« 日銀リポート デフレ脱却には時間がかかる | トップページ | 憲法記念日 改正論議を危機打開の一助に »

2010年5月 3日 (月)

社説:憲法記念日に考える 「安保」の将来含め論憲を

毎日新聞の今朝の社説ですが、多分時間の制約でしょう、英訳は歯抜け状態となっています。
毎日は意訳が多いのでかならずしも完全な対訳となっていません。
英語は英語のまま理解しましょう。

(Mainichi Japan) May 3, 2010
Pondering constitutional reform and Japan-U.S. security pact must go hand-in-hand
社説:憲法記念日に考える 「安保」の将来含め論憲を

 今、鳩山由紀夫首相は「普天間問題」で窮地に立っている。直接のきっかけは、いうまでもなく政権の稚拙な対応である。沖縄県民の失望と怒りは増し、首相が約束した5月末決着は難しい。日米間の信頼関係も大きく損ねかねない状況だ。

 だが一方で考えるべきことは多い。沖縄は太平洋戦争末期、米軍との激戦で多くの犠牲者を出した。米軍は戦後、「銃剣とブルドーザー」で基地を拡大した。本土復帰後38年になるが、在日米軍基地の4分の3が集中したままだ。怒りのマグマはきっかけさえあればいつでも噴出する状態だった。沖縄の過剰な基地負担の軽減が緊急課題であることを改めて示したのも今回の事態だ。

 ◇米国が作った枠組み
Let us take this chance on Constitution Day to think about the Constitution -- which in addition to the document we commonly talk about, also refers to a nation's makeup or nature -- and the Japan-U.S. security arrangement.
 憲法記念日に憲法と日米安保について考えてみたい。憲法の英語に当たるconstitutionはいわゆる憲法とともに「国のかたち」を示す。

 まず戦後日本の枠組みを作った米国との関係を振り返ってみよう。

When the Japanese Instrument of Surrender marking Japan's capitulation in World War II was signed on the USS Missouri on Sept. 2, 1945, an American flag that had flown on Commodore Matthew Perry's black ship nearly a century earlier was put on display. The gunboat diplomacy that had forced late-Edo Japan to open its borders was a U.S. success story, and using the antique flag for dramatic effect was a move typical of General Douglas MacArthur.
 1945年9月2日、日本が太平洋戦争の降伏文書に調印した米戦艦ミズーリにはペリーが黒船で使用した米国旗が掲げられていた。州を示す星の数から31星旗と呼ばれる。幕末に日本開国をもたらしたペリーの砲艦外交は米国の成功体験であり、その旗を持ち出したのはいかにもマッカーサー(連合国軍最高司令官)らしい演出だった。

The U.S. military, which occupied Japan following its surrender, wielded overwhelming power and went on to institute major reforms in the country. Some Japanese referred to this as the second opening of Japan, attesting to the relief with which many war-weary Japanese welcomed the new Constitution and other occupation authority-led reforms.
 日本を占領した米軍はこのあと絶大な権力を振るって大改革を行ったが、日本側には「第二の開国」という肯定的な言葉が生まれた。戦争で疲弊した日本人の多くが新憲法を含む占領改革を歓迎したのである。

Escalation of the Cold War between the U.S. and the Soviet Union and the Korean War in particular had an enormous impact on the peace of Japan. In 1951, Japan accepted the San Francisco Peace Treaty and its security arrangement with the U.S. as a single package, while also maintaining Article 9 of the Constitution that prohibited acts of war by the state. A year later, Japan regained independence.
 日本の講和は米ソ冷戦の激化、特に朝鮮戦争に大きく影響された。51年に日本は憲法9条の非武装条項を維持しつつ講和条約と安保条約を一体のものとして受け入れ、翌年独立を回復した。

At the time, the continued presence of the U.S. military had also been requested by Japan. In an essay written soon after the peace treaty was signed, John Foster Dulles, a U.S. official who had handled peace negotiations with Japan, explained that the need had risen for Japan to be actively engaged as a member of collective security arrangements for the Pacific region. Considering international circumstances at the time, it was unavoidable for the U.S. to see Japan as a base for its military missions on the Korean Peninsula. Criticism that this was a sign of Japan's subordination to the U.S. intensified among Japanese reformers, making Japan's relationship with the U.S. a major point of contention in post-war Japanese politics.
米軍の駐留継続は日本側の要望でもあった。交渉を担ったジョン・F・ダレスは講和直後の論文で「日本を太平洋地域の集団安全保障体制の一員として積極的に関与させる必要が生じた」と説明した。朝鮮戦争に出撃する米軍の後方基地との位置付けだったが、国際情勢を考えれば不可避だったろう。これに対し革新勢力を中心に「対米従属」との批判が強まり、戦後政治の最大の対立軸となった。

