« セントラルワールドの放火には外国人が関与? | トップページ | 裁判員制度 1年間の検証を改善に生かせ »

2010年5月24日 (月)

Abhisit Vejjajiva

タイ国アピット首相に関するニューヨークタイムズの記事です。

翻訳は英文を読んで頭に残っているものを日本語で表現しました。
短時間で仕上げましたが、かなり雑だと思います。
srachai from khonkaen, thailand

(Extracted from New York Times)

The New York Times

Abhisit Vejjajiva

アピシット ウェジャジーワ


Abhisit Vejjajiva, who was elected prime minister of Thailand on Dec. 15, 2008, in a parliamentary vote, has taken on the twin challenges of political turmoil and economic crisis that wounded two previous Thai governments in 2008.
2008年12月15日、アピシット氏は議会の選挙で首相に選ばれたが、政治と経済の安定という大きな難問が待ちかまえている。

His fragile government has faced a challenge from protesters loyal to his chief rival, ousted Prime Minister Thaksin Shinawatra. In May 2010, Mr. Abhisit offered a reconciliation plan crafted to end an impasse with the protesters that had ground the wheels of government to a halt. The offer was later revoked and a military crackdown followed. The protest leaders surrendered on May 19 and their followers dispersed, clashing with soldiers and setting fire to at least 40 buildings. The six-week standoff resulted in at least 60 deaths with hundreds injured.

この弱体政府はすぐに国外退去処分中のタクシン元首相を支持する人々の抗議を受けることになった。
5月の始め、アピシット首相は和解案を提示、混乱を収拾しようとしたが、後に撤回された。
そして軍の介入による鎮圧が始まった。
19日にデモ隊の指導者たちはこれ以上犠牲者を出せないという考えのもと投降した。
(実際この解散の演説中にも軍から銃弾がうちこまれ女性が一人犠牲になったらしいです)
解散後一部のデモ隊や外部者が入り乱れ、建物に放火したり略奪したりのパニック状態。
6週間のデモ活動がもたらしたものは、60人に及ぶ死者と数百人の負傷者。

The protests in their broadest terms have pitted the rural and urban poor against the more affluent middle-class establishment of the capital of Bangkok as Thailand struggles to redefine its political balance of power. The protests stem from a 2006 military coup that removed Mr. Thaksin, a tycoon turned prime minister, after which the political party he led and a successor party were dissolved by the courts. Mr. Thaksin, who lives in exile and has been sentenced in absentia on corruption charges, remains very popular in rural areas.

貧しい農村や都市の貧困層とバンコクの富裕層の対立がこのプロテスト運動の基幹をなすものでタイの政権のバランスを再編成する動きだ。
2006
年の軍のクーデターによるタクシン元首相が国外退去処分がこの抵抗運動を引き起こした。
タクシン氏の国外追放の後、党は司法により解散させられている。
タクシン氏は国外退去処分中、司法により有罪が言い渡されているが、それでも地方ではかなりの人気を保っている。

The Long Arm of Mr. Abhisit's Rival

タクシン氏の教唆?

Thousands of protesters roared into Bangkok in March 2010, occupying a central area and demanding that Mr. Abhisit dissolve Parliament and call new elections. Identified by their red shirts, the anti-government demonstrators and their leaders, brought the city to its knees, causing the closure of hotels, banks, shopping malls and other major downtown businesses. They also called for amnesty for Mr. Thaksin, who was accused of financing the protest movement by the government.

3月デモ隊はアピシット政権の退陣と総選挙を求めてバンコクに押し寄せた。
赤シャツ団と呼ばれている。 この反政府組織は都市機能を麻痺させた。ホテル、銀行、ショッピングモールなどの閉鎖を余儀なくされた。

On April 7, 2010, Mr. Abhisit declared a state of emergency after the red shirts broke into the Parliament building, forcing government officials to flee by helicopter. The protests were reminiscent of the months-long sit-in that weakened the last pro-Thaksin government; it eventually fell when the constitutional court ruled that the governing party was guilty of election fraud.

