« 最新タイ株式投資市況 | トップページ | Hatoyama outlines East Asia bloc »

2009年11月16日 (月)

時代の風:精神障害者と犯罪=精神科医・斎藤環

extracted from Mainichi Daily News

日本人の書く英語、わかりやすいですね。
最初に翻訳文を読んで内容を理解してから英文を読むと辞書なしでも概ね理解できます。
専門用語は発音を含めてチェックすべきです。(英英、英和)
久しぶりにしっかりとした文章を読ませていただきました。
(スラチャイ)

(Mainichi Japan) November 16, 2009
Sign of the Times: Transparency needed to help identify flaws in a system
時代の風:精神障害者と犯罪=精神科医・斎藤環

While the case barely received any media coverage in Japan, in September, a certain serial murderer made headlines all over Britain. Surprisingly, the murders took place over five years ago and the murderer has already been arrested. So why all the media attention now?

As it turns out, the perpetrator was mentally ill and the crimes took place because of a series of flaws in the system that treated him.

Peter Bryan, who has been sentenced to life imprisonment for three murders and suffers from schizophrenia, was sent to Rampton Secure Hospital after he beat a 20-year-old shop assistant to death with a hammer in 1993. He was discharged in 2001 and moved into a hostel to receive community care. In 2002, however, he assaulted a 17-year-old girl and was once again hospitalized, but in an open ward.

The second murder took place in February 2004. Bryan escaped from his hospital room, killed a 45-year-old acquaintance, chopped his body into pieces, and ate parts of the man's flesh. The case involving "madness" and "cannibalism" sent shockwaves through British society.

Bryan committed his third murder after he was arrested and sent to Broadmoor Hospital, a high-security psychiatric institution, by strangling a 59-year-old fellow inpatient.

Britain requires an independent inquiry under the guidance of the Department of Health when a mentally ill patient receiving treatment commits a crime. On Sept. 3 this year, the National Health Service (NHS) disclosed the results of two investigations that were conducted regarding Bryan's case.

The report states that the series of events were not attributed to errors made by specific individuals, but that they were due to systemic failures.

When Bryan was discharged from the first psychiatric hospital to community care, he only received six months of rehabilitation training, even though the standard program takes two years. In addition, the staff in charge of community care was inexperienced, and was quick to decrease Bryan's medication dosage.

A more experienced expert may have been able to identify the danger Bryan posed at the point at which he assaulted the teenage girl. If Bryan had at least been placed in a high-security institution instead of an open ward, the second murder could have been prevented.

There have been charges of sloppy management against Broadmoor over the murder that took place there. Bryan was not adequately examined upon hospitalization, and when the attack took place in the dining hall there were no staff members present. From the report, it's clear that the system was inexcusably flawed.

But the most important lesson we can take away from this is that the NHS conducted an exhaustive five-year investigation to clarify where the responsibility for the case lies, and made the results available to the public. Upon a quick look through the report, I found that not only did the investigative panel conduct a meticulous inquiry, it also offered 50 detailed recommendations to the respective responsible parties.

British psychiatric care is not, of course, picture-perfect. It suffers from a constant shortage of psychiatrists and high-security hospitals are overflowing with patients who have recovered but cannot be discharged. Furthermore, prisons are filled with mentally ill individuals who are not given treatment.

Even if a system's flaws cannot be corrected right away, however, certain things can still be done. That is, the flaws of a system can be identified, specific ways for improvement laid out, and the information then made public and recorded. In order to bring transparency to a system, efforts to increase visibility and document information are essential.

As non-fiction writer Kunio Yanagida pointed out in his writings about airplane accidents, investigations into crimes and accidents in Japan still tend to focus on finger-pointing. Moreover, information about incidents that involve the mentally ill are generally concealed, citing reasons of privacy. What fills in this dearth of public information are tabloid magazines and tell-all books.

However, systemic accidents -- of which airplane accidents are a typical example -- are a result of a chain of multiple causes. In order to prevent such incidents from taking place, a thorough investigation of systemic glitches -- not the assignment of blame -- is what matters. In that sense, there is much to be learned from the NHS report as a model of systemic inquiry in the mental health field.

Although the crime rate for mentally ill individuals is far lower than that for those who are not mentally ill, the perception that such people are "dangerous" still runs rampant. As it is, there exists the prejudice that crimes committed by the mentally ill are distinct in some way, and hiding information only serves to enhance this view. Information must be made public in order for us to regain tolerance.

