring of this year was triggered by protests against a foreign company for buying up farmland in the country. There are numerous countries that buy up farmland in developing countries and secure food exclusively for themselves. The potential for oil, water and food crises are growing all over the world.
 今春、マダガスカルでクーデターが発生したのは、ひとつには外国企業が農地を囲い込んだことへの反発だった。途上国の農地を買い占め、自分だけ食料を確保しようとする国が後を絶たない。石油、水、食料をめぐる一触即発の危機が世界各地でふくらんでいる。

Various countries including Japan are competing in their own Green New Deal policies, to decrease their reliance on fossil fuels and to reduce greenhouse gas emissions. In other words, they are trying to ensure both environmental protection and economic growth through technological innovation. We have urged Japan to take the lead in such efforts.
 日本をふくめ各国がいま、グリーン・ニューディール政策を競い、化石燃料への依存を減らし温室効果ガスの排出を抑え込もうとしている。つまりは、技術進歩によって環境と成長の両立を図ろうとする試みである。私たちは日本が率先して取り組むよう求めた。

 ◇化石燃料なしの社会
Still, it is necessary to go one step further considering the urgency of problems involving global warming and the limits of natural resources available.
 ただ、温暖化の緊急性や資源の有限性を強く意識するなら、ここからさらに一歩踏み出す必要がある。

Sooner or later, we need to drastically change our lifestyles due to the need to protect the environment and the limits of natural resources. Experts are divided over when we have to do so. In any case, as the British Defense Ministry points out, the less energy we consume, the less vulnerable we are to environmental and energy crises.
 早晩、私たちは環境と資源の制約によって、暮らし方を大きく変えねばならなくなる。それが何年後かは議論が分かれるが、英国防省が示唆するように、エネルギーの使用量が少なければ少ないほど、危機への抵抗力は強まる。

Japan has not drawn a road map toward a low-energy but affluent society that could be a model for the world. Low energy consumption is widely regarded as leading to a poor lifestyle. Nobody would accept it. People must be affluent even if they are forced to substantially reduce their energy consumption.
 (東京財団が「化石燃料を使わない社会」をシミュレーションした。原子力、水力などは現状維持で、自然エネルギーを最大限利用したとして、1960年代の1次エネルギーの消費量になるという。ひどく貧しい時代だった気がする一方で、いま失われたある種の豊かさがあったような気もする。)
 実のところ、世界のモデルになるような「豊かな低エネルギー社会」をどうすれば実現できるか、道筋は見えていない。低エネルギー化は常識では貧しい暮らしを意味する。それではだれも賛成しないだろう。エネルギー消費が少なくても、そこに何らかの豊かさが生まれていなければ意味がない。

One thing is clear. Reduction in energy consumption is a matter that is closely linked to the independence and self-reliance of regional communities because it requires each regional community to ensure their self-sufficiency for not only food but also energy.
 ひとつはっきりしているのは、これが「地方の自立」に深くかかわる問題だということだ。なぜなら、低エネルギー社会は食料のみならずエネルギーも地産地消でなければ成立しないからだ。

Japan should transform itself into a country where regional communities will compete with each other in pursuing affluent lifestyles without wasting energy.
地方が「浪費と無縁の豊かさ」を競い合う分散型社会に日本は変わっていくだろう。

 あと半月で衆院選の投票日だ。鎮魂の月、8月の衆院選は初めてである。すでに事実上の選挙戦が始まっており、各党が政策論争を戦わせている。間遠に思えるかもしれないが、日本の安全保障の基礎を準備する問題として、低エネルギー社会をめざす是非や方策を論じてほしい。

毎日新聞 2009年8月15日 東京朝刊

|

« フラワーサポート ショッピング枠現金化 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:芸能界の違法薬物問題 /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラワーサポート ショッピング枠現金化 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:芸能界の違法薬物問題 /東京 »