4月7日、アピシット首相は非常事態宣言を発令。 赤シャツ団が議会に乱入、議員らをヘリコプターで脱出させた。
座り込みの抗議は数ヶ月続いた。

最終的には司法が現政権の選挙違反を認めた。
 

A failed attempt to disperse the rallies on April 10 resulted in 24 deaths and 900 injured. The clash ? the worst political violence in Thailand in nearly 20 years ? resolved nothing: The protesters held their ground and the government refused their demand to step aside.

4月のデモ隊鎮圧で24人が死亡、900人が傷ついた。
この20年間で最悪の結果となった。
デモ隊は活動の根拠を確信したが、現政府はデモ隊の要求を無視した。

Two days after repulsing the bloody military crackdown, the protesters cheered jubilantly at the announcement that the country's election commission had recommended that the Democrat Party of Mr. Abhisit be disbanded on charges of receiving an illegal donation.

このいまわしい二日間の鎮圧の後、司法による民主党解体(解散)の提示がなされた。 理由は違法献金の受理。

The red shirts expanded their sit-in on April 15, turning Bangkok's central shopping area into a tent city and vowing to make it their "final battleground."

4月15日、デモ隊は規模を拡大してバンコクの中心街をテント村にしてしまった。
ここが死に場所だ。ここで戦う。と…

A Plan for Reconciliation

和解(調停)案

Mr. Abhisit, while toughening his rhetoric against the protesters, sought to break the deadlock by offering a "reconciliation plan" in early May that included elections proposed for November, which would cut short his four-year term by more than a year. While welcoming the plan, the protesters demanded more details before agreeing to end their occupation.

5月の始めアピシット首相はデモ隊に対する厳しい態度を保ちながらも一方では打開策を模索していた。
11月の総選挙やそれに先立つ議会の解散などが具体案だ。任期の4年を1年残しての総選挙となるはずだった。
ところがデモ隊はこの調停案を歓迎したが、さらに細かい要求をつきつけてきた。(ステープ副首相の警察出頭などの条件)

The proposed compromise won praise from people on many sides of Thailand's fragmented political scene, primarily as a way to defuse an intense confrontation that has raised fears of widespread violence or possibly civil war. The protesters, however, wavered, first accepting and later rejecting the agreement and then tacking on new demands. In the end, Mr. Abhisit revoked it and the military cracked down on the group, ending the stalemate.

この調停案は各方面からの賛同を受けた。バンコク富裕層と貧しい農村層が戦闘状況となるのを回避するために必要なものだと考えられていた。
だがこの時点でデモ隊は揺れ動いてしまった。調停案を受け入れるかと思えばさらなる要求をつきつけてこれの受諾を拒否した。
ついにアピシット首相はこの調停案を撤回、軍によるデモ隊の強制排除を決断し収拾のつかない事態を招いてしまった。

(日本ではデモ隊を取り締まるのは警察と機動隊ですね。自衛隊は出てこれません。タイでは軍隊が場合により出動してきます。)

The arrests of three leaders and the dispersal of the crowd were rare victories for the embattled government of the prime minister. But the volatile, defiant mood of the crowd on May 19 signaled a possible radicalization of a movement that leaders found difficult to control.

デモ隊のリーダーたちの逮捕、デモの終結解散はアピシット政権にとっては勝利だとはいえる。
だがそれで怒りが収まらない群集は暴徒化し、リーダーたちの制止を振り切って蛮行に走った。

Mr. Abhisit, born in Newcastle, England, to parents who were both professors of medicine, was educated at Eton and at Oxford, where he graduated with first-class honors in economics, politics and philosophy.
After teaching economics at Thammasat University, he joined the Democrat Party in 1992 and became at the age of 27 one of the youngest representatives to serve in Parliament. At the age of 44, he became one of the youngest prime ministers in Thai history.

アピシット・ウェーチャチーワ新首相は1964年8月3日英国ニューキャッスル生まれの46歳。両親は医師。イートン大学とオックスフォード大学で経済学、政治学、哲学を修める。
タマサート大学講師を経て1992年に民主党の議員となる。27歳で民主党代表となり、44歳のとき史上最年少の首相となった。(今年で46歳となる)

|

« セントラルワールドの放火には外国人が関与? | トップページ | 裁判員制度 1年間の検証を改善に生かせ »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セントラルワールドの放火には外国人が関与? | トップページ | 裁判員制度 1年間の検証を改善に生かせ »