What eventually won public support was the conservative mainstream line represented by Prime Minister Shigeru Yoshida, who placed priority on economic development while spending little on defense. Japan has since created a national "constitution" shaped by the inseparable Constitution and Japan-U.S. security arrangement. While the two may seem incompatible with each other, the fact that the security arrangement fills in for the Japanese "military" has allowed for the preservation of Article 9.
 結果的に国民の支持を得たのは吉田茂首相を起点とする軽武装経済重視のいわゆる保守本流路線だった。憲法と日米安保を車の両輪として「国のかたち」を形成してきた。両者は理念として矛盾するようだが、「軍事」の部分を安保条約が補完することで憲法9条が維持されたともいえる。

Japanese administrations, however, have not been upfront about the realities of the Japan-U.S. security arrangement. For example, have any administrations provided the public with a thorough explanation about why there is a U.S. military presence in Japan (besides defense reasons), and in particular about why there are high concentrations of bases in Okinawa? Have any administrations offered convincing statements about the relationship between the nuclear umbrella and the three non-nuclear principles?
 だが、歴代政権が日米安保の現実を率直に語ってきたとはいえない。例えば在日米軍基地の存在理由について、特に沖縄への基地集中について、日本の防衛以外の要素をていねいに説明してきただろうか。核の傘と非核三原則の関係についても真剣に説明してきたとはいえない。

 岡田克也外相が進めた日米密約の検証作業では、米艦船による核持ち込みにからむ「広義の密約」の存在を指摘した。世論の反発を避けるためだったというが、これも安保の現実を語ってこなかった一例だ。

 ◇沖縄の負担軽減は急務
 憲法と日米安保について、事実に即した率直な議論をしてこなかったことのツケは大きい。今こそ隠し立てのない誠実な議論を積み上げるときであろう。最近の各種世論調査では日米安保の継続を支持する人は多数となっており議論の素地はできている。アジア太平洋地域の安全保障の仕組みを日米同盟を軸として構想することも必要になるだろう。憲法の平和主義を堅持しつつ、具体的にどのような条文や解釈が最適かも真剣に考えなければならない。

 私たちは日米同盟と、世界の平和と繁栄のための日米共同作業を支持している。しかし、冷戦後の国際・国内情勢の変化は激しい。1996年の日米安保共同宣言が「アジア太平洋地域安定のための公共財」とする「再定義」などで当面しのいできたが、今秋予定されるオバマ米大統領来日を機に、まさに「再々定義」が必要になっている。

As the turmoil over Futenma has demonstrated, leaving Okinawa to bear an excessive burden endangers the maintenance of the Japan-U.S. alliance itself. We must take this opportunity to communicate Japan's intentions regarding the alignment and burden of U.S. bases in Japan to the U.S.; to begin creating a vision that will reduce burdens in the future.
 「普天間」が示すように、沖縄の過剰な負担を放置していては日米同盟が維持できなくなる可能性がある。「再々定義」の機会に、在日米軍基地の配置や負担についても、日本側の意向を米国側に率直に示し、将来に向けた負担軽減のビジョンを作る作業を始めるべきだろう。

We have been calling for a discussion on the Constitution. Our position is one that upholds the primary values of the current Constitution while furthering debate on an even better Constitution that complements the current state of affairs.
 私たちはかねて「論憲」を主張してきた。現憲法の掲げる基本価値を支持しつつ、現状に合わせたよりよい憲法を求めて議論を深めようとする立場である。

A national referendum law will go into effect on May 18. According to a Mainichi public opinion poll, 50 percent look forward to constitutional reform, while 48 percent do not. Perhaps we should see the results as revealing a public that is not intent on hastily bringing about change in the Constitution, but one that is asking for careful deliberation on the kind of reform that is necessary. It is time to engage in a discussion about the Constitution to draw up what sort of national "constitution" it is we're seeking.
 今月18日に憲法改正の手続きを定めた国民投票法が施行される。本社世論調査によれば、憲法改正の動きが進むことを「期待する」50%、「期待しない」48%という拮抗(きっこう)する結果だった。改憲を急ぐというより、どのような改憲が必要になるかを慎重に論議しようという世論と見ていいのではないか。21世紀の日本の「国のかたち」を練る「論憲」を進めるときである。

毎日新聞 2010年5月3日 2時30分

|

« 日銀リポート デフレ脱却には時間がかかる | トップページ | 憲法記念日 改正論議を危機打開の一助に »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日銀リポート デフレ脱却には時間がかかる | トップページ | 憲法記念日 改正論議を危機打開の一助に »