« 参院1票の格差 選挙制度の抜本的見直しを | トップページ | »

2009年10月 2日 (金)

選択のあとに:09政権交代 料亭街、宴の後 銀座・赤坂、灯消え

(Mainichi Japan) September 27, 2009
High-class restaurants' 'oil lubricating' business drying up due to lack of politicians
選択のあとに:09政権交代 料亭街、宴の後 銀座・赤坂、灯消え

 ◇リーマン・ショックに「居酒屋政権」追い打ち
 ◇官僚が、財界が、そして政治家まで去った--

Traditional Japanese restaurants, once the usual haunt of Tokyo's movers and shakers, first took a hit with the bursting of the bubble economy, suffering another blow following the Lehman collapse. Now, with their Liberal Democratic Party (LDP) regulars trounced in the latest election by the Democratic Party of Japan (DPJ), restaurant owners are worried.
 政権交代は東京の花柳界の経営にも影を落としている。バブル崩壊後の景気低迷で客が減り続けていた高級料亭は、昨秋のリーマン・ショックで追い打ちをかけられ、そこに今回の政権交代。長年「料亭政治」で上得意客だった自民党が大敗したダメージは大きい。

"First the bureaucrats go away, then the business leaders, and now the politicians. I hear the DPJ members hardly ever go out drinking to places other than izakaya bars. What's going to happen to ryotei (high-class restaurants) from now on?" one restaurant source says plaintively.
「官僚が去り、財界が去り、ついに政治家も。民主党議員はほとんど居酒屋しか行かないと聞く。料亭はこの先どうなるのか」。関係者からは悲鳴に近い声が上がる。【合田月美】

The recession has been tough for the ryotei. Famous names like Yonemura and Kanetanaka were once among the tens of restaurants dotting the Shinbashi "Flower Quarter" around Tokyo's Ginza. By this spring, however, just 10 were left, with another two famous spots closing only recently.
 不況の影響は深刻だ。「米村」「金田中」など有名料亭が集まる東京・銀座の料亭街は、かつては「花街新ばし」としてにぎわい、数十の料亭が軒を連ねた。
 ところが今春には10軒ほどになり、最近も老舗2軒が店をたたんだ。

The remainder are diversifying frantically in an attempt to stay afloat, opening for lunchtime businesses, selling lunchboxes, taking online orders, and in some cases, being used for weddings.
ほとんどの料亭は社員のパート化を進めているほか、ランチ営業、法事の弁当造り、インターネットによる通信販売など経営多角化に必死だ。結婚式会場として売り出す料亭も目立ってきた。

"At one time, during an election or Cabinet formation there would be faction meetings almost every night, with dark cars lined up down the street, but now there are none," says one famous restaurant owner.
 鳩山内閣が誕生した16日、著名料亭社長は「かつては選挙や組閣ともなれば、毎晩のように派閥だなんだと次々と会合が持たれ、表には黒塗りの車が並んだのに、今回はさっぱり。こんなことは初めて」とこぼした。

"Since the post-war economic growth period, we made all the arrangements and laid the groundwork, and we came to think of ourselves as the oil lubricating business, government and bureaucracy. We felt proud," says another veteran maitre d'.
 別の料亭のベテラン接客係男性は「高度経済成長期以来、根回しや段取りなど、我々は、政財官がうまくいくための潤滑油と思ってやってきた。誇りも感じた。

"I admit that ryotei were the haunts of the factions and movers and shakers, but rejecting and criticizing them for that is very strange."
派閥や族議員のたまり場だったことは認めるが、だからといって料亭が敬遠や非難をされるのはおかしい」と話す。

Another restaurant owner in Akasaka, near Nagatacho where the Diet is situated, says: "I hope at least the DPJ will get to grips with the economic problems."
 永田町に近い赤坂にある老舗料亭の社長は「せめて民主党が景気対策に取り組んでほしい」と祈るような表情で話した。

In the '60s, there were around 1,500 ryotei across Tokyo. Now, there are just 50 or so scattered across the Ginza, Akasaka, Ningyocho, Kagurazaka, Mukojima and Asakusa districts. And the number of geisha in the city has plummeted from at least 10,000 to around 300.
 長年、政治の舞台となってきた料亭。自民党政権下では、派閥や政治家によって行きつけの料亭が決まっていた。1960年代には都内に約1500軒の料亭があったが、今は銀座、赤坂、人形町、神楽坂、向島、浅草に計50軒余。1万人以上いた芸者も、今は約300人に減少した。

All Japan Social Association head and owner of Yonemura, Masahiko Fujino, says: "Ryotei are places where you can come in direct contact with and understand traditional Japanese culture. I'd like DPJ members to dine at ryotei and be active in the international arena."
 全国の料亭が加盟する全国料理業生活衛生同業組合連合会会長の藤野雅彦「米村」社長は「料亭は日本の伝統文化に直接触れて理解することができる場所。国際的にご活躍していただくためにも、民主党の先生方にもぜひ、いらしてほしい」と話している。

毎日新聞 2009年9月19日 東京夕刊

|

« 参院1票の格差 選挙制度の抜本的見直しを | トップページ | »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参院1票の格差 選挙制度の抜本的見直しを | トップページ | »