The American psychiatrist Thomas Szasz once said, "The stupid neither forgive nor forget; the naive forgive and forget; the wise forgive but do not forget." I'd like to believe that we, as people who are unforgiving but forgetful, need one more effort, if we want to be wise. (By Tamaki Saito, psychiatrist)

(Mainichi Japan) November 16, 2009
時代の風:精神障害者と犯罪=精神科医・斎藤環

 ◇透明なシステムへの努力

 日本ではほとんど報道されなかったが、先月イギリスで、ある連続殺人事件の記事がメディアをにぎわせた。事件そのものは5年以上も前で、犯人も逮捕されている。そんな古い事件が、なぜ今になって注目されたのだろうか。

 事件を起こしたのが精神障害者であり、その背景に治療システムの不備があったことが明らかにされたためだ。

 3件の殺人で起訴されたピーター・ブライアン無期囚は、統合失調症を罹患(りかん)していた。

 1993年、彼は20歳の女性店員をハンマーで撲殺し、ランプトン保安病院に収容された。8年後の2001年、ブライアン無期囚は退院を認められ、コミュニティケアを受けるべく簡易宿泊所での生活をはじめた。しかし02年、彼は17歳の少女に暴行して開放病棟に再び入院となる。

 04年2月、第2の事件が起こった。病棟を抜け出したブライアン無期囚が、45歳の知人を殺害し、遺体をバラバラにしたうえにその一部を食べたのである。「狂気」と「カニバリズム」の絡んだ事件とあって、イギリス社会は騒然となった。

 ブライアン無期囚は逮捕され、ブロードモア保安病院に収容された。第3の事件が起こったのはその直後である。収容先の病院で、彼は59歳の入院患者を絞殺したのだ。

 イギリスでは、治療中の精神障害者が殺人事件を起こした場合、保健省の指導のもとで独自調査が義務づけられる。09年9月3日、NHS(国営医療サービス事業)はブライアン無期囚の事件に関する二つの独自調査を公表した。

 報告書では、一連の事件の原因について、特定の職員の落ち度ではなく、システムの不備として検討されている。

 たとえばブライアン無期囚は地域コミュニティへと退院する際、半年の社会復帰訓練しか受けられなかった。通常ならば2年はかかるプログラムである。また退院後のコミュニティケアを担当する職員は経験不足で、彼が服用する薬の量を安易に減らしてしまった。

 少女への暴行が起きた時点で、経験豊富な専門家ならば危険性を予見できたかもしれない。少なくとも、ここでブライアン無期囚を開放病棟ではなく保安病院に入院させていれば、第2の事件は防ぎ得たであろう。

 ブロードモア病院内で起きた殺人については、管理のずさんさが指摘されている。ブライアン無期囚の入院に際して、まともな診察は一度もなされなかった。ダイニングルームで事件が起こったときも、スタッフは誰もその場にいなかった。

 報告書を読む限り、システムの欠陥ぶりには弁解しようのないものもある。

 しかしわれわれが学ぶべきは、この種の事件に対する責任の所在を5年がかりで徹底的に追及し、その結果をすべて公表するというNHSの姿勢のほうである。報告書にざっと目を通してみたが、事件の緻密(ちみつ)な検証ぶりもさることながら、「提言」部分では改善すべき点を責任部署ごとに50項目にわたり具体的に列挙している。

 イギリスの精神医療とて、理想郷というわけではない。精神科医は常時不足しており、保安病院には回復したにもかかわらず退院できない患者があふれている。また刑務所には多くの精神障害者が未治療のまま収容されている。

 システムが不備ですぐには改善が見込めないときでも、できることはある。「そのシステムがどのように不備であるか」を徹底して記述し、あり得べき改善点を具体的に列挙しておくことだ。さらにそれらを公開し、記録すること。システムをガラス張りにするには、「可視化」と「アーカイブ化」の努力は必須なのだ。

 柳田邦男氏がかつて指摘したように、わが国における事件や事故の調査は、いまだ責任追及型に偏りがちである(『マッハの恐怖』)。加えて精神障害者の事件は、プライバシー保護を理由に、あっさり密室化されてしまう。情報不足を補完するのは、相も変わらず週刊誌のスクープ記事や暴露本だ。

 しかし、航空機事故が典型であるように、システムの事故は複合的な原因の連鎖で起こる。こうした事故の再発を防ぐには、個人の責任追及よりも、システムの誤作動を緻密に検証するよりほかにない。その意味でNHSの報告書は、メンタルヘルス分野におけるシステム検証のモデルとして学ぶところが大きい。

 精神障害者の犯罪率は、そうでない人の犯罪率に比べてもかなり低い。にもかかわらず、「危ない人」という偏見は、なかなか減らない。ただでさえ彼らの犯罪は特別視されがちなのに、情報が隠ぺいされることで偏見は強化されてしまう。われわれが寛容さを取り戻すためには、むしろ情報は公開されなければならないはずだ。

 精神科医トマス・サズ氏は、寛容性について次の言葉を残している。「愚か者は許さず、忘れない。単純な者は許し、忘れる。賢者は許し、そして忘れない。」(『第二の罪』)。「許さないが忘れっぽい」われわれが賢者たらんとすれば、あと一息、と思いたい。=毎週日曜日に掲載

毎日新聞 2009年10月11日 東京朝刊

|

« 最新タイ株式投資市況 | トップページ | Hatoyama outlines East Asia bloc »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最新タイ株式投資市況 | トップページ | Hatoyama outlines East Asia bloc »