« 憲法記念日 改正論議を危機打開の一助に | トップページ | NPT会議 核不拡散の強化を打ち出せ »

2010年5月 4日 (火)

タイ国アピシット首相総選挙予定を発表

たった今メールで情報を得ました。
私が取引きしているタイ株式投資会社よりの情報です。
先日のデモ隊と軍隊との衝突で株価が下落、
スラチャイも損をしました。
現在修復に向けて投資を続けています。
アピシットタイ国首相が11月14日総選挙を予定しているそうです。
これでタイ経済も安定し、安心して株式投資に打ち込めます。
srachai from khonkaen, thailand 

The government backs off one step for a peaceful resolution
タイ国、紛争の平和的解決に向けて一歩を踏み出す

Prime Minister Abhisit Vejjajiva last night announced on national television the government's political roadmap that could end the ongoing political standoff. The PM outlined five key points (as follows) that need to be achieved before a general election can be held on November 14 of this year.
アピシット首相は5月3日、現在の政治対立を打開すべく、「5つの条件が満たされた場合、11月14日に総選挙を実施する」との考えを明らかにした。

(i). The whole society would need to help prevent any attempt to draw the monarchy into the political conflict and prevent acts of contempt by certain media against the highest institution.
国王陛下、王族を政治紛争に巻き込まない。

(ii). All should participate in efforts to offer better opportunities to those who are less privileged, which would help narrow the social gap.
経済格差・不平等を解消するための改革を行う。

(iii). The mass media should be able to retain its freedom, but there would be certain mechanisms to prevent them from igniting political conflicts.
メディアが国民不和をあおる報道をしない。

(iv). An independent committee will be set up to investigate the April 10 clash and other incidents that resulted in deaths and injuries. This would ensure justice for all parties involved. 
治安部隊とデモ隊の衝突を調査する独立委員会を設置する。

(v). All should brainstorm on how to amend the Constitution and modify the clauses that are viewed by certain groups as unfair and/or unacceptable.
関係者全員が一致協力、協議して憲法の不公平条項を改定する。

Again, if all of these five conditions can be met, then the government would hold the next general election on November 14, 2010. According to the Constitution, the parliament would need to be dissolved 45-60 days prior to the next election. Thus, the timing for the house dissolution would be right around mid-September.
憲法の選挙規定では、総選挙は下院解散の45~60日後に実施するとされており、11月14日総選挙となると、解散は8月末か9月初めということになる。

|

« 憲法記念日 改正論議を危機打開の一助に | トップページ | NPT会議 核不拡散の強化を打ち出せ »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憲法記念日 改正論議を危機打開の一助に | トップページ | NPT会議 核不拡散の強化を打ち出せ »