« オバマ大統領中国主席と人権問題につき話し合う | トップページ | 官僚OB人事官 適材の起用なら問題はない »

2009年11月18日 (水)

オバマ大統領中国主席と人権問題につき話し合う

ワシントンポストの記事を引用しました。
(翻訳はスラチャイ)

Tuesday, Nov. 17, 2009
Obama Talks Human Rights With Chinese President
オバマ大統領中国主席と人権問題につき話し合う

President Obama told Chinese President Hu Jintao he believes everyone has "certain fundamental rights" and insisted China needs to improve its treatment of ethnic and religious minorities.
オバマ大統領は中国国家主席に、人は誰も基本的人権を有していると主張した。さらに民族や宗教、少数民族問題などの解決を求めた。

They will keep talking.
米中の交渉(話し合い)は継続的にこれを行う。

Obama also didn't get very far in trying to convince his counterpart that China should let its yuan currency rise in value.
オバマ大統領は中国の通貨元の切り上げについては深く言及しなかった。

Hu didn't even mention the issue in their joint media appearance, choosing instead to make a thinly veiled reference to new U.S. tariffs on Chinese products.
中国国家主席は元の切り上げにつき報道も控えた。そのかわり中国製品の米国における課税については少しだけ言及した。(報道した)

The two leaders pledged to cooperate on climate change, and both emphasized it was important to reach a comprehensive global deal in Copenhagen next month.
米中のリーダーは時代の潮流に沿った連携を約束した。
来月コペンハーゲンで開催が予定されている国際会議で米中が様々な国際間の問題を解決すべく努力することで一致した。

|

« オバマ大統領中国主席と人権問題につき話し合う | トップページ | 官僚OB人事官 適材の起用なら問題はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オバマ大統領中国主席と人権問題につき話し合う | トップページ | 官僚OB人事官 適材の起用なら問題はない »