« test | トップページ | トヨタF1撤退 エコが促した苦渋の決断 »

2009年11月 9日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:心休め、秋の夜長楽しく /東京

(Mainichi Japan) November 8, 2009
Kaleidoscope of the Heart: The fickleness of Seasonal Affective Disorder
香山リカのココロの万華鏡:心休め、秋の夜長楽しく /東京

It's already November. I love the relative peace in this month before the manic bustle of December, but it was different when I was in my 20s.
 もう11月。あわただしい12月を目前に落ち着いた気分ですごせるこの時期が今では大好きなのだが、20代のときはそうではなかった。

Having graduated from medical college in Tokyo and started work at a hospital in my hometown in Hokkaido, for me November was the month the weather changed.
 東京の医大を卒業して故郷の北海道の病院で働いていた私にとって、11月は「もっとも気候に格差がある月」に感じられたのだ。

In both Tokyo and Hokkaido, the summers are hot and the winters cold. When I start thinking, "Oh, I don't wanna go out," it doesn't really matter where I am. And since autumn and spring are so pleasant, the weather in the two places are pretty much the same.
 東京でも北海道でも、夏は暑いし冬は寒い。「外に出たくないなあ」と思う点では、私にとってはどこでも同じだった。春と秋がすごしやすいのも、だいたい同じ。

Except November.
 ところが、11月は違う。

In Hokkaido the temperature plummets and the first snows start to fall. Some years, there are days I wonder if I'm in a full-blown snowstorm.
 北海道は気温がぐっと下がり、初雪も降る。年によっては「これは吹雪か?」と思うほど本格的な降りになる日もあるのだ。

But on those days, when I see scenes of Tokyo on the TV it's the very picture of fall.
 そんな日でも、テレビに映る東京の景色はまだ秋そのもの。

"As people stroll among the autumn foliage of Gaien's ginkgo trees..." goes the morning news as I pull on my boots and brave the snow whirling outside, leaving me feeling miserable. Maybe it's a mild case of Seasonal Affective Disorder (SAD).
 「外苑のイチョウ並木も色づき、日差しの中、散歩を楽しむ人たちが……」といったニュースを横目に、防寒ブーツをはいて雪が舞う中を出勤する朝など、寂しい気持ちでいっぱいになったものだ。もしかすると、軽い季節性のうつ病状態だったのかもしれない。

During my mid-30s, I started working at a hospital in Kanto, and I fell in love again with Tokyo Novembers. Even with a brisk wind in the air, as I pull on a light jacket and go outside I think, "This is nothing compared to Hokkaido."
 30代半ばになって再び関東の病院に勤務することになった私は、「東京の11月」を心から楽しんだ。ちょっとくらい冷たい風が吹いても、「北海道に比べればまだまだ」と薄いジャケットで外に出たりした。

It was these kinds of days when I had a fellow Hokkaidan visit my clinic. The patient suffered from depression every November, after moving to Tokyo from Sapporo a few years ago.
 そんなとき、診察室に北海道出身という患者さんがやって来た。数年前に札幌から東京に異動になり、それから11月になると必ずうつ状態になるのだという。

"Even in Tokyo it gets cold around this time of year, right? So I look up at the sky to see if it's going to snow. But it never does. After a few times, it really starts to get me down ...
 「東京でもこの時期、ぐっと気温が下がるでしょう? 習慣で、そろそろ雪かなと空を見上げるわけですよ。でも、いっこうに雪は落ちてこない。そんなことを繰り返すうちに、なんだか気持ちが憂うつになってきちゃって……」

"I guess snow falling is part of winter after all," the patient says, and I feel embarrassed at my shallowness for not loving my hometown more.
 「やっぱり雪が降ってこそ冬ですよ」と言うその患者さんと話をしているうちに、なんだか自分が愛郷心のかけらもない、浅薄な人間のような気がしてきて恥ずかしくなった。

With less and less daylight during this season, it's easy to come down with SAD.
 日照時間がぐっと減るこの季節には、季節性のうつ病が起きやすくなる。

There are people like me who start to feel down when it snows, and those who get blue when it doesn't, and we should take more time out to relax during the long autumn evenings.
 雪が降ったと落ち込む私のような人間もいれば、雪がなくて滅入(めい)る人もいる。いずれにしても、いつもよりゆっくりリラックスできる時間を取って、心を休めて秋の夜長を楽しみたい。

By the way, I've completely turned around and joined the "I miss the snow" school of thought.
 ちなみに今では私は、すっかり“雪が恋しい派”になってしまった。

Humans can be fickle creatures, I realize, as I start looking forward to returning home. (By Rika Kayama, psychiatrist)
 人間、変われば変わるものだ、と自分の移り気にあきれながら、今から年末の帰省を楽しみにしている。

毎日新聞 2009年11月3日 地方版

|

« test | トップページ | トヨタF1撤退 エコが促した苦渋の決断 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« test | トップページ | トヨタF1撤退 エコが促した苦渋の決断 »