« 英総選挙 伝統の2大政党制に試練の時 | トップページ | 内閣支持率下落 首相は逆風に耐えられるか »

2010年5月10日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:気軽に専門家に相談を /東京

(Mainichi Japan) May 9, 2010
Kaleidoscope of the Heart: Don't hesitate to consult a specialist
香山リカのココロの万華鏡:気軽に専門家に相談を /東京

Although depression can sometimes come without any apparent cause or stress, there is often something contributing to the problem.
 うつ病は、思いあたる原因やストレスがなくても起きる場合がある。とはいえ、それなりの原因やきっかけがある場合も少なくない。

Unrequited love, divorce, illness, accidents, layoffs, quarrels, heavy debt -- life sends all kinds of emotional challenges rolling our way.
 失恋や離婚、病気、災害、リストラ、人間関係の葛藤(かっとう)、借金に高額ローン。人生には、うつ病の引き金になるさまざまなアクシデントやトラブルがごろごろ転がっている。

Among them, however, many can be solved surprisingly quickly and easily by using the services of a specialist. For people saddled with multiple debts by loan sharks there are lawyers or other legal experts. For people tricked into buying expensive products by dishonest merchandisers, there is the National Consumer Affairs Center. For victims of domestic abuse there are women's centers. For all kinds of problems, there are specialists waiting to help.
 ただ、その中には、専門家の力を借りれば意外に簡単にすんなり解決可能、というものも少なくない。サラ金からの多重債務の場合は弁護士や司法書士、悪徳商法まがいのセールに引っかかって高額商品を買ってしまった場合は消費生活センター、配偶者や恋人の暴力に対しては女性センターと、それぞれの問題に応じた専門家が、困っている人たちからの相談を待っている。

When I judge that my patients need more help than a psychiatrist can provide, I actively introduce them to government services, support centers, and non-profit organizations that can help. I have written previously how, when debt, divorce problems, issues with neighbors, and other problems that step into the domain of the law have troubled my patients, they have later told me how they were helped when I introduced them to the Japan Legal Support Center.
 私も、「これは医療だけの問題ではないな」というときは、積極的に行政サービスや窓口、NPO法人などを紹介することにしている。多重債務、離婚問題、近隣トラブルなど法律が絡んでくる場合は、「法テラス」を紹介して患者さんたちから「助かりました」と感謝されることも多い、という話は、以前にも書いたことがある。

However, when I introduce my patients to specialists, there is a wall that we almost always run into: My patients think, "It's me who is at fault. If I go to a specialist, won't they criticize and scold me?" and they are struck with anxiety and fear. In particular, more stoic people are apt to say things like, "I share some blame for making my husband into a violent person," or, "It's my own fault that I racked up debt after I lost my job," even though no one else criticizes them as such. "There's no way I could go consult someone," they say, and shrink away.
 ところが、そういった専門家を紹介しようとすると、必ずといってよいほどぶち当たる壁がある。それは、「悪いのは私なのに、専門家の先生に相談に行ったら怒られるのではないか」という当事者の不安、おびえだ。とくにまじめな人ほど、誰から責められているわけでもないのに、「夫を暴力的な人間にしてしまった私にも非がある」「会社をリストラされて借金を作ったのは私の自己責任」と言い、「とても相談になんて行けない」としり込みする。

People who specialize in helping others are not there to scold or blame. They are there to guide their clients in solving whatever problems are right in front of them, to help them build a better future. The past is the past. A specialist would not ask about or criticize, for example, how a client accumulated debt as long as it was not some extraordinary amount.
 困った人を助けるための専門家は、決して当事者を叱(しか)ったり責めたりするためにいるのではない。あくまで、いま目の前にある問題を解決に導き、より良い未来を築くためにいるのだ。過去は過去、「どうして借金なんかこしらえちゃったんですか」とその時点に戻って非難される、などということは、よほどでない限りないはず。

We are lucky that today, there exist all kinds of help centers and non-profit organizations, covering an amazing variety of issues. It's my hope that people will not feel embarrassed to consult with specialists because they feel the problems plaguing them are "their own fault." And of course, this includes seeing psychiatrists. I don't want people to feel "It's my own emotional problem, and I have to solve it myself," but rather to come forward and freely say, "I'm in trouble. Please do something."
(By Rika Kayama, psychiatrist)
 幸い、いまはいろいろなセンターやNPO法人があり、「こんなことにまで」と驚くほど細かい問題に対する専門家もいる。「私が悪いんだから、人に頼るのは恥ずかしい」と思わずに、もっと専門家を利用してほしい、と思う。もちろん、精神科医もその専門家のひとりだ。「私の心の問題なのだから、自分でなんとかしなきゃ」などとためらわずに、気軽に「困ってるんですよ、なんとかしてくださいよ」と相談に来てほしい、と思う。

毎日新聞 2010年5月4日 地方版

|

« 英総選挙 伝統の2大政党制に試練の時 | トップページ | 内閣支持率下落 首相は逆風に耐えられるか »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英総選挙 伝統の2大政党制に試練の時 | トップページ | 内閣支持率下落 首相は逆風に耐えられるか »