« 普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え | トップページ | 普天間日米合意 混乱の責任は鳩山首相にある »

2010年5月29日 (土)

感激あれ若人よ

私が卒業した国立高知大学の初代学長の残されたお言葉をご紹介いたします。
北海道大学のクラーク博士の「Boys be ambitious! 少年よ大志を抱け」に匹敵する檄文です。

感激あれ若人よ
感激なき人生は空虚なり
汝らが前に高く高く理想を掲げよ
さすれば道は坦々として汝らが前に開けん
ただ歩めば至る

当時学生たちはよく酒を飲んで議論した。
殴り合いの喧嘩になることもしばしばあった。
酒が回ってくると学生たちは肩を組んで車座のまま立ち上がりストームに入った。
ストームに入る前にはまず上記のお言葉を声高に叫ぶ。
それからドイツ語で123(アインス、ツバイ、ドライ)と叫んでからストームに入る。
当時酒の飲めなかったスラチャイは即昇天、気がついたら先輩の肩を借りて下宿まで。

古きよき時代の思い出です。

|

« 普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え | トップページ | 普天間日米合意 混乱の責任は鳩山首相にある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え | トップページ | 普天間日米合意 混乱の責任は鳩山首相にある »